「インベージョン」のネタバレあらすじ結末

インベージョン(2007年)の紹介:2007年公開のアメリカ映画。宇宙からやってきた未知の生物による恐怖を描いている。ジャック・フィニィのSF小説「盗まれた街」が原作で4度目の映画化。出演はニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグら。

予告動画

インベージョンの主な出演者

キャロル・ベネル(ニコール・キッドマン)、ベン・ドリスコル(ダニエル・クレイグ)、タッカー・カウフマン(ジェレミー・ノーサム)、オリバー(ジャクソン・ボンド)、スティーブン・ガレアーノ(ジェフリー・ライト)、ウェンディ・レンク(ヴェロニカ・カートライト)、ヘンリク・ベリチェク(ジョセフ・ソマー)、リュドミラ「ラディ」・ベリチェク(セリア・ウェストン)、ヨリッシュ(ロジャー・リース)、リチャード・レンク(アダム・ルフェーヴル)

インベージョンのネタバレあらすじ

【起】- インベージョンのあらすじ1

ある日、スペースシャトルの爆発が起き、地表に破片が落下してきます。ニュースでは有害な物質が含まれているため、触らないようにと注意を呼びかけています。何名かは既に触れてしまっていました。
政府の関係者が集まる中、タッカーも呼ばれてテントの中へと入ります。汚染されたエリアから、生命力の強い生物が発見されます。この生物は大気圏の高熱にも耐えた内生胞子生物だと分かります。
家に帰る途中、タッカーは女の子に破片を渡されます。手に何かが付着し、そのまま帰宅すると愛犬のキャスパーが離れていきます。その晩、タッカーの顔に膜が覆われていきます。
精神科医のキャロルは、タッカーの前妻です。タッカーから電話がきて、息子のオリバーに突然会いたいと言われます。タッカーのことが信用できないキャロルでした。
出勤したキャロルは、患者のウェンディが早くに来ていました。彼女は正気じゃないと思われるからと、話すのを躊躇します。
キャロルが相談にのると、夫のレンクが彼ではないのだと言います。仕草や目つきから感じ、更に変な飲み物を飲ませようとしてくるのだと言います。
レンクの異変に気づいた飼い犬は襲いかかりました。するとレンクは飼い犬の首を折って殺します。そして無言でゴミ箱に捨てたのです。同じようなことが起これば連絡をと、キャロルは彼女に薬を処方します。
ハロウィーン当日、キャロルはオリバーたちと家を回ります。オリバーはスーパーマンのコスチュームを着ています。
ある家に行くと、犬の様子がおかしくなります。お菓子を貰いにいくと、オリバーの友達のアンディに食いかかってきます。犬の血で付いただけで、アンディは平気でした。
友人の家でお菓子を分けてると、アンディだけは一人でいました。そしてオリバーがキャロルに、付着したものを取ってと言います。それはドロっとした液体のようなもので動いていました。
科学者のベンに渡しに行くと、ゴムかハロウィーン用の人工のものだと推察されます。スティーヴンに見せに行くと、他の街でも奇妙なサンプルが手に入ったと調べてくれます。
ニュースでは、インフルエンザによる死者が増加し、国家の危機であると報道しています。世界では戦争が起こっていることも報道されています。

【承】- インベージョンのあらすじ2

翌日、キャロルが出勤すると、道端で痙攣してる人を見かけます。そして病院に到着すると、レンクがやってきていました。ウェンディを連れて帰ると、無表情で不気味な様子です。
キャロルはこっそりとウエンディに電話で知らせます。妹の家に行くから、レンクを引き止めておいてと言われます。ウェンディはタクシーに乗りこみます。
キャロルは不安ながらも、オリバーをタッカーに預けにいきます。そしてベンとパーティーに出席します。
ベンからヘンリクとラディーを紹介されます。外交官のヨリッシュも紹介され、彼の議論にキャロルは真っ向から論じ返します。
楽しいひと時を過ごし、キャロルは送ってくれたベンとキスをします。親友のままでいたいからと、そこまでで終わって自宅に帰ります。
すると国勢調査のために質問にきたと、男性がノックしてきます。こんなに夜遅くにと怪しんでると、鍵をかけていてもこじ開けてきます。口が不自然に開いたりと、不気味な男性でした。入れないと分かって帰っていきます。
翌日の出勤途中、キャロルは人々の視線がおかしいことに気づきます。ウェンディなど患者は来ていませんでした。レンクに電話すると、眠っているけど元気だと言ってきます。
ネットで検索をすると、家族などが別人だと検索結果がすごい数に及びます。ベンから連絡がきて、スティーヴンに結果を聞きに行きます。
スティーヴンはフォード・デトリックの科学者が立てた仮説を説明し始めます。知性を持つ生命体が人体に侵入し、そのDNAに統合して遺伝子を書き換えているのだというものです。
現在、宇宙生物と合体している人が世界中にいる状況なのです。アメリカではインフルエンザと言われています。そこへラディーからヨリッシュの様子が変だと連絡が入ります。
3人がラディーの家にやってくると、ヨリッシュの顔や体に膜が覆われていました。これは細胞凝固による膜であり、頸動脈から血圧が相当上がっているのが分かります。
急に起こすと危険で、ベンは調べようと血液と細胞の採取を考えます。キャロルの携帯のカメラで撮影を頼むと、ヨリッシュが襲ってきます。そして這うように階段を降りていき、痙攣して吐きます。睡眠が中断されて心肺停止になったのです。
キャロルはオリバーを助けに向かうと、タッカーが出てきます。オリバーの荷物をまとめて探してると、タッカーと仲間たちに囲まれます。そして、タッカーから何かを吐き出されて、キャロルは感染してしまいます。
車で逃げ出したキャロルでしたが、囲まれてしまいます。車から降りて逃げ出して助けを求めます。しかし、誰も車を停めて助けてくれません。
地下鉄に乗ると、オリバーから助けて欲しいとメールが来ていました。数名の男女が乗っていて、そわそわとしています。
その一人のジョンがキャロルに、無表情になれとアドバイスしてくれます。感情を出すと奴らに気づかれてしまうからです。
追ってきた人々を誤魔化そうとしますが、人間のままであるジェンが飛び出し、後部車両まで全員で逃げ出します。非常停止をして、ドアを開いてキャロルは逃げれますが、他の人たちは感染させられて捕まります。

【転】- インベージョンのあらすじ3

キャロルはベンたちのいるラディーの家に戻ります。体液や注射で感染し、全米では数千万人がかかっていました。眠らなければ合体されることはありません。フォート・デトリックに行けば安全だとスティーヴンは語ります。
ヘンリクが仲間を連れて家に帰ってきて、キャロルたちは別の出口から逃げ出します。平常心を保ちながら道を歩いていると、ウェンディが捕まっているのを見つけます。
ウェンディは眠ったのに平気だったと言い訳をしますが、連れて行かれます。そのことを聞いて、キャロルは免疫がある人がいると閃きます。ベンと共にウェンディのカルテを取りに病院に行きます。
カルテを見ると、ウェンディが脳炎にかかっていることが分かります。水疱瘡も悪化していたと記載があります。
ベンはウェンディが、急性散在性脳脊髄炎つまりADEMだったことから感染しても平気だったと考えます。ADEMは脳の白質に起きる病気だったからです。
キャロルは、オリバーも最近水疱瘡にかかってADEMだったと思い出します。だから助けて欲しいとの連絡が来るのだと考えます。
その頃、スティーヴンはラボに到着していました。ノーベル学者が勢揃いでワクチンを作っていました。ベンからADEMのことを電話で聞きます。
キャロルはオリバーからのメールで、お婆ちゃんの家、タッカーの母の家のボルチモアにいることが分かります。ベンに自分が感染してることを打ち明けると、薬があれば起きていられるし、一週間眠らずとも死なないとアドバイスされます。
ベンがパトカーに乗って突破し、キャロルを降ろして囮になります。キャロルはボルチモア行きの列車に乗り込みます。
トイレに入ったキャロルは、近くに奴らの液体がいくつもあるのを見つけます。そしてつい居眠りをしそうになってしまいます。
すると、オリバーの友人のジーンがドアを開けてきます。彼はキャロルの演技を見破っていました。キャロルは一人で眠りたいからとドアを閉め、ジーンは応じます。
ジーンは再度ドアを開けて、キャロルが体に付着した液体を取っていたことから、仲間になったと信じます。タッカーが迎えに来て食事をとっていると電話が鳴ります。
タッカーがいなくなった所で、キャロルは席を外します。オリバーのいる部屋を見つけます。オリバーはキャロルが本物か怪しみますが、ピクルスの種類を聞かれて無事だと判断します。
ジーンが気付いてやってきますが、キャロルは突き飛ばして気絶させます。こっそりと逃げ出しますが、タッカーの母に物音で気づかれます。
セキュリティとタッカーたちに気づかれて、キャロルとオリバーは追われる身となります。走って逃げてると、窓から侵入して建物の中に隠れます。
タッカーが気付いて侵入してきます。キャロルはオリバーを隠し、工具を持って出口を開けようとします。
タッカーがキャロルを捕まえると、オリバーが棒で殴りかかります。オリバーが今度は捕まってしまい、キャロルが後ろからタッカーを工具で殴って気絶させます。

【結】- インベージョンのあらすじ4

2人は薬屋にやってきます。キャロルは眠らないでいられる薬を探し出し、オリバーに注射の仕方を説明します。
糖尿病のいとこが注射してたの真似して、もしも自分が眠ったら心臓に刺してと言っておきます。注射はポケットに入れておきます。ベンがパターソン公園にいると連絡をくれて、2人はここでしばらく待つことにします。
オリバーは従業員専用のドアを見つけます。キャロルが入って確かめると、膜を帯びている人たちが倒れていました。キャロルは護身用に、倒れてる警官から銃をもらっておきます。そしてドアには鍵をかけておきます。
ベンを待ち続けてると、キャロルは眠りかけてしまいます。やばいと思い、薬を大量に飲みます。すると従業員専用のドアから、出ようとしてくる人々が叩く音が聞こえてきます。
キャロルはつい寝てしまいます。オリバーが目を覚ますと、キャロルに膜が出始めてました。注射器を刺すと、何とかキャロルは無事でした。
水で膜を洗い流してると、ベンがきていました。しかし、従業員専用ドアの前で鍵を開けようとしていました。気づいたキャロルに、ベンは受け入れろと言ってきます。
世界中で多くの人々が感染したことで、戦争もなく貧困もない世界になっていました。その話しを持ち出し、ベンは我々と戦えば、世界の悪を守ることになると告げます。
仲間になれと言われ、キャロルはオリバーをどうするのかと聞きます。彼は仲間になれないと言われ、警官がやってきたのでキャロルは撃ちます。
そしてベン以外を撃ち殺していきます。ベンだけは足を撃って動けなくし、2人は車に乗って逃げ出します。
パトカーが追いかけてきて、キャロルはスティーヴンに電話で助けてと言います。奴らの乗った車が追突してきて、クラッシュします。
続々と奴らが集まってきて、キャロルは気絶しています。オリバーは車の鍵をかけ、キャロルに起きるように訴えます。
キャロルが目を覚まし、車を発進させます。車に乗ってきてた奴らを次々と落としていきます。
スティーヴンはヘリで助けにきていました。彼に位置を知らせると、カールソン・ビルに行けとキャロルは言われます。そこにはヘリの発着場があるのです。
キャロルたちの車に、火炎瓶が投げつけられ、車が燃えながら右に曲がります。駐車場に突入し、キャロルとオリバーは屋上に向かいます。
奴らが追いかけてくる中、エレベーターに乗って屋上に向かいます。そしてスティーヴンたちのヘリに拾われて、キャロルとオリバーは助かります。
免疫の遺伝子が見つかり、感染治療が可能となります。事故から1年が経ち、ワクチン接種が世界でできて、患者数は減っていきました。この患者は、感染している時の記憶が無いことが特徴でした。
キャロルはジーンとオリバーと一緒に住んでいました。ベンも一緒に居て、新聞を読んでいました。
ニュースでは戦争がまた起こっていました。ヨリッシュがキャロルに言った台詞が語られます。人はだれでも恐ろしい犯罪が起こせること、戦争がなくなった時は人間が人間で無くなった時だと。

みんなの感想

ライターの感想

この映画はニコール・キッドマンとダニエル・クレイグの共演が見所です。2人が映像に写っている姿を見るだけでも豪華で満足してしまいます。
今作は人間誰しもが犯罪を起こせる恐ろしさを伝えています。何者かに乗っ取られ、間違った方向に進めば世界が崩壊してしまうことを教えてくれます。
子供が母を呼んで連れて行かれる場面や、老人が眠らされていく場面には特に悲しさと恐ろしさを感じました。
この作品は追われるキャロルたちのハラハラ感が良く描かれています。車がクラッシュする場面など迫力があって楽しめました。

映画の感想を投稿する

映画「インベージョン」の商品はこちら