「ウルヴァリン:SAMURAI」のネタバレあらすじ結末

ウルヴァリン:SAMURAIの紹介:2013年公開のアメリカ&オーストラリア合作映画。アメコミ『X-メン』シリーズの6作目、ウルヴァリンシリーズの2作目にあたる。異国の地・日本を訪れたウルヴァリンが出会った運命の人や、日本での戦いを描く。

この映画を無料で観る

予告動画

ウルヴァリン:SAMURAIの主な出演者

ローガン〔ウルヴァリン〕(ヒュー・ジャックマン)、マリコ・ヤシダ〔矢志田真理子〕(TAO)、ユキオ〔雪緒〕(福島リラ)、シンゲン・ヤシダ〔矢志田信玄〕(真田広之)、Dr. グリーン〔ヴァイパー〕(スヴェトラーナ・コドチェンコワ)、ヤシダ〔矢志田市朗〕(ハル・ヤマノウチ)

ウルヴァリン:SAMURAIのネタバレあらすじ

【起】- ウルヴァリン:SAMURAIのあらすじ1

ウルヴァリンの本名はローガンです。ローガンは特殊能力を持つミュータントで、驚異的な治癒能力と、拳から出る金属製の爪を武器にしています。
治癒能力により長い時代を生きているローガンは、今はカナダでひっそり暮らしていました。そこへ大物実業家・矢志田から連絡が入ります。
矢志田はローガンに恩がありました。1945年8月9日、長崎に原爆が投下された時に矢志田は捕虜収容所に勤めていました。捕虜を解放した矢志田は逃げる時間を失いましたが、ローガンと共に井戸の底にひそみ、ローガンが持った金属の扉によって原爆の炎から免れたのです。
その時、全身焼けただれたローガンの体が、目の前でみるみる回復するのも見ました。 この映画を無料で観る

【承】- ウルヴァリン:SAMURAIのあらすじ2

ローガンが不死を悩みにしていることを、矢志田は知っています。病状が悪化して死の床に就いた矢志田は、人の死を予見できる能力を持つミュータント・雪緒にローガンを迎えに行かせます。
雪緒と共に日本へ渡ったローガンは、矢志田に提案を持ちかけられました。ローガンを限りある命にする代わりに、ローガンの比類なき治癒能力を矢志田に取り込むものです。矢志田の利己的な申し出をローガンは拒否しましたが、その夜、矢志田の部下である腫瘍学者・グリーンに薬物を投入されました。
矢志田が亡くなり葬儀が行われます。葬儀には矢志田の息子・信玄や雪緒、信玄の娘・真理子が参列しました。後方で見ていたローガンは僧侶を怪しみます。

【転】- ウルヴァリン:SAMURAIのあらすじ3

僧侶には刺青があり、正体はヤクザです。真理子を拉致しようとしたヤクザからローガンが救い新幹線に乗りますが、救出の際ローガンは銃弾を受け経験したことのない痛みを覚えました。
遺書により真理子は矢志田の会社の新社長になる予定で、真理子を誘拐すれば莫大な身代金が取れるのでヤクザに狙われたのです。
真理子と逃亡したローガンは、次第に真理子と愛し合うようになりました。しかしローガンの治癒能力は奪われており、怪我に苦しみます。
長崎の矢志田邸に潜伏していた真理子が拉致されます。ローガンは真理子を追い、雪緒も加わりました。
ヤクザを雇ったのは、遺産目当てで娘・真理子を亡き者にしようとした信玄でした。

【結】- ウルヴァリン:SAMURAIのあらすじ4


Warning: nl2br() expects parameter 1 to be string, array given in /home/hmhm/hm-hm.net/public_html/wp-content/themes/hmhm/mainAreaSingle.php on line 164

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ウルヴァリン:SAMURAI」の商品はこちら