「エイリアン」のネタバレあらすじ結末

エイリアンの紹介:1979年のアメリカ映画。宇宙船の中で異星生物(エイリアン)に襲われる乗組員の恐怖と葛藤を描く。SFホラーの古典として知られ、続編も製作されている。公開時のキャッチコピーは「宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない」。

この映画を無料で観る

エイリアンの主な出演者

エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)、ダラス船長(トム・スケリット)、ランヴァート(ヴェロニカ・カートライト)、ケイン(ジョン・ハート)、アッシュ(イアン・ホルム)、ブレット(ハリー・ディーン・スタントン)、パーカー(ヤフェット・コットー)

エイリアンのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①宇宙貨物船ノストロモ号が帰還中、知的生命体からの信号をキャッチして謎の小惑星に降り立つ。そこで乗員の1人・ケインの顔に生命体が張りついた。船に戻って剥がそうとするが、生物の血液は強酸でなすすべがない。しばらくすると生物は死にケインの意識が戻ったが、ケインの胸を突き破って生物の子どもが生まれる。 ②その生物は体長3mを突破するほどに急成長を遂げ、乗員を襲い始めた。三等航海士の女性・リプリーは奮闘の後、エイリアンを倒す。 ③生き残ったのはリプリーと猫のジョーンズ。(殺されるor連れ去られる順番)ケイン、ブレット、ダラス、アッシュ、パーカー、ランバート。厳密にはアッシュは「破壊」、ブレットとダラスは連れ去られて繭にされていた。

【起】- エイリアンのあらすじ1

(劇場公開版とディレクターズ・カットの2種類が存在しますが、その2つをまとめて記載します)

未来。西暦2087年(DVDパッケージ情報)。
宇宙貨物船ノストロモ号の貨物は、鉱石2千万トンです。乗員7名を乗せて、地球に向かって帰航中でした。長い年月がかかりますので、乗員はみんなコールドスリープ状態で眠っていました。
音波信号を受信したノストロモ号のマザーコンピューターは、その信号の主を確かめるため、乗員たちのコールドスリープ装置を解除し、起こします。
眠りから起きた7人の乗員と1匹の猫は最初、地球に近づいたから起こされたのかと思いました。しかし地球はまだはるかに遠く、マザーコンピューターが軌道のコースを変更し、自分たちがゼータ第2星団に接近していると知ります。
というのも、ノストロモ号は貨物船ですが、契約時に雇用主のウェイランド社(注:今作品では厳密には「会社」としか表現されない)から「知的生命体からと思われる信号をキャッチした場合には調査をすること」という内容が、契約書に盛り込まれていたのです。
発信源からは現在もなお、12秒間隔の音波信号が発せられており、発信者は不明でした。だから乗員が起こされて、調査に行くことになります。
・ダラス…ノストロモ号の船長の男性。ひげ面の中年男性。ベテランで決断力もあるが、会社の命令に真面目に対応しすぎるきらいがある。
・ケイン…ノストロモ号の副船長で一等航海士の男性。やさしそうな顔だが、後に大変なことに巻き込まれる。
・リプリー…二等航海士。船内では3番目の地位にある女性。カーリーヘア。
・ランバート…二等航海士の女性。ベリーショートの髪型。
・ブレット…細面の男性。機関士。パーカーと仲がよいが、基本的にパーカーの言いなり。
・パーカー…黒人男性。機関士。ボーナスに不満を持っている。
・アッシュ…短髪の中年男性。科学主任。出発の2日前に別の担当者と入れ代わりで乗船することになった。実は大きな秘密がある。
・ジョーンズ…オスのトラ猫。
問題となる音波信号をみんなで聞いてみますが、初めて耳にする音でした。声なのかとも指摘されますが、聞いただけでは分からずじまいです。
問題の小惑星は直径120kmの小さなもので、2時間周期の自転をし、重力は0.86です。歩くことはできます。
信号が発せられた惑星の上空で貨物は置き、ノストロモ号のみ小惑星に降り立ちました。着陸時にトラブルが発生し、第3エンジンが故障して、修理に25時間かかることになりました。本当は17時間なのですが、ボーナスが欲しいパーカーが多めにサバを読み、25時間と言い、機関士の2人・ブレットとパーカーが対応します。
船長ダラス&副長ケイン&航海士ランバートの3人が惑星に降り立って船外活動をし、リプリーは母船で信号の調査を、アッシュはモニターで監視をします。
宇宙服を着用して降り立った3人は、大きな建造物を発見しました。ドーナツ形のような大きな円筒形の宇宙船で、「C」のように完全な円筒形ではなく一部が外れています。
中にいた知的生命体らしき宇宙人はかなり前に死んでおり、化石化していました。
化石となった宇宙人には何かが出てきた傷跡があり、その部分の骨は外に向けて曲がっています。まるで内部から破裂したかのようでした。
リプリーが信号を解析した結果、SOS信号ではなく警告信号だと判明しました。アッシュにそれを報告しますが、アッシュは「君がそれを告げに行く頃は、彼ら(3人)は建物の中に入っている」と言います。
アッシュの言う通りでした。船外活動に出た3人は宇宙船の底の地下部分に穴を発見し、その調査をしていました。洞窟のような内部は暑く湿気がこもっています。
奥に開けた場所があり、そこには一面卵が並んでいました。高さ60cmくらい、直径30cmくらいの円筒形の、鶏卵に似た形の大きな卵です。
特筆すべきなのは、卵を植え付けられた区域の上に一面に靄(もや)がかかっていました。ケインが卵を見て靄に手を差し込んだ時、バランスを崩して転倒し、卵エリアに入ってしまいます。
起きあがったケインは、目の前の卵が半透明で、中身が透けて見えるので見入ります。中の生き物は生きており、動いていました。
ケインの目の前で卵の上部が4つにぱっくり割れます。つい覗くと、ケインの宇宙服のヘルメットにその生き物がべちゃっと張りつきました。しかもヘルメットのシールド部分を溶かして、じかにケインの顔にくっつきます。 この映画を無料で観る

【承】- エイリアンのあらすじ2

驚いたダラス船長とランバートは、急いでケインを連れてノストロモ号に帰還しました。消毒室に入って早く開けろと言いますが、リプリーは難色を示します。ダラス船長はケインの生命を気にかけますが、リプリーは謎の物体を中に入れて感染症の拡大を起こすことを警戒したのです。
ところがアッシュが判断し、エアロックを解除して3人を中に入れました。本当はナンバー1のダラス船長とナンバー2のケイン副長が外にいる時には、ノストロモ号は第3位であるリプリーが判断を下すべきなのですが、アッシュは「ダラス船長が入れろと言ったから」と言います(後に分かるが、これはアッシュの作戦)。
ケインは医務室に運ばれました。科学部長のアッシュが対応します。
自分たちを入れるのを渋ったリプリーに、ランバートが平手打ちをしました。
ケインの顔には8本足にシッポが長い、カブトガニのような形のエイリアン(異星人)がくっついていました(フェイスハガーというのだが、映画本編ではこの名は使われない)。
ちょうど人間の顔ほどの大きさの生き物で、顔部分を8本の足でしっかりと固定し、しっぽは首に巻きついています。
触手を取ろうとすると、顔の皮膚が剥がれそうです。またしっぽも首を締めつけるので、作業を一時中断しました。
スキャンしてみると、そのエイリアンはしっぽの先を気管に入れて酸素を送り、ケインを麻痺状態ながら生かしていることが判明します。剥がすとケインが死ぬかもしれませんが、触手の1つを試しに関節の下で切断してみました。
すると強力な酸が出ます。これがエイリアンの体液なのです。
酸は手術台と船の床、さらにその2つ下の階の床まで届くほど強い酸でした。続行すると宇宙船を破壊しそうなのと、ケインにすぐに生命の危機が及びそうにないことで、救護室に置いたままにしておきます。
エイリアンの表皮はタンパク質でできていて、時々脱皮してはシリコンを取り込む生き物だと、アッシュが調べて報告しました。環境の変化に強い生き物です。
リプリーは自分の命令に背いて勝手に入れたことを注意し、アッシュを責めますが、アッシュは職責をまっとうしただけだと言いました。

謎の生き物は、ケインの顔からいなくなります。どこへ行ったのかとダラス船長&リプリー&アッシュが警戒しつつ救護室に入り、生き物を探しました。
すると手術台の上から落ちてきましたが、エイリアンはすでに死んでいました。リプリーは船外に捨てろと言いますが、アッシュは「人間が初めて接した地球外生命体だから貴重だ」と死骸を持ち帰ると言います。ダラス船長は「科学部長のアッシュに任せる」と言いました。
死骸の腹側、ケインの顔に接していた方は食べ物の牡蠣を彷彿とさせる形状をしています。
別室でリプリーはダラス船長に、アッシュが信用に足る人物なのかと聞きました。ダラス船長も長い航海の中で初めて同乗する人物だと明かし、さらに乗船の2日前に担当者の入れ替えが起きて、急遽決まった人物だと言います。
ノストロモ号の修理が終わり、貨物船のところへ戻って再び地球へ向かうことにしました。眠っているケインは検疫隔離にします。
地球までは、まだ10か月かかるみちのりでした。
ケインが意識を取り戻したという連絡が、アッシュから入ります。
見に行くとケインは意識もはっきりしており、受け答えもしっかりしていました。何もなかったかのように見えます。エイリアンが顔についた時の感想を聞くと「急に息が詰まった。悪夢のようだ」と答え「何か食わせてくれ」と言います。
事件は解決したというほっとした空気がみんなの間で流れ、談笑しながらの食事が始まりました。
ところが食事中にケインが苦しみ始め、ケイレンします。みんなで取り押さえ、パーカーは舌を噛まないようにレンチを口に噛ませようとしました。しかしパーカーの胸から血が飛び散り、みんなは驚いて一瞬動きが止まります(癲癇の発作かと思っていたので、まさか血が出ると思っていなかった)。ランバートの顔にパーカーの血がさらにかかり、ランバートは悲鳴を上げます。
みんなの見ている中でケインの胸を突き破り、何かが出てきました。
それは直径5cm、長さ30cmほどのヘビのような形をしたもので、みんなが意外な出来事の連続であっけにとられている間に、這って逃げます。その動きは素早く、仮に瞬時に追ったとしても追いつけたか怪しいものです。

【転】- エイリアンのあらすじ3

(その後しばらくヘビについては描かれないが、超短時間で脱皮してめざましい成長を遂げ、次に隊員たちが見つけた時には体長3m以上の大きな怪物に成長している)
ケインの遺体を射出して宇宙葬にし、ダラス船長はブレットに頼んで高圧電気棒を作ってもらいました。またアッシュが探知機を作ります。
アッシュ&ランバート&ダラス、リプリー&ブレット&パーカーの二手に分かれて、船内に潜むエイリアンの捜索を開始しました。探知機は5m以内に接近すると反応する代物です。
リプリーたちはロッカー室のロッカーの中に反応するものを見つけますが、それは猫のジョーンズでした。笑ったパーカーは「捕まえりゃよかったんだ。また(同じことを)やるぞ」と言い、ブレットが猫を呼びにいきます。
ところが猫のジョーンズが潜んだ反対側に、脱皮して巨大化したエイリアンが潜んでいました。ブレットは脱皮した皮を見つけたのですが、気に留めなかったために連れ去られます。
立ち去るエイリアンの姿を、リプリーとパーカーは見ていました。エイリアンは通風口の中にひそんでいたのだと思います。
ダクトの中に逃げたというパーカーの証言を得て、穴を塞いでエアロックに追い込んで、宇宙空間に射出することを決めました。ダラス船長は火炎放射器を作るようパーカーに命じます。
ダラス船長はマザーコンピューターに異星人への対処法を質問しますが、「データ不足」「回答不能」と出るばかりで、ちっとも参考になりませんでした。

火炎放射器ができあがり、ダクトの中で分かれて作業を行ないます。
ダラス船長がダクトの中に入り、ランバートが外で探知機を見ながら無線で呼びかけます。ほかのメンバーもダクトの出入口にスタンバイしました。
第1区、第2区は何もおらず、順調に進みますが、第3区で探知機に反応があります。その後、一時探知機から信号は消えました。その頃ダラス船長は手をついた場所に、半透明のジェル状のものを見つけます。
再び信号が現れ、ダラス船長に近づきました。ランバートが無線で警戒を呼びかけますが、ダラス船長は大きな、手にあたる部分に水かきのあるエイリアンに連れ去られました。
現場には血痕もダラス船長も残らず、武器の火炎放射器だけ残されていました。
船長のダラスがいなくなったことで、残り4人は心細く感じます。ランバートは逃げようと提案しますが、シャトルに4人は乗れません。ランバートはくじ引きで決めようとさらに言い募ります。
いっぽう仲間が減ったことで、パーカーはなんとか仕留めてやりたいと怒っていました。リプリーは、エイリアンが送気ダクトの中にいることは確実なので、作戦を続行して2人1組で追いつめ、エアロックから射出しようと言います。
その後、エイリアンについて何か新たに分かったことがあるかとアッシュに質問をぶつけますが、「調査中だ」としか答えません。
「あなたは何もしなかったのだ」と指摘し、自分がやると言ってリプリーはマザーコンピューターに質問をしました。
「異星人対策が進まぬ理由は?」と質問を入力すると「回答不要」と出ます。さらに「科学部長専用。特別指令937」と出て、あとは沈黙を保ったままです。
閲覧の解除をして特別指令を閲覧すると、そこには『生体標本の持ち帰りを最優先。乗員等は場合により放棄してよし』と書かれていました。リプリーは思わぬ答えに、画面を凝視しながら絶句します。
横に音もなくアッシュが座り「説明させてくれ」と言いました。リプリーが反射的にアッシュを突き飛ばすと、アッシュはリプリーを放り投げます。リプリーは投げられた時にぶつけて鼻血が出ますが、アッシュはひたいに白い液体が流れていました。
アッシュはリプリーを圧倒的な強さで攻撃し、押さえつけて雑誌を口に入れて殺そうとします。そこへパーカーとランバートが駆け付け、アッシュを制止しました。
パーカーが殴ると、アッシュは身体に似合わぬ強い力で反撃します。パーカーが頭部を金属で殴ると白い液体が飛び散り、首が取れかけ、ロボットと判明しました。
まだアッシュは暴走していましたが、ランバートが背後から金属の棒を背中に刺し込み、倒します。
落ち着いてから、リプリーはアッシュの首から上部分のみ通電させ、情報を聞き出そうとしました。
アッシュは会社が乗員たちを監視する目的で送りこんだロボット(アンドロイド)でした。会社はエイリアンの存在をうすうす感づいており、エイリアンの捕獲&回収を最優先に考えていました。

【結】- エイリアンのあらすじ4

アッシュは「エイリアンは完全生物だ。構造も攻撃本能もすばらしく、良心も余計な感情も持たない究極の原始生物だ」と言います。
(会社はエイリアンを研究し、軍事利用しようと企んでいる)
そのうえで「殺す方法はない。君たちも死ぬ。同情するよ」と言って不敵に笑いました。リプリーは電源を切り、パーカーは火炎放射器でアッシュを焼きます。

3人は話し合い、母艦に爆破をセットして、シャトルに乗って逃げることで意見が一致します。
リプリーはシャトルのエンジンをかけて用意をし、母艦の爆破をセットする役目を担い、パーカーとランバートはできるかぎりの酸素冷却材をシャトルに詰め込むため、取りにいきます。
リプリーがシャトルをスタンバイさせている時、猫のジョーンズの声がしました。ジョーンズの存在を思い出したリプリーは、動物移動用ケージを持ちジョーンズを探して入れます。
母船の貨物室で酸素冷却材をありったけカートに乗せていた時、ランバートはエイリアンと遭遇しました。エイリアンはいつのまにはダクトから出ていました。
ランバートをかばってパーカーが襲いかかられます。さらに恐怖で動けなくなったランバートを、エイリアンは殺しました。
無線で2人の悲鳴を聞いたリプリーは急いで駆け付けますが、そこには死んだ2人の遺体がありました。手遅れを知ったリプリーは、半泣きの状態で10分後に爆発する爆破装置を起動させます。
猫のケージを持ってシャトルへ行こうとしたリプリーですが、シャトル入り口にエイリアンを見かけ、ケージを置いて慌てて引き返します。猫のジョーンズはその後エイリアンにじっくりと観察されますが、襲われませんでした(小型すぎるので攻撃する価値なしとみなされている感じ)。
一旦爆破装置を解除しようと思ったリプリーですが、タイムリミットの5分をわずかに過ぎてしまい、解除ができません。
火炎放射器を持って船の下層に行ったリプリーは、そこにジェル状のものに包まれて壁に貼りつけにされた(シリーズでは「繭にされた」と表現する」)ブレットとダラス船長を見つけました(繭にされた者は今作品では不明だが、以後のシリーズでは卵から孵化したフェイスハガーが寄生する宿主にされる)。
ブレットの方はすでに息がなさそうでジェルに同化しかかっていましたが、ダラス船長は息があり、リプリーを見ると「殺してくれ」と言います。
エイリアンの手にかかって死ぬよりも自分(リプリー)の手で殺される方がましだと理解したリプリーは、ダラス船長の願いを聞き入れ、火炎放射器で焼き払います。
再び通路に戻ると、先ほどまでいたエイリアンはいなくなっていました。警戒しながらジョーンズを入れたケージを持ち、リプリーは通路を通ってシャトルに入ります。
シャトルに入ると、すぐに座席に座ってノストロモ号との切り離し操作を行ないました。
シャトルが発進して間もなく、ノストロモ号は三度の爆発の後、消滅しました。
リプリーは座席で脱力しながら「やっつけたわ、化け物」とつぶやきます。

落ち着いたところでジョーンズをケージから出し、コールドスリープ装置に移動させます。その後、リプリーもコールドスリープに入るために、服を脱ぎ始めました。脱ぎつつセットの準備のボタンを押していると、なんとそこにエイリアンの頭があり、手が伸びてきます。
反射的に宇宙服を収納している部屋に逃げ込んだリプリーは、ガラス越しにエイリアンを見ました。エイリアンはもぞもぞと動いています。
エイリアンを凝視しながら宇宙服を装着したリプリーは、ゆっくりと移動して操作パネルのところへ移動し、エイリアンが隠れているところの配管を操作して蒸気(あるいは冷気)を噴射させ、その場から出させました。
その後、シャトルのエアロックを開きます(ジョーンズはコールドスリープ装置の中にいるので飛び出さない)。空気は外に出ていき、エイリアンも外へ飛び出しそうになりましたが、両手でふんばりました。
そこへリプリーがボウガンを打ち込みます。エイリアンは船外へ出ましたが、ボウガンに紐がついていてぶらさがります。
リプリーはシャトルのエンジン出力を最大にしました。エイリアンは青い炎にあぶられ、ボウガンの紐が焼け切れて宇宙に漂っていきます。
やっとエイリアンを追い払ったリプリーは、自分の身分や経緯を簡単に録音した後、6週間後に銀河系に帰還するので回収を頼むと言って切り、ジョーンズと一緒にコールドスリープ装置で眠りました。

みんなの感想

ライターの感想

この映画で何がビックリするって、エイリアンの卵を植えつけられた宇宙船ノストロモ号の乗組員ケインの胸を、幼体(チェストバスター)が食い破って姿を現すシーンでしょう。
でも、このシーン、ビックリしたのは観客だけではありませんでした(登場人物がビックリしたのは当然として)。
実は、撮影の際、何が起こるかをケイン役のジョン・ハート以外の役者は知らされていませんでした。で、あれです。なにがなんだかわからない状態で、いきなり胸から血が噴出して変な化け物が飛び出して。
特に、ランバート役のヴェロニカ・カートライトは、噴き出した血のりが直接かかり、血まみれ状態になってしまいました。あの時の悲鳴、そして、恐怖の表情は、まさしく本物だったのです。

ライターの感想

1979年の作品とは思えないほど、非常によくできた作品。もちろん現在見ると、若干時代遅れのコンピューターとかはあるものの、それをはるかに上回るストーリーの出来に驚くだろう。
当時無名に近かったリドリー・スコット監督と、女優シガニー・ウィーバーの出世作となった作品。
特にシガニー・ウィーバーは全シリーズを通してリプリー博士を演じており、なくてはならない人物となっている。
最初の1時間弱(およそ55分)を使ってノストロモ号と乗員たちの関係を描き、残りの1時間でエイリアンの襲撃を見せる。
ほとんどの人はたぶん、リプリーがシャトルで脱出を果たした瞬間に「ああよかった、無事に逃げおおせた」と思った筈。
なのでまさかの「シャトルの中にもお邪魔してました」的な展開には、ほんとに吃驚。
少しでも興味のある方は、製作年度が古いからといって避けるのではなく、ぜひ見ていただきたい。いま見ても遜色ない出色の出来に驚かされるだろう。

映画の感想を投稿する

映画「エイリアン」の商品はこちら

エイリアン [Blu-ray]