「エイリアン3」のネタバレあらすじ結末

エイリアン3の紹介:1992年のアメリカ映画。シリーズ第3作。今作では撮影にあたってシガニー・ウィーバーは頭髪をすべて刈り、坊主頭にするなど、強い印象を残した。「セブン」「ファイト・クラブ」などで有名なデヴィット・フィンチャーの初監督作品。

この映画を無料で観る

エイリアン3の主な出演者

エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)、クレメンス(チャールズ・ダンス)、アンドリュース(ブライアン・グローヴァー)、アーロン(ラルフ・ブラウン)、ディロン(チャールズ・S・ダットン)、モース(ダニー・ウェッブ)、マイケル・ビショップ(ランス・ヘンリクセン)

エイリアン3のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①リプリーらの乗ったスラコ号で火災発生。非常脱出機が作動してリプリーらは自動的に射出される。落ちたのは囚人たちの惑星。墜落時にリプリー以外が死亡。しかしクイーンが卵を生みつけて孵化したフェイスハガーがリプリーにクイーンを生みつけ、もう1匹は救出時に犬に寄生する。 ②犬から生まれた四つ足のエイリアンが囚人を襲っていく。リプリーへの寄生も本社に伝わり、救出部隊が急行。四つ足エイリアンを退治したリプリーは溶鉱炉に飛び込んで自殺。

【起】- エイリアン3のあらすじ1

西暦2087年に宇宙貨物船ノストロモ号は謎の信号を受け、小惑星に降り立ちます。ところがその際、乗員の1人・ケインの顔に未知の生命体(エイリアン)が張りつき、卵を生みつけました。ケインの胸を突き破って生まれたエイリアンは体長3mを超す大物で、しかも体液は強酸です。攻撃性も高く、付け入る隙のない、「完全生物」でした。
エイリアンを退治しようとした乗員は次々に犠牲になり、唯一生き残ったリプリーはエイリアンを船外に射出し、オスのトラ猫・ジョーンズと一緒にコールドスリープにつきました(『エイリアン』参照)…。
その後リプリーの乗った船は漂流を続け、西暦2144年、実に57年ぶりにサルベージ船に回収されます。リプリーはLV426にエイリアンがいたことを訴えますが、すでに20年前から移住民が住んでいました。その矢先、LV426との連絡が途絶えます。
宇宙海兵隊と同行したリプリーはエイリアンを倒し、アンドロイドのビショップ、ヒックス伍長、移住民の唯一の生き残りの少女・ニュートと再びコールドスリープにつきました(『エイリアン2』参照)…。

西暦2155年。
眠ったリプリーを乗せた宇宙船・スラコ号の中で、低音室に火災が発生します。その際、あやしげな影(過去のシリーズを見ている者にとっては「孵化したフェイスハガー」とすぐ気付く)が目撃されます。
乗員はみんなコールドスリープ中でした。非常脱出機が自動的に発射されます…。

〝囚人惑星フューリー 金属精錬所 YY染色体保有者 矯正施設 特別警戒区域〟
フューリー刑務所は、男性ばかりの刑務所でした。以前は5000人収容する大施設だったのですが、現在は囚人と看守を合わせて25人が残っています。
この惑星では格廃棄物容器用の鉛を作っており、天然メタンの精製もおこなっていました。
リプリーたちを乗せた非常脱出機は、その惑星に落ちました。刑務所から人員が派遣され、脱出機の中に生存者が乗っていないか調べられます。外は零下40度の惑星です。
コールドスリープ装置が無事だったのはリプリーだけで、あとは壊れていました。リプリーは医務室に運ばれ、非常脱出機は回収されます。
その非常脱出機の片隅には、カブトガニのようなフェイスハガーが潜んでいました。犬のスパイクが脱出機を嗅ぎまわり、顔に寄生されます。
刑務所では、所長のハロルドがみんなの混乱を防ぐため、1人の女性の生存者がいたことを報告したうえで、くれぐれも動揺しないようにと言いました。その惑星では凶悪な犯罪を起こした男たちが、それでも男性だけでもう何年も穏やかに過ごしています。
女性の生存者というだけで、充分刺激的でした。出歩かせるな、見せるなという意見も出ます。
ハロルド所長は救助隊の要請を派遣済みだと告げ、少しの辛抱だと言いました。
その頃、リプリーは医務室で意識を取り戻します。医務室にいた医務主任の男性・クレメンスに、非常脱出機が惑星に激突し、リプリーだけが生存者だと知らされました。
リプリーがまず警戒したのは、なぜスラコ号が脱出艇を出したのか、です。過去に幾度となくエイリアンに脅かされたリプリーは、まずエイリアンの仕業ではないかと疑念を募らせました。
非常脱出機を調べたリプリーは、少女・ニュートのコールドスリープ装置の一部に溶けたような痕があるのを、見逃しませんでした。
他の者の遺体を見せてくれと言い、遺体安置室に行きます。
少女・ニュートの死因は溺死で、睡眠カプセルの中で何も知らず、眠ったまま死んだものと思われました。
ドウェイン・ヒックス伍長の遺体は、機が撃墜した時の衝撃で支持柱に刺さって死亡していました。
ビショップは機能停止に陥り、ゴミ捨て場行きになっています。
リプリーはクレメンス医師らの目を盗み、少女・ニュートに「ごめんね」と小さく言い、口の中を開いてみたり、喉、胸を押してみたりしました。そしてクレメンス医師に解剖の必要があると言います。コレラが流行していたから、死因は溺死とは限らないとも言いました。
クレメンス医師はリプリーが何か重大なことを隠していると気づきながらも、あえて解剖します。リプリーが望むとおりに胸部を開いて見せました。何も寄生しておらず、リプリーは安堵します。
そこへハロルド所長がやってきて、囚人たちを刺激させることになるから、勝手に動き回るなとリプリーに注意しました。リプリーはそれを遮り、所長に火葬を希望します。 この映画を無料で観る

【承】- エイリアン3のあらすじ2

来週には調査員がやってくると所長は言いますが、クレメンスが横から「感染の危険性がある。コレラだ」と申し添えたため、リプリーの希望は叶えられました。
簡単な葬儀としてハロルド所長が聖書を読み上げます。その際、信心深い黒人男性・ディロンが立派な弔辞を述べ、その後、溶鉱炉にニュートとヒックスの遺体は落とされます。
リプリーは葬儀中に鼻血が出ましたが、まだその意味を理解していませんでした。
その頃、倉庫の奥で、犬のスパイクの胸を突き破って四足歩行のエイリアンが生まれていましたが、そのことも誰にも気づかれませんでした…。

惑星にシラミが蔓延しているので、防疫対策としてリプリーは他の囚人と同じく、髪の毛を剃って坊主頭にします。
その後、食堂に行ってディロンに弔辞の礼を言いましたが、ディロンは自分が殺人と強姦の前科者だと牽制します。
この惑星はハロルド所長と、副官のフランシス(注:但し本編では「ミスター85」というあだ名の方で呼ばれる。知能指数が85だからというのがあだ名の由来)と医者のクレメンス以外は囚人です。囚人は後頭部にバーコードのタトゥーを彫られていました。
医務室に戻った後、クレメンスに再度何を探しているのかと聞かれたリプリーは、色仕掛けでかわします。ベッドインしますが、クレメンスも「かわされた」ことは気づいており、再度質問をリプリーにぶつけました。
医師であるはずのクレメンスの後頭部に、囚人と同じバーコードがついている理由を、リプリーは質問し返しました。クレメンスはいつか教えると言います。
その矢先、クレメンスに呼び出しがかかりました。マーフィーが掃除中に大型換気扇に巻き込まれたらしく、バラバラ死体で発見されたのです。
バラバラなのは換気扇に巻き込まれたからでした。しかし現場には金属が溶けた痕があり、医務室に戻ってきたクレメンスはリプリーに金属が溶けた痕のことを話し、説明してくれと要求しました。しかしハロルド所長に呼び出され、クレメンスは出かけていきます。
クレメンスはハロルド所長に、本社から最高レベルの指令が下ったために、リプリーから目を離すなと命令されました。
その間、リプリーは脱出艇のフライト・レコーダーを解析して、スラコ号の事故の真相を得ようとしました。ビショップの残骸を探しに、ゴミ捨て場にひとりで行きます。
(余談になるが、この際、本社ウェイランド・ユタニ社が日本と関連することを意味するように、「鉄」という漢字が出てくる。また後に出てくるユニフォームには、カタカナ表記で「ウェイランド」と書かれている)
ビショップを担いで帰ろうとした際、4人の男に襲われそうになったリプリーですが、ディロンが現れて助けました。リプリーも男の1人を殴ります。

マーフィーの追悼のために事故の現場にろうそくを手向けていた3人の男が、謎の大きな恐竜に襲われます。恐竜という表現は、生き残ったゴリックがそう証言します。
通風管から噴き出した風に消されたろうそくを、つけに行ったレインズが襲われました。相手は四足の、しっぽが長い大きな生き物です。犬に寄生して生まれたので、四足歩行します(注:「完全版」では牛verらしい)。
上から襲われてボッグスも死に、生き残ったのはボッグスの血を浴びたゴリックだけでした。ゴリックは必死で逃げて助かりました。
リプリーはビショップに通電して、フライト・レコーダーの解読を頼みます。
火災の原因は電気系統のトラブルで床下から発生していましたが、不吉な影はなかったかと問うリプリーに、ビショップは「ずっと一緒だよ」と答えます(この意味を知るとすごく怖い…)。船内に、クイーンが産み落とした卵があったことを、リプリーは知ります。
船内で起きたことはすべて本社にデータとして送られており、本社も把握していました。
ビショップの願いを聞き入れ、リプリーはビショップを消滅させます。

その頃、食堂では生き残ったゴリックが「恐竜にやられた」と騒いでいましたが、ハロルド所長は、レインズとボッグスを殺したのはゴリック自身だと決めつけていました。
そこへリプリーがやってきて、恐竜はいると話を始めます。

【転】- エイリアン3のあらすじ3

2.5mの体長、強酸性の血液を持つ地球外生命体と戦ってきたことをリプリーは話しました。そのうえで、この施設に武器になるようなものはないかと聞きます。
ハロルド所長はまるで信じませんでした。
リプリーは医務室に監禁されます。またゴリックも医務室に隔離されました。
クレメンスは過去の話をリプリーにしました。クレメンスは医大を出た後、期待の新人として働き始めました。しかし期待されすぎて36時間連続勤務など過酷な労働条件にさらされたクレメンスは、ボイラーの爆発で30人の負傷者が出た時に、クレメンス自身が寝不足で疲れており、鎮痛剤の服用量を誤って投薬してしまい、11名の死者を出してしまいました。クレメンスは禁固7年の刑を言い渡されます。
そしてこの惑星で囚人をしていたのですが、囚人たちと気が合ったので、刑が終わってもここに留まり、医師として働き続けていました。
その話をした直後、背後から忍び寄ったエイリアンに襲われて、クレメンスは頭部を破壊されて死にます。
エイリアンはリプリーに接近し、リプリーも死を覚悟しますが、なぜかエイリアンは攻撃せず、そのまま天井の通風口から立ち去りました。
リプリーはその足で移動し、所長のところへ報告に行きます。
所長は残りの囚人を集め、死亡者が相次いでいるが動揺するなと話していました。そこへリプリーが現れ、クレメンスも殺されたと言います。
ここに至ってもハロルド所長はエイリアンの存在を信じず、相手にしませんが、その所長が天井から降りて来たエイリアンに捕らえられ、惨殺されました。あっという間の出来事だったので、その場にいた一同は呆然とします。呆然としますが、エイリアンがいることが証明されました。

所長がいなくなり、次はミスター85(副官フランシスのこと)が指揮官かと揶揄される中、ディロンがリプリーに指揮を取れとほのめかします。他の囚人たちは女に指揮を任せるのかと不満の声を上げますが、ディロンは「リプリーがいちばんエイリアンのことを知っている」と言い、みんなも納得します。
しかし問題なのは、ここが特別警戒区域の刑務所であるにも関わらず、銃火器の類がないということでした。
リプリーは「奴らは火に弱い」と言い、封鎖して襲って来られないように言います。
しかし封鎖しようにも建物内には通風管が600以上ありました。監視カメラは、その必要がないので故障したまま放置されています。
囚人のひとり・モースが「こいつが発端なんだからこいつを殺せ」とリプリーを指しますが、事件の解決には至らないということでディロンに却下されます。
話し合った結果、使用されなかった格廃棄物用の容器へおびき寄せ、そこに閉じ込める作戦を立てました。ただしおびき寄せる餌は…自分たちです。
怯える囚人たちに、ディロンは「どうせ危険なのだ。どう対処するかが問題なのだ」と言います。ディロンの言う通りで、じっと手をこまねいていても危険なことに変わりはありません。
誘いこみの作業の準備をしている最中に、ひとりの男がエイリアンに襲われ、発火筒と缶を取り落として大爆発が起きました。リプリーとディロンは伏せて爆風をかわし、ディロンが手動のスプリンクラーを作動させて鎮火させましたが、被害者が多数出て10名以上の死者が出ます。
その頃、リプリーは手に痺れを感じていました。検査をしようとスキャン台に乗った時に副官の85がやってきて、体内透視を手伝います。
スキャンした結果「寄生組織あり」と出ました。リプリーは、寝ている間に自分の体内にエイリアンがすでに植え付けられていたことを知ります。
しかもリプリーの胸の中にいるのは、ただのエイリアンではなく、クイーンでした。卵を大量に生みつけるエイリアンです(クイーンはエリマキ様のものが首周辺についている)。
絶望したリプリーは、本社からの救助を避けるために「放射能汚染が起きたと報告してくれ」と85に言いますが、85には地球に妻子がおり、生きて帰りたいと拒否します。
揉めている間に自動的にデータが本社に送信され(そういうシステムになっている)ました。
85が見ているコンピューターに『透視映像受信 医務班 2時間後に到着予定』『医務班 急行中』『特別緊急指令 エレン・リプリーを保護せよ』と表示されます。

【結】- エイリアン3のあらすじ4

85は、助けが来ると思って期待します。リプリーが「本社は軍用のために今まで何人もの従業員を犠牲にした」と言っても、生きて地球に帰れると思います。

リプリーはエイリアンを探していそうな場所に行き、「殺せ」とエイリアンに言います。
四つ足エイリアンはリプリーに近づきますが、やはり殺しません。クイーンの子を寄生している大事な身体だからです。
リプリーは体内に寄生されていることをディロンに告げ、殺してくれと頼みました。このまま体内で孵化すると、何千匹も生むクイーンが誕生してしまうのだと言い、ディロンは斧を持ちますが「あいつが先だ。負けたくない」と言います。
四つ足のエイリアンを倒してからにすると言い、ディロンとリプリーは約束しました。

溶鉱炉の鋳型の中に誘いこみ、液体の鉛を浴びせようという案が出ました。みんなでその場所までおびきよせるのです。
参加しないと言ったのは、会社側の人間・85でした。85は2時間後に救助がやってくるのを知っているので、それまで待つつもりです。
ピストン室に誘いこみ、そこからピストンで鋳型に押し込む作戦を立てた矢先、扉が一度で完全に閉まらない不良のところがあることが判明しました。
しかしエイリアンに襲われる男の悲鳴が聞こえ、充分ではないながらも作戦が始まります。みんなおのおのおとりになって走って逃げ、誘いこみをはかります。
同じ頃、本社からの救助船がやってきて、着陸しようとしていました。
2人死に、3人目の犠牲が出ますが、誘いこみは成功しつつありました。4人目の犠牲者が出た時、ピストン室への誘いこみに成功します。
ところがエイリアンは死体を咥えると、さっと奥へ逃げ込んでしまいました。ピストンが完全に作動するのに4~5分かかることも判明します。
その間に引き戻そうとリプリーが行きます。
モースとグレゴールが廊下でぶつかり、ふざけあっている最中にグレゴールがエイリアンに襲われます。
そこへリプリーが現れてモースを救うと、エイリアンのシッポを握って「来なさい!」とエイリアンを挑発しました。
本社の人たちがやってきて、副官のフランシスが出迎えました。しかし仰々しいメンバーに、フランシスはリプリーの言っていたことの方が正しいのではないかと、初めて思います。
リプリーたちは鋳型のところまでエイリアンをおびき寄せますが、エイリアンの動きが素早すぎるため、ディロンがおとりとして鋳型に残ることにしました。約束を破るなとリプリーが懇願しますが、モースが鋳型の間に鉛を注ぎ、エイリアンに浴びせます。
ところが鉛の中からエイリアンが出てきました。鉛を浴びても大丈夫なようです。
モースが「スプリンクラーだ!」と叫びました。急な温度変化を起こさせようというのです。リプリーは手動のスプリンクラーを作動させて水を浴びせ、エイリアンははじけて破裂しました。
モースはリプリーがぶらさがっているところまで操作台を移動させ、迎えに行きます。
そこへ本社集団が現れました。リプリーとモースは包囲されます。
集団の中から一歩前に出てきたのは、ビショップと同じ顔をした人物でした。リプリーはアンドロイドと思いますが、そうではなく、アンドロイドの設計者本人です。
ビショップはリプリーに手術すると説得しますが、リプリーは信じられないと言います。
モースが足を撃たれて転倒し(戻って来ないとモースを殺すぞというリプリーへの脅し)、それを見た85がビショップに殴りかかりますが、他の隊員に銃殺されました。
じれたビショップは「貴重な標本なんだ」とつい本音を洩らします。
リプリーは操作台を溶鉱炉の真上まで移動させると、背面から溶鉱炉に落ちて投身自殺をはかります。落ちる途中に胸からヘビ型のエイリアンが生まれますが、それを両手で追えながら落ちました。リプリーはエイリアンごと死にます。

施設は完全封鎖され、一団は空手(からて 収穫なし)で帰ります。ただひとりの生存者・モースは連行されながらも、振り返って不敵な笑みを洩らしました(笑みを洩らしたのは生き残ったから)。
〝W・ユタニ社 フューリー刑務所閉鎖 管理者全員引き揚げ 精製設備はスクラップ 通信を終わる〟
(注:完全版では『エイリアン4』との関係性を重視し、溶鉱炉に落ちるリプリーの胸からエイリアンは出ない)

みんなの感想

ライターの感想

『エイリアン』シリーズ、ひとまずの完結。いちおう4もあるが。
当時はシガニー・ウィーバーがこの撮影のために頭を本当に剃ったことで大きな話題を呼んだ。
今作品の見どころは、「人間以外に寄生したバージョン」が見られること。
動きが素早い素早い。しかも天井裏を素早く走って来るシーンなどもあり、面白い。
『エイリアン』シリーズはどれも外れがない。それは4も同じ。できれば見ていただきたい。

映画の感想を投稿する

映画「エイリアン3」の商品はこちら

エイリアン3 [DVD]