「エイリアン4」のネタバレあらすじ結末

エイリアン4の紹介:1997年のアメリカ映画。シリーズ第4作。原題「Resurrection」は「復活」を意味し、前作『エイリアン3』のラストで自決したはずのリプリーとエイリアンの復活、完結したと思われたシリーズの復活の両方を表している。

予告動画

エイリアン4の主な出演者

エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)、アナリー・コール(ウィノナ・ライダー)、ジョーナー(ロン・パールマン)、ブリース(ドミニク・ピノン)、マーティン・ベレス将軍(ダン・ヘダヤ)、クリスティー(ゲイリー・ドゥーダン)、ラリー・パーヴィス(リーランド・オーサー)

エイリアン4のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①リプリーの死後200年を経て連合軍の宇宙船でリプリーのクローンが作られた。軍はエイリアンを取り出して研究に回し、取り出した後のリプリーも研究対象に。貨物船ベティ号のクルー・コールはリプリー暗殺のために寄港したが、エイリアンがすでに復活したことを知る。 ②コールはリプリー抹殺を指令されたアンドロイド。学習したエイリアンは研究施設を脱走し、宇宙船オリガ号の人間を殺していく。また新世代ニューボーンが誕生したが、地球に持ち込むのをよしとしなかったリプリーが殺した。

【起】- エイリアン4のあらすじ1

西暦2087年に宇宙貨物船ノストロモ号は謎の信号を受け、小惑星に降り立ちます。ところがその際、乗員の1人・ケインの顔に未知の生命体(エイリアン)が張りつき、卵を生みつけました。ケインの胸を突き破って生まれたエイリアンは体長3mを超す大物で、しかも体液は強酸です。攻撃性も高く、付け入る隙のない、「完全生物」でした。
エイリアンを退治しようとした乗員は次々に犠牲になり、唯一生き残ったリプリーはエイリアンを船外に射出し、オスのトラ猫・ジョーンズと一緒にコールドスリープにつきました(『エイリアン』参照)…。
その後リプリーの乗った船は漂流を続け、西暦2144年、実に57年ぶりにサルベージ船に回収されます。リプリーはLV426にエイリアンがいたことを訴えますが、すでに20年前から移住民が住んでいました。その矢先、LV426との連絡が途絶えます。
宇宙海兵隊と同行したリプリーはエイリアンを倒し、アンドロイドのビショップ、ヒックス伍長、移住民の唯一の生き残りの少女・ニュートと再びコールドスリープにつきました(『エイリアン2』参照)…。
ところが西暦2155年、スラコ号でエイリアンによる火災が発生し、リプリーらは非常脱出機で射出されます。生き残ったのはリプリーのみで、しかもリプリーにはクイーンの幼生が産み付けられていました。
もう1匹孵化していたフェイスハガーが捜索隊の犬に寄生しました。囚人惑星・フューリーで生まれた四つ足のエイリアンが次々に人を殺していきます。
それを退治したリプリーは、本社の調査団の目の前で溶鉱炉へ投身自殺を図りました(『エイリアン3』参照)…。

…約200年後。
その頃になると、リプリーの勤務していた植民地開発事業の大手会社ウェイランド・ユタニ社は存在しません。しかしウェイランド・ユタニ社は軍と契約を結んでいたため、リプリーの情報は連合軍が握っていました。
USM(連合軍)の医療研究用宇宙船・オリガ号は乗組員が軍籍者42名、研究員7名からなるものです。
そこでは200年前にフューリー刑務所の溶鉱炉に身を投げて死んだ、エレン・リプリー中尉の血液を採取し、クローン技術を駆使して再生を図っていました。
研究は被験者8体目にして成功し、リプリーの胸からエイリアン・クイーンを取り出します。研究者たちにとって大事なのはエイリアン・クイーンで、取り出した後のリプリーはいわば不要品だったのですが、生体機能が良好なので実験のために生かしておくことにしました。
そのリプリーですが、わずか3日で手術痕が殆ど消えるほど治癒力が高く、一部壊れているものの前世の記憶もあり、非常に興味深い研究対象となります。エイリアンの遺伝子が混ざっているため、血液は強酸性で、運動能力も高いものでした。
最初は全くの白紙の状態でしたが、リプリーは学習能力も高く、すぐに順応します。肘裏に8という数字が印字されているのを不思議に思いながらも、深く考えません。
一方、エイリアン・クイーンは別室で育てられ、卵を産ませられました。
エイリアンを復活させる目的は、有事の際の隠し武器としてだけでなく、新しい合金やワクチンの開発のため…とされていますが、それは非常に危険を伴うものだと、学習したリプリーは「どうせみんな殺される」と言います。

民間貨物輸送船・ベティ号がオリガ号に寄港しました。乗員は6名です。
・エルジン…ベティ号の船長の男性。運んできた物体の正体は知っているが、軍の目的は知らされていない。オリガ号の船長・ペレズ将軍とは親しい付き合い。
・ヒラード…操縦士の女性で、エルジンの恋人。
・クリスティー…ベティ号の副長の黒人男性。ドレッドヘア。頼もしいところがある。
・ブリース…ベティ号の機関長。下半身不随の車椅子男性。クリスティーと仲が良い。
・ジョナー…ベティ号の警護員の男性。サル顔。気性が荒いが腕っぷしも強く有能。
・コール…ベティ号の技師。今回初乗船の女性。乗務員の中ではブリースと仲が良好。

【承】- エイリアン4のあらすじ2

ベティ号はかなり古い船体で、長期の宇宙航海をしてきた後なので、エルジン船長はペレズ将軍にかけあって、2日間の滞在と修理部品の提供を乞いました。受け入れられます。
ベティ号が運んできたものは、コールドスリープ装置で寝かされた人間でした。その人間たちは起きるや否や、カブトガニの形をしたフェイスハガーに寄生され、エイリアンを生まされます。
こうして12体のエイリアンが作られ、研究施設で監視対象にされていました。あるものは学習能力があるかチェックされたり、生態を観察されたりします。

ベティ号の修理のために2日間オルガ号に滞在することになった一同は、体育館でひとりバスケをするリプリーに会いました。船長以外の5人です。船長はその頃、ペレズ将軍と酒を酌み交わしていました。
メンバーのうち早速ジョナーが絡もうとしますが、リプリーはボールを渡しません。
好戦的なリプリーの態度に怒ったクリスティーとジョナーがリプリーを殴り、リプリーは鼻血を出しました。飛び散った血が床を溶かします。
リプリーはバスケットゴールを見ないで後ろを向いたままゴールを決め、立ち去りました。コールがその後をひそかにつけます。
コールは眠っているリプリーを襲おうとしますが、胸についた手術痕を見てもう手遅れだと気づきました。「奴らの実験を止めなきゃ」と言いますが、リプリーは「もう誰も止められない」と言います。
逃げるようにその場を去ったコールは軍隊に囲まれ、テロリスト扱いを受けました。ベティ号の乗組員ら・ヒラードとジョナーとクリスティーが責任を問われますが、コール以外のメンバーはオリガ号の研究内容は全く知りません。そして知らないまま、船内の騒ぎに巻き込まれます。ちなみにその頃車椅子のブリースは船内の倉庫を漁っていました。
同じ頃、研究施設で大きな問題が発生していました。研究用に飼育されていたエイリアンが学習で学び、自分たちの血を使って研究施設の床を溶かして穴から逃亡したのです。
12体のエイリアンが15階の実験室から船内に逃げた警報が、船内に響き渡ります。
軍籍者は撤退命令を受けて脱出艇に集まりますが、そこへエイリアンが入り込み、あっという間に全滅させます。
ペレズ将軍は脳を破壊され、エルジン船長も床から現れたエイリアンに殺されました。
ベティ号のメンバーはレン博士と若い男性・ディステファノ警備兵を拉致します。そして船内を移動している途中で、エルジン船長の遺体を発見しました。恋人のヒラードは嘆きます。
エイリアンが現れて危機に陥ったメンバーを、リプリーが倒しました。一同はベティ号に向けて船内の移動を開始します。コールだけは、リプリーの正体を言って同行を反対しますが、頼りになるという理由で連れて行くことになりました。リプリー自身は「どっちでもいい」程度の気持ちです。
コールはリプリーに「身内を殺すなんて」と皮肉を言いますが、リプリーは「邪魔したからよ」と涼しい顔で言います。

一同はブリースと合流しますが、リプリーが立ち止まって「この船は動いている」と言いました。その通りで、船は異常をきたした場合、自動的に基地へ向かうよう設定されています。そしてその基地とは「地球」でした。
移動の最中、リプリーは7という数字が書かれた部屋を見つけ、開きます。
そこには過去にクローン実験をした際の「リプリーの失敗作」が置かれていました。初期の頃のものは、瓶詰めにされて保管されています。
番号の若いものほどエイリアンとの融合が高く、エイリアンの顔をしたものや、リプリーの顔を持ちつつ口が2つあるものや、指が異様に長く変形したリプリーもいました。

【転】- エイリアン4のあらすじ3

奥から声が聞こえるので近づくと、そこにはリプリー7号がいました(活動しているリプリーは8号)。下半身、特に腿から下はエイリアンのようになり、腕も湾曲してエイリアン化したリプリーが、生命維持装置に取り付けられてかろうじて生きていました。
リプリー7号はリプリーを見ると「お願い、殺して」と言い、リプリーは泣きながら火炎放射器で焼きます。その後、他の瓶も全て焼き払いました。
リプリーはレン博士に詰め寄りますが、けっきょく思いとどまり(レン博士に暴力を振るったところで根本的解決にならないと判断したか)、代わりにコールが拳でレン博士を殴りつけ、リプリーの肩を叩いて無言で慰めます。
別の部屋には、寄生されて胸からエイリアンが飛び出た後、死んだ遺体を無造作に置いてある部屋もありました。そこにまだ胸から出ていない眼鏡をかけた男性ラリー・パーヴィスがいました。
リプリーはラリーの匂いを嗅ぎ、「体内にアレがいる」と言います。エイリアンに寄生されていると知ったラリーは半狂乱になりますが、コールが連れて行こうと言いました。孵化する前なら、手術で切除可能だからです。
冷却水タンクが開けられ、水が浸水しているエリアがありました。車椅子の男性・ブリースをクリスティーが背負って移動します。
完全に浸水している区域があり、そこは潜水で移動しました。最後を守る女性・ヒラードが、水かきのついたエイリアンに追いつかれ、連れていかれます。
張られた膜を破って水面に出ると、その周囲には卵が産みつけられていました。エイリアンの罠です。
ドレッドは弾の跳ね返る角度を計算し、天井に銃弾を撃って卵を焼き払いました。
「銃を貸せ」とレン博士に言われ、素直に渡したコールをレン博士が撃ちます。胸部を撃たれたコールは水に落ち、レン博士は自分だけ扉を開いて逃げました。
エイリアンの強酸性血液を浴び、はしご段の途中で気絶したクリスティーに代わり、車椅子のブリースがはしご段を握ります。しかしクリスティーは自分が助からないと思い、エイリアンを撃った後、ベルトを外して自分だけ落ちてブリースを助けます。
はしご段の上の扉を開けたのは、コールでした。リプリー、ジョナー、ブリース、ディステファノ警備兵、ラリーは助かります。
コールは実はアンドロイドでした。これは、ベティ号のメンバーも全く知らないことでした。
今となってはアンドロイドは非常に珍しく、数体しかありません。コールはその最後の新モデルで、政府の汚い取引を知った設計士に、リプリーとエイリアンの復活を阻止するようプログラムされていました。
アンドロイドと知ったリプリーは、コールに「地球に着く前にエイリアンを殺して」と言います。コールを使ってファーザー・コンピューター(注:『エイリアン』ではマザー・コンピューターだったが今作品はファーザーに変更になっている)にアクセスしたリプリーですが、自爆に必要なだけのエネルギーが残っていないと知ります。
また手動の割り込みがあったことから、レン博士が生きていることも分かりました。
ベティ号の格納庫に近づいた際に、リプリーが床に落ち、大量のエイリアンに呑み込まれていきました。みんなはリプリーをあきらめて、先へ進みます。
格納庫に着くと、レン博士が現れました。ラリーを撃ったレン博士は、自分も乗り込もうとします。
そこへラリーの孵化が始まりました。ラリーは撃たれながらも博士に近寄り、博士の頭ごしにヘビ型のチェストバスターを生みだしました。みんなはエイリアンに弾を撃ちこみます。
ジョナー、ブリース、ディステファノ警備兵、コールが船に乗り込みました…。

床に落ちたリプリーは、エイリアンに運ばれてクイーン・エイリアンのところへ連れて行かれました。そこは今まさしく出産の時が迫っていました。

【結】- エイリアン4のあらすじ4

壁にはりつけになって繭にされたゲディマン博士が、それを見ながら喜びます。リプリーとエイリアンのDNAがまじったことで、これからは新たな出産方法ができるのだそうです。
今までは宿主(ホスト)となる人間が必要でしたが、それがいらなくなりました。クイーン・エイリアンは子宮を持ったのです。
誕生の瞬間を見せるために、リプリーは運ばれたのでした。
大きな腹のクイーン・エイリアンの腹から、人間の顔により似たエイリアンが現れます。ニューボーンです。ニューボーンは顔立ちも人間に似ており、ぬめっとしているものの人間の皮膚に似たものに覆われており、血液の色は赤でした。
生まれたニューボーンはクイーン・エイリアンを見ますが、母親だと思わなかったようで(確かに似ても似つかない)、いきなり産みの親のクイーン・エリザベスを殺します。
振り返ったニューボーンはリプリーを見て匂いを嗅ぎ、母と思ったようでした。リプリーの顔を長い舌で舐めまわします。
それを見て狂喜乱舞したゲディマン博士は、うるさいので頭をがぶっと噛まれました。その隙にリプリーは逃げ出します。

始動したベティ号は離陸態勢に入りますが、リプリーが来たのを知ったコールが待ってと言います。離陸間際のタラップを跳び、ぎりぎりリプリーは乗船しました。
船長や操縦士を欠いたメンバーでは、離陸をしたものの、操縦の方法が分かりません。対照的にリプリーは生前は宇宙飛行士だったので、操縦方法はお手のものです。年齢が古い貨物船だったのも幸いしました。
背後のハッチが開いているため、コールが閉めに行きます。手動で閉めていると、ニューボーンが現れました。ニューボーンも乗り移っていたのです。
手伝いに現れたディステファノ警備兵は、ニューボーンに頭を握り潰されました。コールも怯えます。
いつまでも戻ってこないので、リプリーがやってきました。その間、ジョナーとブリースが慣れない操作で操縦します。
ニューボーンが自分のあとをついてベティ号に乗船したと知ったリプリーは、しかしニューボーンの残虐性も知っているので、生かしておくわけにはいかないと判断します。
リプリーはニューボーンをハグし、撫でてやさしく話しかけながら、ハッチの周囲を観察しました。そして窓ガラスがあるのを見つけます。
自分の右手を傷つけて血を出したリプリーは、その血を窓ガラスに散らせました。窓にひびが入り、小さな穴が開いて空気が漏れ始めます。
コールとリプリーは倉庫の鎖に掴まりました。ところがニューボーンは何も知らず、吸われて窓の穴にくっつきます。
穴に吸われたニューボーンの体内から、少しずつ外へ体液が出ていきました。血は赤です。
それを見ているリプリーは、わが子(厳密には孫か曾孫くらい)を失うようなつらさを味わいます。「悲しい子」「許して」と言いながらも、その悲しみに耐えました。
ニューボーンから体液が出て、内臓も出た後は、最後に頭蓋骨が残り、それも吸い出されていきました。
エイリアンを多数搭載したオリガ号は、大気圏に入る前に宇宙圏で爆発しました。
ベティ号は大気圏に突入し、窓の外に一面の雲の景色が広がります。
操縦席では生還できた喜びのあまり、ジョナーとブリースが男同士でキスしていました。
コールとリプリーは、共に窓から地球の景色を見ます。太陽のオレンジ、雲の白、海の青…それを見たコールは「美しい。こんなに美しいなんて」と感嘆の声をあげた後、リプリーに「これからどうなるの?」と聞きます。
リプリーはコールに「さあ(分からない)。私にも初めての星よ」と答えました。昔のリプリーならば「生きて戻った」なわけですが、今のリプリーはクローンですので、初めての星になるのです…。
(完全版では、地上に降り立つところまで描かれる。空から見た地球は美しかったが、地上に降りてみると、すっかり荒廃したパリの街並みなのが皮肉な演出。また完全版ではこの先、リプリーが軍部に追われることを示唆している)

みんなの感想

ライターの感想

今作品も非常に見どころが多い作品。
まず有名なバスケのシーン。超ロングシュートは、シガニー・ウィーバーがなんと一発で決めてます。これほんとです。CGじゃないのです。
大きなお腹のクイーンも見どころですが、水かきがついて水中をすいすい泳ぐエイリアンも今作初登場。
さらに最後にニューボーンの誕生!
ニューボーンの最期は…涙なくしては見られません。ニューボーン自身が悪いわけではないのに、殺さねばならないリプリーのつらさも伝わってきます。
シリーズものはヒットして続編が作られると劣化していくものなのですが、『エイリアン』シリーズはどれもすばらしい。ぜひ視聴してもらいたい。

映画の感想を投稿する

映画「エイリアン4」の商品はこちら

エイリアン4 [DVD]