「エボリューション」のネタバレあらすじ結末

SF映画

エボリューションの紹介:、2001年のアメリカ映画。隕石に乗って宇宙からやってきた生命体によって巻き起こされた喜劇を描くSFコメディである。
監督は『ゴーストバスターズ』『キンダガートン・コップ』などのアイヴァン・ライトマン。テレビシリーズ『X-ファイル』のエイリアン絡みの陰謀と戦うモルダー捜査官役で有名なデイヴィッド・ドゥカヴニーが、再びエイリアンと戦う主人公を演じたことで話題となった。

映画「エボリューション」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「エボリューション」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

エボリューションの主な出演者

アイラ・ケイン(デイヴィッド・ドゥカヴニー)、アリソン・リード(ジュリアン・ムーア)、ハリー・ブロック(オーランド・ジョーンズ)、ウェイン(ショーン・ウィリアム・スコット)、ウッドマン将軍(テッド・レヴィン)、ルイス知事(ダン・エイクロイド)

エボリューションのネタバレあらすじ

【起】- エボリューションのあらすじ1

ある日、宇宙からやってきた隕石が大気圏で爆発し、一番大きな破片がアメリカに向かって落ちていきました。
アリゾナ州の砂漠では、消防士志望の青年ウェインが自主訓練をしていましたが、そこに隕石の破片が落下しました。
近くのグレン・キャニオン短期大学に勤める生物学教授のアイラ・ケインと地質学者ハリー・ブロックは、政府の依頼も受けず勝手に隕石の調査のため落下地点を訪れます。現地では警官たちが警護をしていて、足止めを食らったウェインがむくれていました。彼が消防士の試験のため立ち去ってから、アイラとハリーは隕石がめり込んだ地面の穴に中に入っていきます。隕石からは不思議な液体が出ていました。
大学に戻ったアイラはさっそく採取した液体を分析しました。すると液体は単細胞の微生物で、猛烈な勢いで分裂・増殖していきました。ハリーは自分が顧問を務めるバレー部の試合に出かけましたが、アイラは彼のもとに行って自分たちが発見したのがエイリアンであると伝えました。
ノーベル賞ものの大発見だと研究室に戻った二人ですが、そこにいたのは多細胞生物でした。アイラは自分たちが発見したのは、猛烈な勢いで進化する生物だと気づきます。
アイラとハリーは学生たちを連れ、野外実習という名目で隕石の回収に向かいます。隕石の周囲は、既にキノコのような原始的植物や虫にまで進化した宇宙生物がびっしり蔓延っていました。虫のサンプルを採取したアイラとハリーですが、その生き物はみるみるうちに増殖していきます。彼らはこの期におよんでも政府には秘密にして、研究の成果を独占しようと考えていました。
一方、消防士の試験に落ちたウェインは、プール掃除のアルバイトをしていましたが、そのプールの浄化槽にあの宇宙生物が侵入し、魚類にまで進化していました。

【承】- エボリューションのあらすじ2

再び隕石の落下地点を訪れたアイラとハリーですが、すでにそこは軍の管轄下に置かれていました。彼らは口八丁で入り込もうとしましたが、警備の兵士がアイラに怨みを持っていて、あやうく撃ち殺されそうになります。
責任者のグッドマン将軍はかつてアイラが勤めていた陸軍伝染病研究所の上官で、彼らはアイラが事件の隠蔽を企んでいたことも気づいていました。軍と協力している疾病管理センターのアリソン・リード博士も、アイラたちの無謀さを責めて彼らを排除しようとします。
アイラとハリーは調査から閉め出されたことが不当だと裁判に訴えましたが、グッドマン将軍とアリソンは軍の研究所いた頃アイラが作ったワクチンのせいで、大勢の兵士たちが深刻な副作用に襲われたことを指摘します。結局、二人は敗訴して調査に関われなくなりました。
落胆して大学に戻った二人ですが、そこも軍によって荒らされていて研究資料はすべて持ち出されていました。
あきらめきれない二人は夜中にこっそり隕石の落下地点に侵入します。二人は防護服を着て、軍によって厳重に隔離した地下へと侵入していきました。そこはさらに進化した様々な生き物たちが大量に繁殖しています。ところがアイラたちの侵入は速攻でバレて、アリソン相手の性的なジョークを口にしているところまでばっちり監視カメラとマイクに捉えられてしまいます。
さっそくアリソンが部下とともにアイラとハリーを捕まえようとしましたが、アイラとアリソンが口論をしていた時、ハリーが昆虫に進化した宇宙生物に襲われ、体内に侵入されてしまいます。ハリーは研究室に運ばれ、無事に肛門から宇宙生物を摘出されました。
その頃、街のカントリークラブではパーティが行われていましたが、招待客が池から現れたワニのような生き物に襲われて引きずり込まれるという事件が起きていました。その会場ではウェインがバイトをしていました。

【転】- エボリューションのあらすじ3

軍の研究施設では、アリソンがアイラに事情聴取をしていました。実はアイラの科学者としての才能を認めているアリソンは、どうしてこんな無謀なことをしたのかと訊ねます。アイラは、軍に見放されくさっていたからだと答えました。
翌日、ウェインがアイラとハリーの研究室を訪れます。彼はバイト先で見つけた生き物の死骸を持ってきていました。ウェインによると、招待客を殺したその生き物は、職員たちに追い回されてあっさり死んでしまったということです。宇宙生物は酸素の多い地球の環境にはまだ適応してないのです。
その頃、近くの町でも民家に侵入してきた生き物によって住人が被害を受けるという事件が起きました。そのカエルのような生き物もあっさりと死んでしまいます。
アイラはウェインから聞いた事をアリソンに伝え、街を封鎖するよう言いました。アリソンはあまり真剣には受けとめませんでしたが、グッドマン将軍に進言すると答えます。
町のレストランで食事をしているハリーとウェインのところにアイラが来た時、近くにいた警官の無線に召集がかかります。消防士マニアのウェインは、その無線のコードが動物の襲撃を意味していると気づきました。アイラたちもさっそくそちらに向かうことにします。
民家でカエルのような生き物の死骸を調べていたアイラとハリーですが、その時、ウェインが二人を呼びに来ました。彼が案内した先には大量の翼竜が死んでいます。ハリーは地下のトンネルを通じて宇宙生物たちが周辺地域一帯に出てきていると推測します。その時、まだ息のあった翼竜が口から胎児を生みました。それはさらに進化していて、地球の大気でも呼吸できるようになっていたのです。翼竜はたちまち飛び出して、ショッピングセンターに向かいました。
アイラ、ハリー、ウェインの3人はショッピングセンターに向かうと、売られている銃を使って翼竜を倒しました。
調子に乗った3人は歌いながら車で走って行きました。

【結】- エボリューションのあらすじ4

事件のことはマスコミを通じて大変な騒ぎとなり、ルイス知事が現地を訪れます。知事は軍が事態を秘密していることを責めました。アリソンは早急に手を打たないとエイリアンの繁殖によって人類が絶滅すると伝えました。そこにアイラたちもやってきて、知事に事態の収拾を訴えます。
彼らが話をしている間にもエイリアンはさらに進化し、既に霊長類にまで達していました。封鎖を破って地上にまで出現したエイリアンをなんとか倒した将軍は、ナパーム弾を使うことを決定し、知事もそれを承認します。アイラはその決定に不安を示しましたが、将軍によって追い出されました。大学に戻ろうとするアイラたちに、将軍の強引さにうんざりしたアリソンもついてきます。
周辺地域一帯に避難命令が出され、大学では学生たちのらんちき騒ぎが起きていました。研究室に戻ったアイラたちですが、ハリーが投げ捨てたマッチの火が宇宙生物のサンプルに触れた途端、猛烈な進化が発生しました。エイリアンは熱エネルギーによって猛烈な進化をするのです。軍が行うとしているナパーム攻撃は、彼らに栄養を与えるようなものでした。そのことを将軍に伝えようとしても、まったく取り合ってもらえません。
アイラはアリソンの着ているTシャツに書かれた元素周期表を見ているうち、珪素系生物であるエイリアンにとってセレンが弱点であることに気づきます。彼らは硫化セレンが主成分であるフケ取りシャンプーを使ってエイリアンを倒す作戦を思いつきました。
アイラたちは学生たちの協力によってフケ取りシャンプーを大量に集め、ウェインが調達してきた消防車に満載して、地下トンネルから隕石落下地点に向かいました。
ところが将軍が予定より早くナパーム攻撃を始めたせいで、隕石周囲のエイリアンは猛烈な勢いで増殖を開始ました。地面が割れ、巨大に成長したエイリアンが姿を現します。そのあまりの大きさに軍の攻撃はまるで通用しません。さらに分裂を起こし、増殖をしようとしています。
呆然とその様子を見ていたアイラたちでしたが、ウェインがシャンプー作戦を続行することを提案しました。彼らは消防車で巨大エイリアンの体の下に入り込むと、排泄口からシャンプーを送り込みました。効果はテキメンで、たちまち巨大エイリアンは爆発してしまいます。
一同は無事に脱出し、アイラはアリソンとキスします。彼ら全員がマスコミの前で知事の賞賛を受けました。
その後、アイラ、ハリー、ウェインの3人はフケ取りシャンプーのCMに出演するようになったのでした。

関連する映画

SF映画

みんなの感想

ライターの感想

B級SFホラーとしてはものすごくありふれた王道パターンの作品ですが、さすがコメディ映画の名匠アイヴァン・ライトマン監督だけあって、全編軽いタッチで気楽に観られます。急速に進化するエイリアンということで、単体としてのキャラが立ってないのはモンスター映画としてはちょっと残念なところですが、SFコメディとしては成立してるのではないでしょうか。

映画の感想を投稿する

映画「エボリューション」の商品はこちら