「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のネタバレあらすじ結末

オール・ユー・ニード・イズ・キルの紹介:2014年公開のアメリカ映画。桜坂洋による日本のライトノベル『All You Need Is Kill』を原作に、トム・クルーズ主演のSFアクション映画。何度も同じ日を繰り返す男が、現状を打破する話。

この映画を無料で観る

予告動画

オール・ユー・ニード・イズ・キルの主な出演者

ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)、リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)、ファレウ曹長(ビル・パクストン)、カーター博士(ノア・テイラー)、ナンス(シャーロット・ライリー)、スキナー(ジャナス・アームストロング)、ブリガム将軍(ブレンダン・グリーソン)

オール・ユー・ニード・イズ・キルのネタバレあらすじ

【起】- オール・ユー・ニード・イズ・キルのあらすじ1

近未来…。
地球に謎の侵略者「ギタイ」の攻撃を受け、滅亡の危機に立たされていました。ギタイは金属製のイソギンチャクの形をしています。
人類側はこれに対しUDF(統合防衛軍)を結成し、ハイテクな機動スーツを着用して戦います。
UDFはヴェルダン戦でめざましい活躍をした女性の英雄・リタを掲げ、ケイジ少佐は主に広報活動をしていましたが、ロンドンのブリガム将軍により最前線に送られました。
ケイジはJ分隊に所属し、ファレウ軍曹の指揮のもと、スーツの操作方法すら教わらない状態で任務に当たります。しかし多数のギタイによりリタも死に、ケイジも戦死しました。 この映画を無料で観る

【承】- オール・ユー・ニード・イズ・キルのあらすじ2

しかし気づくと再びケイジは出撃前の状態に戻ります。
ケイジは死ぬと同時に記憶が出撃前に遡るタイムループに陥りました。ケイジは幾度も戦場での経験を繰り返し、徐々に攻撃力を高め生きる時間を長引かせます。
ある時戦場でリタに「出撃前の私に接触して」と言われたケイジは、リタも以前に同じ経験をしたことを知りました。リタはカーター博士と共にギタイを研究しています。
多数いるギタイは本来は1つの有機生命体で、「アルファ」という大きなギタイが「オメガ」と呼ばれる本体との通信役をしていました。

【転】- オール・ユー・ニード・イズ・キルのあらすじ3

ケイジは最初に出撃した時にアルファの青い体液を浴びてタイムループの能力に目覚めたのです。リタはヴェルダン戦で能力が目覚めましたが、負傷して輸血した際に能力を喪失しました。
オメガは同調に気づくと幻覚を見せ、それがオメガの居場所の手掛かりになります。ケイジはその幻覚を見ますが、オメガが流した偽の情報でした。
カーター博士が作り没収された逆探知装置を奪いに、ケイジはブリガム将軍のもとに辿り着き、装置を取り戻します。
オメガの居場所はパリ・ルーヴル美術館の地下と突き止めますが、直後ケイジは負傷して輸血され、能力を喪失しました。もう死ぬことは許されません。

【結】- オール・ユー・ニード・イズ・キルのあらすじ4

ケイジはリタと協力して事情を説明し、J分隊を味方につけます。そしてパリに乗り込んでオメガと戦い、手榴弾でオメガを倒しました。これによりギタイは殲滅されます。
オメガと心中したケイジですが、オメガの青い体液を浴び、再びタイムループの能力が目覚めます。
ケイジはブリガム将軍に会う直前まで遡ります。
その世界では、人類はギタイに勝利していました。ケイジたちがオメガを倒したためです。
ケイジは戦地に赴き、リタに会いに行きました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の商品はこちら