「カウボーイ&エイリアン」のネタバレあらすじ結末

SF映画

カウボーイ & エイリアンの紹介:2011年公開。19世紀のアリゾナでカウボーイがエイリアンに立ち向かう姿を描いた作品。監督は「アイアンマン」シリーズのジョン・ファブロー、制作には「プライベート・ライアン」のスティーヴン・スピルバーグ。出演は007シリーズで6代目ジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグ、「ブレードランナー」のハリソン・フォードほか。

予告動画

カウボーイ&エイリアンの主な出演者

エラ・スウェンソン(オリビア・ワイルド)、ジェイク・ロネガン(ダニエル・クレイグ)、ウッドロー・ダラーハイド大佐(ハリソン・フォード)、エメット・タガート(ノア・リンガー)、ドク(サム・ロックウェル)、パット・ドーラン(デイヴィッド・オハラ)、パーシー・ダラーハイド(ポール・ダノ)

カウボーイ&エイリアンのネタバレあらすじ

【起】- カウボーイ&エイリアンのあらすじ1

1873年のアリゾナの荒野でジェイクは目を覚まします。腹部には怪我があり、記憶はありません。軽い服しか着ておらず、手元にあったのは1枚の女性の写真です。また、左手に謎の腕輪をしていて外れませんでした。
ジェイクの前に賞金首狙いの男達がやってきます。ジェイクを賞金首と思った彼らは襲い掛かりますが、やられてしまいます。ジェイクは彼らの服や帽子、銃をはぎ取って近くの町まで行きます。
誰もいない家に入って顔を洗っていると牧師が銃を突き付けてきます。何もわからないジェイクが説明すると、牧師が腹部の傷の手当をしてくれます。
家の外では町を牛耳っているダラーハイド大佐の息子のパーシーがバーの店主ドクを脅しています。大佐のはからいで町は何とかやっていたので、誰も文句が言えなかったのです。
酒を無料で飲んで店を壊そうとするので、ドクはやめてほしいと頼みます。パーシーは金を住民から集めようとします。その様子を見ていたジェイクにも言ってきます。
ジェイクはパーシーを金蹴りして、怒ったパーシーは銃を撃ちます。保安官補にあたってパーシーは捕まります。

【承】- カウボーイ&エイリアンのあらすじ2

パーシーの御守を任されているナットが大佐に知らせに行きます。大佐はというと、牛の世話を任せていた部下達の二人が牛ごと消えていて激怒します。残った一人は光が見えたら消えたと意味の分からない発言をしています。
ナットが到着して大佐は町に向かいます。残った一人を馬に縛り付けて放り出します。
ジェイクはドクの妻マリアから酒をおごってもらいます。そこでエラという女性がジェイクに話しかけてきます。
すると保安官達がジェイクの顔が賞金首であることに気づいてやってきます。捕まえようとしますが、ジェイクにたちまちやられてしまいます。しかし、エラが最後にどついてジェイクは気絶して捕まります。
パーシーとジェイクは馬車に乗せられて連邦保安官に引き渡しに連れていかれます。そこに大佐が現れて交渉しにきます。
遠くの方から明かりが近づいてきます。そして宇宙船がやってきて町を破壊して、人々を連れ去っていきます。
保安官やマリア、パーシーも捕まります。保安官の息子のエメットはエラに助けてもらいます。ジェイクは腕輪が光るのを確認すると、銃へと変形して宇宙船をやっつけます。
墜落した宇宙船の中には何もいませんでした。しかし、エイリアンが人を殺して北へ逃げていくのを見かけます。

【転】- カウボーイ&エイリアンのあらすじ3

大佐と町人は朝を待ってさらわれた人々を助けに向かいます。ジェイクは少しだけ記憶が戻って家に帰ります。そこで大佐から奪った金貨と妻と一緒にエイリアンに連れ去られたことを思い出します。
大佐は金貨を強奪したジェイクを嫌っていましたが、腕輪の武器は役立つため一緒にエイリアンの後を追うことにします。
雨が降ってきて、逆さまになっている大きな船の下で一晩過ごすことにします。そこにはエイリアンが潜んでいて、エメットが捕まりそうになります。牧師が助けようとして殺されてしまいます。
ジェイクが追い払うことに成功します。翌日、牧師を土の中に埋めてお祈りをします。町人はおじけついて大半が帰って行きます。
進んでいるとジェイクの元部下達に囲まれます。ジェイクはキャンプまで案内するように言います。そこでは新しいリーダーがいて、ジェイク達は殺されそうになります。
しかし、ジェイクの腕輪が反応して皆逃げ出します。すると宇宙船がやってきて攻撃してきます。エラがさらわれてしまって、ジェイクが助け出します。しかし、エラは重傷を負ってしまいます。
大佐達がいる所まで抱えて運びますが、エラは死亡していました。すると部族達に囲まれてジェイク達は捕まります。エラはたき火の中に入れられてしまいます。

【結】- カウボーイ&エイリアンのあらすじ4

ジェイクと部族達がもめています。するとエラが火の中から復活して歩いてきて、場が静まります。
エラは他の惑星からきていて、今地球にいるエイリアンから被害を受けた生き残りでした。エイリアンが金を欲しがっていることを彼女から聞きます。
部族達はジェイクの記憶を取り戻す儀式を行います。ジェイクは写真の女性が妻で、さらわれてエイリアンに殺されたことを思い出します。そして腕輪を奪い取ってエイリアンの基地から逃げたことを思い出します。
エイリアン達の基地が分かって部族達と向かいます。部族達も仲間をさらわれていたのです。ジェイクの元部下達の生き残りも交渉して戦いに加えます。
基地の外に爆弾を仕掛けて爆破させ、エイリアン達を外におびき出します。大佐と部族が戦っている間に、ジェイクとエラが内部に侵入して人々を助けに向かいます。
人々を救出して外に案内します。するとエイリアン達に気づかれて戦闘になります。戦闘後、エラはジェイクの腕輪を爆弾へと変えるようにお願いします。
エラは一人内部まで爆弾を仕掛けに行きます。おいて行かれたジェイクはピンチになりますが、大佐が助けてくれます。
人々が外に出て来て、エイリアン達は基地ごと宇宙に帰ろうとします。ジェイクと大佐は脱出します。飛び立つエイリアンの基地は、エラが奥深い内部で自分自身事爆発して木端微塵になります。
町は金によって潤い始めます。保安官は助けてくれたジェイクを逮捕しませんでした。ジェイクは一人馬に乗って荒野に走り出してエンディングです。

関連する映画

SF映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所はカウボーイ達とエイリアンの迫力ある戦闘シーンです。エイリアンの基地内部に潜入して、大量のエイリアンが襲ってくる場面があります。ジェイクの腕輪が反応して、銃へと変形して連続で倒していく迫力のシーンは必見です。
また、大佐達や部族達とエイリアンとの戦いも面白いです。カウボーイならではのロープや銃、部族ならではの弓矢で戦っていきます。驚異的な力を持つエイリアンにそれらで命がけで戦うシーンは興奮してしまいます。
エイリアンの恐ろしさを引き立てているシーンがあります。それはエメットとジェイクが襲われる場面なのですが、エイリアンのお腹の中から手がでてきます。あの気持ち悪さと恐ろしさと言ったら言葉が出てこなくなります。
印象的だったのはジェイクのカウボーイとしての誇りを随所に見られた事です。エラをエイリアンから救い出して、川に落ちた場面では、びちょびちょに濡れた帽子をすぐにひろって被ります。
また、エイリアンの基地から急いで脱出した時も落ちた帽子をすぐに拾います。どんな状況でもカウボーイのイメージである帽子を被るジェイクに、カウボーイの誇りを感じました。
最後まで見終わって、カウボーイとエイリアンが戦うという斬新な映画で楽しめました。最初はいがみあっていたジェイクや大佐達、部族達が協力して戦う姿には感動させられました。また見たいと思える作品でお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「カウボーイ&エイリアン」の商品はこちら