「ガメラ3 邪神(イリス)覚醒」のネタバレあらすじ結末

SF映画

ガメラ3 邪神(イリス)覚醒の紹介:1999年公開の日本映画。平成ガメラシリーズの第3作で、前作2作品を受けた完結編にあたる。ガメラに両親を殺された少女の憎しみが生んだ怪生物と、ガメラの壮絶な戦いを描いた作品。

ガメラ3 邪神(イリス)覚醒の主な出演者

長峰真弓(中山忍)、比良坂綾奈(前田愛)、比良坂綾奈〔4年前〕(前田亜季)、草薙浅黄(藤谷文子)、守部龍成(小山優)、朝倉美都(山咲千里)、倉田真也(手塚とおる)、大迫力(螢雪次朗)、守部美雪(安藤希)、日野原繁樹(堀江慶)

ガメラ3 邪神(イリス)覚醒のネタバレあらすじ

【起】- ガメラ3 邪神(イリス)覚醒のあらすじ1

レギオンとの戦い(前作参照)から3年後の1999年…。
ガメラが巨大レギオンを倒す時に放ったウルティメイト・プラズマは、地球上の生命エネルギー・マナを使っていました。そのため地球環境のバランスが崩れ、世界各地で巨大怪鳥ギャオス(1作目参照)が大量発生します。
奈良県南明日香村の親戚の家で弟と暮らす綾奈は、4年前のガメラ対ギャオスの東京での戦いで両親を亡くし、以来ガメラを憎んでいました。
村に古くから伝わる神獣「柳星帳」の祠の封印を解いた綾奈は、そこで謎の卵を見つけます。
ある日、渋谷に数匹のギャオスとガメラが出現し戦います。ガメラはギャオスを倒しましたが、渋谷は壊滅的打撃を受けました。

【承】- ガメラ3 邪神(イリス)覚醒のあらすじ2

テレビでそれを見た綾奈はガメラへの憎悪を強くし、その時、祠で謎の生き物が覚醒しました。謎の生き物に、綾奈は以前飼っていた愛猫のと同じ名前・イリスと名付け育てます。
イリスは急成長し、綾奈を巻き込んで繭を作りました。綾奈に思いを寄せる龍成が病院に運んで、綾奈は助かりますが意識不明となり、イリスは行方不明になります。
前回のギャオス発生以来研究を続けていた鳥類学者・真弓は、元警部補・大迫やガメラと意識を通わせられる少女・浅黄と共に奈良に行き調査しました。その結果、イリスはギャオスの変異体だと分かります。
イリスと綾奈の関係が、ちょうどガメラと浅黄とのように精神の交流があると目されました。

【転】- ガメラ3 邪神(イリス)覚醒のあらすじ3

内閣情報調査官・朝倉とゲーム作家・倉田が綾奈を京都へ移送します。朝倉と倉田はギャオスによる人類破滅シミュレートを研究していました。真弓・大迫・浅黄は朝倉と倉田を説得します。
しかし時既に遅し、綾奈を追ってイリスが京都に出現し暴れ始めました。ガメラも現れます。
ガメラとイリスは激しい戦闘を展開しました。先の渋谷でのギャオス対ガメラの戦いで、ガメラは口から強力な火炎・プラズマ火球を発しており、日本政府はガメラを危険視しています。
ガメラはイリスだけではなく日本政府からも攻撃を受け、ピンチに陥りましたが、なんとかイリスを倒しました。

【結】- ガメラ3 邪神(イリス)覚醒のあらすじ4

龍成は古代から家に伝わる神剣を使い、綾奈とイリスの繋がりを断ちきります。綾奈は助かりました。
ガメラに命を救われた綾奈は、ガメラが地球の守護神であったことを知ります。
イリス撃退により、日本に平和が戻ってきたかに思われました。
…しかし。日本上空には、世界中の巨大ギャオスの群れが続々と飛来してきていました…。
(ギャオスはガメラと宿敵の関係です。ギャオスはガメラへリベンジするため、前回の戦い以降、数を増やして戦いの準備を進めていました。ガメラはイリスとの戦いに勝利しましたが、自衛隊のミサイルでかなり弱っています。この先日本がどうなるかは分かりません…)

みんなの感想

ライターの感想

ガメラの戦いに巻き込まれる形で家族を失った少女の情念が、ギャオスの変体である、怪獣イリスになる過程のストーリーが、単なる怪獣映画の魅力に加えて、ジュブナイルものとしての魅力を与えています。また、アクションシーンで見ごたえがあるのが、ラストシーンの京都でのバトルです。
京都の駅ビルをガメラとイリスが戦うのですが、日本特撮の最高峰ともいえるできで、このての特撮特有の、建物をぶっ壊していく、感覚がたまりません。

映画の感想を投稿する

映画「ガメラ3 邪神(イリス)覚醒」の商品はこちら