「クローバーフィールドHAKAISHA」のネタバレあらすじ結末

クローバーフィールド/HAKAISHAの紹介:2008年公開のアメリカ映画。「M:I:III」やテレビドラマ「LOST」のJ・J・エイブラムス製作によるSFパニック。巨大モンスターのNY襲撃をVFX映像とドキュメンタリー・タッチの演出でスリリングに描く。

予告動画

クローバーフィールドHAKAISHAの主な出演者

ジェイソン・ホーキンズ(マイク・ヴォーゲル)、リリー・フォード(ジェシカ・ルーカス)、マレーナ・ダイヤモンド(リジー・キャプラン)、ロブ・ホーキンズ(マイケル・スタール=デヴィッド)、ベス・マッキンタイアー(オデット・ユーストマン)、ハッド(T.J.ミラー)

クローバーフィールドHAKAISHAのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①5月22日の夜、アメリカ・ニューヨークの都心部を巨大な生物が襲う。ロブの昇進&日本行きの送別会が開かれたマンハッタンのビルで事件に遭遇した兄・ジェイソン、その恋人・リリー、撮影者・ハッド、ハッドが思いを寄せるマリーナらは逃げ始めた。 ②ロブの恋人・ベスが自宅アパートに取り残されていると知ったロブは迎えに行く。避難に成功したのはリリーのみ。

【起】- クローバーフィールドHAKAISHAのあらすじ1

〝合衆国 国防総省 事件のデジタル記録 暗号名:クローバーフィールド
カメラ回収地点:かつてNYのセントラル・パークと呼ばれたところのVS-447地区〟
(この映画は「かつて幸せだった頃のロブとその恋人・ベスがデートする様子を収めたテープの上に、上書きする形で録画された形式を取っている。そのため、一時停止した折などにデートの様子が一部ちらっと映りこむ)
アメリカ、ニューヨーク州ニューヨーク。
4月27日、AM6:41。
ベス・マッキンタイアーの家で目覚めたロブ・ホーキンズは、ベスの寝顔を撮っていました。録画を知ったベスは「ネットに流すつもりでしょ」とたしなめます。
ベスの父が出張で留守なので、ロブはベスの家に泊まりました。
朝食を摂った2人は、ベスがコニーアイランド(ブルックリンの南にある地区)を知らないことで盛り上がります(これが幸福だった頃の名残り映像で、この後2人がコニーアイランドで楽しく過ごす映像がところどころで少しだけ映る)。
…5月22日、PM6:43。
ロブは仕事で昇進し、日本へ行くことになりました。今日がその送別会の日で、パーティー会場はマンハッタンのビルのワンフロアーを借りて行なわれます。
ロブの兄・ジェイソンは送別会の様子を記録しようと録画を開始しましたが、ロブの男友達・ハッドにカメラをすぐに渡すと、代わりに撮影するよう頼みました。
ハッドは会場内を回り、日本へ行くロブへのメッセージコメントを集めて回ります。
・ロブ…日本へ行く予定。ベスとの仲は微妙。ロブの方はベスが好き。
・ベス…ロブと両想いでベッドインしたつもりだが、ロブが日本行きを黙っていたことで遊ばれたと思っている。
・ジェイソン…ロブの兄。
・リリー…ジェイソンの恋人。
・ハッド…カメラの撮影者。マリーナのことが好き。
・マリーナ…若い女性。ハッドの気持ちを知らない。
撮影を一任されたハッドは、マリーナが会場にやってくると、お祝いコメントを集めていると言って無理やりにマリーナにコメントを求めます。
コメントは単なる口実で、それをきっかけにハッドがマリーナと仲良くなりたいだけでした。マリーナは困った様子で「ロブ…のことはよく知らないんだけど」と言って一応コメントをします。
ロブが会場に到着しました。驚いた風を装いますが、なんとなく知っていたようです。
会場は日本行きも影響してか、日本酒や寿司がメニューにあり、のれんがさがっています。
ベスにコメントを求めると、あからさまに困った様子を見せました。そのうち、ロブがベスを連れて会場の外に行くと、2人で口論しています。
なんでもロブとベスは数週間前にベッドインしたのですが、その時に日本行きの話をしていなかったからこじれているのです。
兄・ジェイソンはベスとロブとの仲を取り持ちたいと思っているようでした。
ジェイソンがロブを非常階段に呼び出して、ベスにちゃんと愛の告白をしろとしゃべっている時に、突然建物を大きな揺れが襲い、停電が起こりました。電気はすぐに復旧します。
会場のテレビには臨時ニュースが流れ、マンハッタンで地震が起きたことや、自由の女神に近い場所でタンカーが転覆したことを告げました。
その時は皆、ニュースどおり地震だと思います。ただ一部の人が「またテロかしら」と言ったことで、屋上へ様子を見に行こうという話になりました。
屋上に出ると、停電が起きている地域とそうでない地域がありました。彼方のほうで爆発が起きて盛大に火花が散っており、ジェイソンたちは非常階段を使ってビルを降り始めます。

【承】- クローバーフィールドHAKAISHAのあらすじ2

地上に降りると、近くの建物に巨大な何かが落ちてきました。それはなんと、ニューヨークの女神の頭部です。
何かの足がビルの間に見えると、次の瞬間には建物が根こそぎ崩れ、砂嵐が押し寄せてきました。視界が全く見えなくなったので、一同(ロブ、ジェイソン、リリー、ハッド)はコンビニに避難します。
再び外に出ると、周辺は火災と砂ぼこりで、皆はせき込みました。マリーナが歩いてやってきて合流します。
何が起きたか分からない一同は、ビルの隙間に見えた巨大な足らしきものを確認するために、一度録画を停止して確認します。
(ここでぶつっと切れてロブとベスのデートが映る)
「大きくて巨人みたい。見たことある」と皆は言います。
マンハッタンを出てブルックリン橋へ行こうということになりました。道中救急車も出動し、かなり混乱しています。
橋を渡っている最中、ほかにも携帯で撮影している人がいました。ふとみるとニュースどおり、自由の女神像のほとりでタンカーが転覆しています。
ロブにベスから電話がかかってきました。ベスはパーティーを途中で抜けて自宅に帰っており、そこで事件に遭遇して動けなくなっていると言います。ここで一度電話が切れました。
電話の途中で頭上をヘリが飛び、橋の下にいた人たちが逃げています。リリーが「逃げて」と言い、直後、橋が何かのしっぽに当たって中央から崩落し始めました。
橋の崩落に巻き込まれ、ロブの兄・ジェイソンが亡くなります。
ロブはベスに電話をかけようとしますが、携帯が電池切れを起こしていました。ロブは家電店へ駆け込みます。
皆が付いて行くと、家電店のテレビでは先ほどの橋崩落のニュースを流しており、ニューヨークに強制避難命令が出たことが報じられていました。この映像で、生き物の姿が分かります。
それは高層ビル並みの大きさの、爬虫類に似た巨大生物でした。しっぽが太くて長く、一見すると四本足に見えますが、お腹の辺りに小さい足が四本ほど生えています。
そしてニュースが捉えた映像では、その怪物がたくさんの生き物を生み落としている光景も映し出されました。子どもは体高が50cmほど、体長は1.5mほどのクモのような生き物で、軍隊を襲っていました。
家電店で携帯の充電器を手に入れたロブは、留守電に残ったメッセージを聞きます。どうやらベスの住むアパートが倒壊し、ベス自身は何かの下敷きになっているという内容でした。
ロブはベスを助けに行くと言い出します。ベスの住むアパートはミッドタウンにあり、一番危ない場所ですが、ロブの決意は固く、皆も一緒に行動することにします。
店を出ると前方にいきなり怪物が出現しました。と思うと背後から軍隊が現れ、怪物に攻撃を仕掛けます。
驚いたロブ、ハッド、マリーナ、リリーは車の影に隠れ、地下鉄の階段をおります。途中、ハッドは転倒しました。
スプリング通りの反対側のホームに渡って階段を上がろうと考えますが、頭上を怪物が通過しているらしく、ズーン、ズーンという低い音と振動が時折聞こえます。
ロブに母から電話がありました。ロブは自分は無事だが、兄・ジェイソンが橋崩落の事故に巻き込まれたと告げます。

【転】- クローバーフィールドHAKAISHAのあらすじ3

マリーナが「私はなぜここにいるの?」と言い出します(ふと冷静になって、なぜ彼らと行動を共に危険な場所にいるのかと言った)。とはいうものの、これから別行動するのも危ないので、一緒に行動します。
地下鉄の線路を伝ってセントラルパークまで移動しようとロブとリリーが言い出し、一同は地下のレール沿いに歩き始めました。
途中、あの怪物はなんだろうとハッドが話題にします。「古代生物がクレバスから出て来たのではないか、あるいは地球外生命体だろうか…」と、ハッドが皆の落ち込んだ気持ちを盛りたてようと努力しますが、マリーナは冷たい反応で、ロブとリリーは会話をスルーします。
それでも必死でしゃべっていたハッドは、とうとうロブに注意されました。ハッドも黙ります。
物音がしたと思うと、大量のネズミが同じ方向に逃げ始めました。ちょうどロブたちが行こうとしている方向へネズミは逃げています。
暗闇の中で何かの鳴き声が聞こえたと思って懐中電灯を向けると、そこにあの小型のクモのような怪物が迫っていました。皆、全速力で逃げますが、リリーが襲われそうになり、反射的にマリーナが鉄の棒で怪物をガンガン殴ります。標的はリリーからマリーナに移ります。
地下にある一室に逃げ込んで扉を閉めました。なんとか怪物締め出しに成功します。
改めて明るい照明の下で見ると、マリーナの肩甲骨のところには肉が裂けて骨まで見えるほどの傷を負っていました。ただし幸いなことに出血はさほどありません。
自動販売機で水を買って傷口を洗い流した後、簡易手当てをしました。ハッドはマリーナにお礼を言います。
ロブ、リリー、マリーナ、ハッドは内側通路から59丁目の地上へ出ました。外が異様に明るいのは、軍隊がいるからです。
マリーナがめまいを訴え、軍隊に全員が見つかり、緊急医療場所に連れて行かれました。医療現場には大勢の負傷者がおり、中には胸に穴が開いている男性もいました。ロブはベスを助けに行くと訴えますが、やめておけと言われます。
マリーナが負傷していると知ると、別のテントに隔離されました。その後、マリーナは全身がはじけて死にます(テント越しに見えるだけで、直接の描写はなし)。
現場に撤退指示が出ました。軍隊はクモ型怪物の死骸を手に入れており、怪物の血の色は黄色でした。
避難を開始した軍人の1人は、ベスを助けに行くと言うロブに「政府はこのマンハッタン島全域を破壊するつもりだ。朝6時に40丁目の交差点で最後の脱出便が出る」と教えてくれます。
ロブ、リリー、ハッドはその場を離れました。興奮冷めやらぬ3人は、歩き始めます。
ベスのアパートの近くまで来ていました。乗り手のない馬車が目の前をゆっくり進んでいきます。
ベスのアパートは崩落しかけており、隣のビルによりかかるようにして建っていました。ベスの住む階は39階です。
ロブは、ベスのアパートがよりかかっている隣のビルに入ってのぼり、ベスのアパートに移動するプランを立てました。エレベーターは動かないので、階段を使ってのぼります。
途中、再びハッドはあの怪物の話をしました。「こういう話でもしておかなくちゃ洩らしそうだ」と言い、今度はロブも注意しません。

【結】- クローバーフィールドHAKAISHAのあらすじ4

政府があれを造ったのかもしれないとハッドは指摘します。ロブもリリーも黙ってハッドの言うことを聞いていました。
屋上に到着しました。ちょうど斜めになったベスのアパートの屋上が見えます。
飛び移れそうだと判断した3人はビルを移動しますが、ベスのアパートは建物全体が斜めにかしいでいるので、歩くのもひと苦労です。頭上を戦闘ヘリが通過していきました。
ベスの部屋に辿り着いたロブが探すと、ベスは金属の棒に肩口を貫かれて倒れています。ベスはまだ息がありました。
ロブたちは相談し、ロブとリリーとハッドの3人でベスを持ちあげて、金属棒から抜き取る作戦を立てます。
ベスに刺さった金属棒を抜いた後、手当てしていると、ベスのアパートの窓から巨大な生物の姿が見えました。ロブとリリーがベスを抱えて移動を開始します。
ベスのアパートは斜めになっているので、元のビルに戻ってから降りることにしました。屋上にあがると戦闘機が巨大生物を偵察し、攻撃している様子が見えます。
ビルの非常階段を降りはじめると、クモ型の生物がやってきました。消防用の斧を取り、ロブが撃退します。
地上に降りると巨大生物のしっぽがすぐ近くにありました。しっぽだけでも大きく、ナマズみたいな形状をしています。
巨大生物は戦車をいとも簡単に踏み潰していました。
ロブ、リリー、ベス、ハッドの4人は、最終脱出ヘリの出る40丁目の交差点まで移動します。間に合いました。
定員があと1人だったので、まずリリーのみ乗ります。
ロブ、ベス、ハッドの3人は次のヘリを待つことになりますが、そのヘリもすぐ来ました。3人は乗り込みます。
ヘリに乗って頭上から巨大生物を見ると、四足で歩行していました。前足はすごく長いです。
目の前で巨大生物が爆撃されましたが、なんのダメージも受けていません。巨大生物の前足に薙ぎ払われて、ロブ、ベス、ハッドの乗るヘリは墜落しました。
3人ともしばらくの間、気絶します。
気絶から目が覚めると、ヘリの無線から「標的はまだ生きている」という声が流れていました。怪物はまだ活動中であることと、爆撃機があと15分で到着することを3人は知ります。爆撃開始2分前にサイレンが鳴り始めるそうです。
外に出ると、朝日がのぼりかけていました。ロブは脚を骨折したようですが、ベスもハッドも無事です。
カメラを忘れたハッドが取りに来ると、頭上に巨大な生物がいました。耳の後ろに赤いえら袋のようなものがあり、ハッドが攻撃されて死にます。
ベスとロブはカメラを持って走り、公園の中にある小さな橋の下に逃げ込みました。
覚悟を決めたロブはカメラに向かって「僕はロブ・ホーキンズ。5月23日、土曜日、午前6:42。約7時間前にニューヨークを何かが襲った。セントラルパークの橋の下でいまモンスターと共にいる」と告げ、カメラをベスに渡して吹き込むよう告げます。
ベスも「私はベス・マッキンタイアー。助けを待つわ」と吹き込みましたが、その直後、爆破が彼らを襲いました…。
下に録画されていた、4月27日のデートの様子が再び表示されます。午後6:17、いい一日だったと言い合うロブとベスの姿が映っていました。
(エンドロール)無線のノイズ音と、息遣い。
(生き残ったのはリリーのみ。マンハッタン地域の爆弾投下で怪物が死滅したかは不明)

みんなの感想

ライターの感想

とにかく画面が揺れる、揺れる。でも生物はよく見せてくれた。映画の演出も悪くない。
しかしこの映画の画面の揺れは…臨場感を煽るためだろうけども、…正直つらいものがある。
私は実は視聴1回めのとき(この映画がまだ新作扱いだった頃)は、酔ってしまって途中から音声のみしか聞けなかった。
POV形式の映画をだいぶ見慣れてからチャレンジした2回めは、なんとか通して見られたが、横で夫も「酔いそう」と言っていた。
送別会してたら外でいきなり爆発音と揺れ、見たら巨大な生物がいますぜ的な展開は、本当に面白い。画面の揺れだけ、なんとかして~。

映画の感想を投稿する

映画「クローバーフィールドHAKAISHA」の商品はこちら