「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」のネタバレあらすじ結末

SF映画

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃の紹介:2001年公開の日本映画。ゴジラシリーズの第25作目で、登場怪獣はゴジラ、モスラ、バラゴン、キングギドラである。新たな設定を盛り込み、またゴジラを脅威の存在にした作品。

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃の主な出演者

立花由里(新山千春)、立花泰三(宇崎竜童)、武田光秋(小林正寛)、門倉春樹(佐野史郎)、江森久美(南果歩)、三雲中将(大和田伸也)、日野垣真人(村井国夫)、広瀬裕(渡辺裕之)、宮下防衛軍中佐(布川敏和)、伊佐山嘉利(天本英世)、官房長官(津川雅彦)

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃のネタバレあらすじ

【起】- ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃のあらすじ1

日本を襲ったゴジラを芹沢博士が撃退してから、半世紀近くが経過しました。
グアム島沖で消息を絶った米原子力潜水艦の捜索に、防衛海軍は特殊潜航艇「さつま」を派遣し、さつまは沈没した潜水艦の残骸の近くの海底でゴジラの背びれと思われる物体を目撃します。
同じ頃、日本各地で若者が続々と襲われる事件が勃発していました。新潟県にある妙高山では、暴走族が赤い怪獣に襲われて落石の下敷きになり、鹿児島県の池田湖では繭の糸に包まれた若者が発見されたりします。
BS放送局デジタルQのオカルト番組リポーター・由里は、事件が起きた場所がいずれも「護国聖獣伝記」に記される3体の聖獣が眠る場所に一致することに気づきました。

【承】- ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃のあらすじ2

3体の聖獣とは、バラゴン・モスラ・ギドラのことです。謎を解明するため、由里は伝記著者・伊佐山教授と面会しました。
由里は太平洋戦争で亡くなった人々の残留思念(怨念)の集合体がゴジラだという、伊佐山の見解を聞きます。伊佐山は、そのゴジラから大和(やまと)の国を護るために聖獣たちを覚醒させようとしていました。
由里の父である防衛軍の准将・立花は、昔ゴジラの襲来により家族を亡くしていました。さつまが目撃した背びれの報告を聞いた立花准将は、ゴジラ対策を練るべきだと軍上層部に訴えますが、黙殺されます。
とうとうゴジラが日本に姿を現します。ゴジラは静岡県焼津に上陸し、周囲の建物を破壊しつつ移動します。

【転】- ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃のあらすじ3

そこへ赤い怪獣・バラゴンが現れ、ゴジラとバラゴンは箱根・大涌谷で闘いました。しかしバラゴンは倒れます。
東へ移動したゴジラは横浜でモスラと対峙しました。そこへギドラもやってきます。
ゴジラはモスラを倒し、瀕死のモスラはギドラと合体をしてキングギドラに姿を変えますが、パワーアップしたゴジラには敵いません。
やがてキングギドラもゴジラの前に倒れました。
防衛軍もゴジラに戦いを挑みますが、人間の力では太刀打ちできません。
しかしその時、3つの聖獣が光を放ち、ゴジラを海にひきずりこみました。

【結】- ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃のあらすじ4

海中で戦いを続けるゴジラに対し、立花は今しかないと考えます。D-03ミサイル搭載の特殊潜航艇・さつまに立花は乗り込み、さつまごと、ゴジラの口の中に入り込みました。
由里は父の無事をひたすら心の中で祈りつつ、テレビ放映の中継を続けます。
体内に入り込んだ立花は、ゴジラの中でD-03を発射します。
これにはさすがのゴジラも歯が立たず、ゴジラはこなごなに吹き飛んでしまいました。
ゴジラを倒した立花と特殊潜航艇・さつまは、なんとか生還しました。日本に平和が戻りました。
しかし、東京湾内では、死んだゴジラの心臓だけが残り、まだ鼓動を打っていました…。

みんなの感想

ライターの感想

ゴジラが圧倒的な強さで蹂躙する映画です。この映画の護国三聖獣はモスラ、バラゴン、キングギドラの三体が登場していますが。バラゴンの色が変わっていて赤色になっています。
もともとの案はバラン、バラゴン、アンギラスの三体が護国三聖獣でした。予定どうりなら赤い炎のバラゴン、白い風のバラン、金の氷のアンギラスと、それぞれ色や属性が振り分けられるはずでした。その中で唯一採用されたのがバラゴンだったので、赤いのはその名残なんだろとおもわれます。
  • ネタはいいのだがさんの感想

    アイデアはいいんだけど、なんていいますか…夏場のテレビの番組で「潜入!お化け屋敷」とか、そういう類のがありますよね。で「かつてこの家で、世間を恨みながら死んでいった一家の怨霊…とでも言うのだろうか」とかなんとか言ってねw。で、別にその「恨み」とか、知ったこっちゃない訳です、他人の古ーい古い事情なんかねw。スタッフが取り憑かれたりすると問答無用で除霊したりして、わはは。BSテレビ局が…って「こういう路線で行きます」って、そういう伏線かw。
    で、「ゴジラは戦争で亡くなった戦没者たち…とでも言うのだろうか」となって、で深く考えることなく「知らねえよそんな事情」と日本の敵として強制除霊w。明るく楽しく、かつとてももったいないB級オカルトエンタメ怪獣映画に仕上げました…とでも言うのだろうか(しつこい)。

映画の感想を投稿する

映画「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」の商品はこちら