「ゴジラVSキングギドラ」のネタバレあらすじ結末

SF映画

ゴジラVSキングギドラの紹介:平成ゴジラVSシリーズの第2弾。ゴジラはビキニ環礁で巨大化した恐竜という新たな設定となり、未来人の策略により生まれた怪獣キングギドラとの壮絶な戦いが繰り広げられます。

ゴジラVSキングギドラの主な出演者

エミー・カノー(中川安奈)、寺沢健一郎(豊原功補)、三枝未希(小高恵美)、森村千晶(原田貴和子)、土橋竜三(小林昭二)、真崎洋典(佐々木勝彦)、ウィルソン(チャック・ウィルソン)、M11(ロバート・スコット・フィールド)

ゴジラVSキングギドラのネタバレあらすじ

【起】- ゴジラVSキングギドラのあらすじ1

1992年、新宿上空に突如UFOが出現します。これにはウィルソン、エミー、アンドロイドのM11といった23世紀からきた未来人が乗っていました。未来人は現代の人々に21世紀にゴジラの復活により日本が壊滅することを告げ、打開策を提案します。
打開策はノンフィクションライターである寺沢が著書内で記述した「ゴジラは1954年のビキニ環礁で行われた核実験により、付近のラゴス島に生息しいた恐竜が進化したもの」という仮説をもとにタイムスリップで当時のラゴス島に移動し元となる恐竜そのものを消し去る計画といったものです。
これを受け、寺沢を含む現代人の数名が未来人と共に1954年のラゴス島にタイムスリップします。

【承】- ゴジラVSキングギドラのあらすじ2

ラゴス島では戦時中で日本軍とアメリカ軍が交戦中。その争いにゴジラの元となる恐竜ゴジラサウルスも巻き込まれ瀕死の傷を追います。未来人はすかさずタイムマシンの機能を利用し、最後の一手として瀕死のゴジラサウルスをベーリング海にテレポートし抹消を図ります。併せて別の計画の為、テレパシーで操作可能な未来のペット3体をラゴス島に放置し、一同は現代に帰還します。

【転】- ゴジラVSキングギドラのあらすじ3

一同が帰還すると、キングギドラという怪獣が福岡に出現。これはラゴス島に放置したペットが核実験により進化したものであり、未来人はキングギドラを操り次々と日本を破壊してきます。ゴジラの脅威を消し去り、キングギドラにより日本を支配するのが未来人の本来の目的でした。現代の武器では手を付けられないキングギドラを前に突如ゴジラが出現。これはベーリング海で事後をした原子力潜水艦の核物質によりゴジラサウルスが進化したもの。ゴジラはキングギドラや未来人を倒し、その後日本を破壊し始めます。ゴジラを止めるため、唯一協力的であった未来人のエミーは事態を解決するため一度未来に帰還します。

【結】- ゴジラVSキングギドラのあらすじ4

ゴジラはその後次々と各都市を破壊し、新宿へ侵攻します。そこへ突如、メカキングギドラと呼ばれる怪獣が出現、これは未来に帰還したエミーが倒されたキングギドラの体をもベースに破損部を機械化し戦闘力をあげたものです。タイムスリップにより未来より現れたキングギドラはゴジラと死闘を開始します。苦戦するもゴジラを弱体化させ拘束し、メカキングギドラはゴジラを抱え自らの体ごと海に沈没、これで一旦の脅威は消え、エミーは未来に帰還します。
ただしエンドロールではゴジラは死んでいない描写がされ、その後の話は次作に引き継がれます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ゴジラVSキングギドラ」の商品はこちら