「ゴジラvsデストロイア」のネタバレあらすじ結末

SF映画

ゴジラvsデストロイアの紹介:1995年公開の日本映画。ゴジラシリーズの第22作目にあたる。平成vsシリーズの完結編で、ゴジラのハリウッド進出を前に、日本版のゴジラ終焉が話題となった。1954年公開の第1作「ゴジラ」の影響が強い作品。

ゴジラvsデストロイアの主な出演者

伊集院研作(辰巳琢郎)、山根ゆかり(石野陽子)、山根健吉(林泰文)、三枝未希(小高恵美)、小沢芽留(大沢さやか)、国友満(篠田三郎)、山根恵美子(河内桃子)、麻生司令官(中尾彬)、黒木特佐(高嶋政宏)、後藤陸将(神山繁)、速見惣一郎(村田雄浩)、南条(斉藤暁)、上田(平泉成)

ゴジラvsデストロイアのネタバレあらすじ

【起】- ゴジラvsデストロイアのあらすじ1

ゴジラとMOGERA(モゲラ Gフォースというゴジラ対策センターが作ったロボット兵器)との戦いから1年後の1996年…。
バース島が突然消滅し、ゴジラもリトルゴジラも行方不明になります。
約1か月後香港にゴジラが出現しますが、その姿は以前のものと異なり、全身が赤く光って赤い熱線を吐きます。
ゴジラの異変を受け、Gサミット(ゴジラサミット)は初代ゴジラを退けた山根博士(『ゴジラ』1954年参照)の養子である大学生・山根健吉を加え、会議を開きます。
バース島地下にあった高純度の天然ウランが熱水に反応した結果、ゴジラは影響を受けて体内にある炉心の核エネルギーが不安定になったのだろうと思われました。

【承】- ゴジラvsデストロイアのあらすじ2

このままだと、ゴジラはいつ核爆発を起こしてもおかしくありません。
一方、物理学者・伊集院は、酸素研究の過程で発見したミクロオキシゲンの研究をしていました。この発見で国際物理学賞を受賞し、テレビの取材を受けます。健吉の姉であるアナウンサー・ゆかりは、ミクロオキシゲンが、かつて芹沢博士が発明したオキシジェン・デストロイヤーではないかと思いました。
その予想通り、ミクロオキシゲンはオキシジェン・デストロイヤーとほぼ同じことが判明します。
台湾沖に現れたゴジラは体温が上昇しており、このままではメルトダウンするかもしれないと目されました。
その頃、しながわ水族館で魚が骨になる事件が起きます。

【転】- ゴジラvsデストロイアのあらすじ3

VTRで検証した結果、42年前に東京湾に投下したオキシジェン・デストロイヤーによって異常成育した微生物が原因であることが判明します。
その微生物「デストロイア」は巨大化し、ついに人間まで襲いました。
Gサミットは、メルトダウンのおそれがあるゴジラと、巨大化したデストロイアを戦わせる作戦を考案します。
その頃、御前崎沖にゴジラジュニアが出現します。ジュニアはかつてのリトルゴジラで、天然ウランの影響を受けて成長していました。Gサミットはゴジラジュニアをデストロイアのおとりにすることにします。
果たして、ジュニアの出現を知ったデストロイアは、ジュニアに近づいて戦い始めました。

【結】- ゴジラvsデストロイアのあらすじ4

そしてジュニアのエネルギーを吸い、デストロイアはパワーアップします。
ゴジラが現れてデストロイアを倒しますが、デストロイアは完全体に変化し、さらに巨大になるとジュニアを倒しました。
目の前でジュニアを殺されたゴジラは怒り、デストロイアを倒します。そしてゴジラはジュニアの遺体のそばで、ついにメルトダウンを始めました。放射能が臨海副都心一帯に広がります。
ついに日本はおしまいと思われたその時です。
ゴジラはそのまま消えました。その横にあったゴジラジュニアの遺体が、広がった放射能を吸います。
そして新たに進化・パワーアップしたゴジラジュニアが覚醒したのでした。

みんなの感想

ライターの感想

ゴジラVSシリーズの最後の作品です。ゴジラの死がテーマだったこともあり、この映画は第一作目とリンクする点も多いです。当初の敵は初代ゴジラの亡霊である、「ゴーストゴジラ」という案もあったようです。その死に方も監督やスタッフ達の間で議論され、結果的には自壊となったみたいです。まさにだれに倒されるわけでもなく怪獣王といわれるゴジラらしい最後になりました。
ゴジラのスーツは赤く輝くスーツのため様々なギミックが仕込まれ結果ものすごい重量になったみたいですさらにスーツアクターさんも中に充満したガスのせいで倒れる場面もあったみたいです。
  • かれっじ名無しさんさんの感想

    最後爆発して溶けて普通にゴジラ居たから
    イリュージョンかと思ったんですがジュニアだったんですね。府に落ちました。

映画の感想を投稿する

映画「ゴジラvsデストロイア」の商品はこちら