「サイン」のネタバレあらすじ結末

SF映画

サインの紹介:『シックス・センス』『アンブレイカブル』などのヒット作で知られるM・ナイト・シャマラン監督による2002年の作品。謎のミステリーサークルの出現から始まる全世界規模の異変を背景にしつつ、片田舎に住む主人公の魂の救済をテーマにした異色作。その特殊な作劇によって賛否両論を呼んだが、ミステリーサークルなどの意味深なモチーフを多用した宣伝が話題となり、全世界で大ヒットを記録した。シャマラン自身も、出番は少ないが重要な役で出演している。

予告動画

サインの主な出演者

グラハム・ヘス(メル・ギブソン)、メリル・ヘス(ホアキン・フェニックス)、モーガン・ヘス(ローリー・カルキン)、ボー・ヘス(アビゲイル・ブレスリン)、レイ・レディ(M・ナイト・シャマラン)

サインのネタバレあらすじ

【起】- サインのあらすじ1

ペンシルバニア州のバックス郡に住むグラハム・ヘスはかつて牧師でしたが、妻の死をきっかけに神への信仰を失い、義弟のメリルとともにトウモロコシ農場を経営していました。メリルはマイナーリーグで活躍した選手でしたが今では引退し、記録を出したバットを壁に飾っています。
グラハムには喘息もちの息子モーガンと、その妹で夢見がちなボーという二人の子供がいます。
ある朝目覚めたグラハムとメリルは、姿の見えなくなった二人の子供を探しに外に飛び出します。
子供たちはグラハムの経営するトウモロコシ畑に居ましたが、畑には奇妙なミステリーサークルが出来ていました。
近くに住む悪ガキたちのいたずらかと思われましたが、保安官は普通の手段によるものではないと言います。さらに保安官は、この辺り一帯で動物が凶暴化する現象が起きていると告げました。
グラハムの家でも、飼っていた犬の一匹が凶暴化し、モーガンは妹を守るために犬を殺しました。
その夜、ボーが部屋の外に怪物を見たと言ってきます。いつものことだと思ってグラハムは取り合いません。ボーは変わった子で、何故か家のあちこちに水の入ったコップを置く習慣もあります。
ボーを寝かしつけたグラハムは、屋根の上に人影があるのに気づき、メリルを起こします。近所の悪ガキだと思った二人は、大声をあげて追い払おうとしますが、人影はいつの間にか消えていました。
翌日、保安官がやってきましたが、グラハムたちは自分たちが何を見たのかきちんと説明できません。
するとテレビのニュースで、世界各国でミステリーサークルが発生しはじめたことが報道されます。テレビを観ていたモーガンは、それが宇宙人のしわざだと言いました。 この映画を無料で観る

【承】- サインのあらすじ2

グラハムたちは車で町に出かけました。モーガンの薬を買いに薬局に行ったグラハムは、一連の事件に怯えている店員から懺悔の相談を受けます。
一方、メリルは入隊の相談のために訪れた軍の基地で、ミステリーサークルが宇宙人による侵略の偵察ではないかという推測を聞かされます。
その間、モーガンは宇宙人についての本を買っていました。
一同が帰宅した時、モーガンは地下室で見つけたという玩具のトランシーバーを取り出し、宇宙人からの信号が来ていると言い出しました。
その夜、犬が騒いでいることに気づいたグラハムは、何者かの気配を感じてトウモロコシ畑に向かいました。最初は誰かのイタズラかと思っていたグラハムですが、あまりの不気味な気配に思わず逃げ出してしまいます。
家に戻ったグラハムがテレビをつけると、世界中でUFOの出現が相次いでいることがわかります。
世界の終わりを感じて怯えるメリルに、グラハムはこれがなにかのサインであると話しました。さらに、グラハムは妻が亡くなる寸前につぶやいた言葉が「見て、フルスイングして」というものだったと語ります。妻は死ぬ寸前、弟のグラハムのことを思い出したのだとグラハムは思っていました。
翌朝、目覚めたグラハムは、テレビを見ていたメリルから世界中に出現したUFOが消えたと告げられます。鳥がぶつかって落ちた事からして、透明のバリヤーを張って姿を消したと思われます。
モーガンとボーは宇宙人について書かれた本に従って、テレパシーを防ぐためのアルミホイルを頭に被せていました。グラハムがその本を見ると、自分の家にそっくりの家が宇宙人の攻撃を受けている絵が載っていました。

【転】- サインのあらすじ3

近所に住んでいる獣医のレイから電話を受けたグラハムは、彼の家に向かいます。レイはグラハムの妻が死んだ事故の張本人で、そのことをずっと悔いていたと明かします。そしてレイは、ミステリーサークルが水辺の近くには存在しないことから、宇宙人たちが水を嫌っていると言い、湖の近くに避難すると言います。別れ際、レイは家の中に一匹閉じ込めているから近づかないようにと言い残しました。
恐る恐る様子を見に行ったグラハムは、ドアの隙間から出てきた不気味な指を思わず切断し、逃げ帰りました。
一方、家でテレビを観ていたメリルは、視聴者からの投稿VTRに映る宇宙人の姿に驚愕します。
グラハムが帰宅すると、メリルも子供たちと一緒に頭にアルミホイルを巻いていました。
グラハムが湖に避難することを提案しますが、子供たちもメリルも家から離れたがりません。やむなくグラハムも、家に隠れて宇宙人の侵略をやりすごすことにしました。
テレビでは、世界各国でUFOの出現数が増えたことを告げています。それらはすべてミステリーサークルの近くです。ミステリーサークルは宇宙人の目印だったのでしょうか。
窓に板を打ち付け、立て籠もったグラハムたちでしたが、子供たちは怯えています。食事の前にお祈りを捧げるようモーガンが言いましたが、グラハムはもう祈るのを止めたと言いました。
泣きながら家族全員が抱き合った時、付けっぱなしにしていたトランシーバーが不気味な電波を受信します。テレビでは電波が止まっていて、グラハムは侵略が本格的に始まったと感じました。 この映画を無料で観る

【結】- サインのあらすじ4

外で犬たちが吠えはじめますが、すぐにその声は悲鳴とともに消え去ります。天井裏から家の中に侵入され、グラハムたちは地下室に逃げ込みます。しかし宇宙人はそこまで追いかけてきて、ドアの外から押し入ろうとしてきます。
モーガンが喘息の発作を起こし、グラハムは彼をなだめながら眠りにつきます。その夜、彼は妻が死んだ時の夢を見ました。
翌朝、グラハムが目覚めると、ラジオで宇宙人が引き上げはじめたことがわかります。宇宙人は毒ガスを使って大勢の人々を殺しましたが、弱点を攻められて逃げ出しはじめたのです。
トランシーバーに電波が入らないことを確認したグラハムたちは、宇宙人が近くいないと判断して地下室から出ます。
安心したのも束の間、一体の宇宙人がモーガンをさらおうとしました。それはグラハムによって指を切断された宇宙人でした。
その瞬間、グラハムは死ぬ直前の妻との会話を思い出します。彼女に言われた「見て」という言葉に従ったグラハムは、壁にかけられたメリルのバットに気づきました。そしてメリルに、「フルスイングしろ」と伝えます。メリルはその言葉どおりに、バットで思いっきり宇宙人を殴りつけました。倒れた宇宙人の上に、棚の上に置かれていたコップの水がかかり、宇宙人は息絶えました。
そして、喘息の発作のせいで気道がふさがっていたモーガンは、宇宙人から受けた毒ガスを吸い込まずに済んだのです。
これらのことはただの偶然ではなく、サインだったとグラハムは気づきます。
それからしばらく後、信仰を取り戻したグラハムは牧師へと復職したのでした。

関連する映画

SF映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「サイン」の商品はこちら