「ジャッジドレッド」のネタバレあらすじ結末

ジャッジ・ドレッド(2012年)の紹介:2012年公開。秩序の番人ドレッドが正義を取り戻すために戦う様を描いた作品。1995年にイギリスのコミックを映画化した作品を再映画化した。核戦争によって荒廃した世界。メガシティーに暮らす人々のために秩序を守る執行人(ジャッジ)達がいた。英雄的存在のドレッドは新人のアンダーソンの最終試験をすることに。法を犯すママをリーダーとする組織にドレッドとアンダーソンが立ち向かう。

この映画を無料で観る

予告動画

ジャッジドレッドの主な出演者

ドレッド(カール・アーバン)、アンダーソン(オリヴィア・サルビー)、ママ(レナ・ヘディ)、ケイ(ウッド・ハリス)、レックス(ラングレー・カークウッド)、トラヴィス(ドーナル・グリーソン)

ジャッジドレッドのネタバレあらすじ

【起】- ジャッジドレッドのあらすじ1

核戦争によって世界は荒廃していました。人々はメガシティーに集まって暮らしています。そこでは秩序が崩壊していて、治安を維持するために働く「執行人(ジャッジ)」達がいました。
応援を呼ぶことなく仕事をこなすドレッドは英雄的存在でした。上層部は彼に新米のアンダーソンの最終試験を任せます。
アンダーソンは超能力を持っていて、人の心が読める心強いジャッジになりえます。しかし、ジャッジの試験の合格点に僅かに及ばず、最後のチャンスとしてドレッドに試験を任せたのです。
街ではスローモーと呼ばれる麻薬が流行っていました。幻覚を起こして、周りをスローモーションに見せる効力のある麻薬です。
ピーチ・ツリーと呼ばれる建物では、「ママ」と呼ばれるリーダーが組織する者達が仕切っていました。スローモーはママが製造して密売を行っていたのです。 この映画を無料で観る

【承】- ジャッジドレッドのあらすじ2

スローモーの密売でもめ事が起こって、ママのグループは見せしめに3人をピーチツリーの上層から突き落とします。
通報を受けて、ドレットとアンダーソンが向かいます。ピーチ・ツリーには医療班の支部があり、担当者から状況を聞く二人でした。
ママの仕業だと分かり、ドレッドは密売所を見つけて乗り込みます。そこでママの部下でスローモーについて詳しいケイを拘束します。
ママはケイに事情を吐かされるとまずいと思います。部下にピーチ・ツリーのシステムを乗っ取るように指示します。成功して、ピーチ・ツリーのシャッターが全て下ります。
連行することができなくなったドレット達は、ママの部下達から報復を受けます。ドレッドは次々とママの部下を始末していきます。

【転】- ジャッジドレッドのあらすじ3

ママは建物の住人にジャッジに協力したら殺すことを知らせます。アンダーソンは住人の心を読んで、家の中に侵入して隠れます。住人から業務用のエレベーターがあることを聞きます。
ピーチ・ツリーは200階もある高層ビルでした。エレベーターを使って76階まで向かいます。医療班の支部を拠点にしようとしますが、中立のため断られてしまいます。
ドレッドは強く、ママの部下達は次々と殺されていきます。ママはシャッターを操作して、一つの階にドレッド達を閉じ込めます。
装甲車を破壊できるほどのマシンガンで階ごとドレッド達を撃ちます。住人達は虐殺されて、ドレッド達はギリギリで壁を壊して脱出します。
一区画だけ外のスケボーを遊ぶエリアがあって一時しのぎができます。一時的に外に出れたため、交信が復活して応援を要請するドレッドでした。
逃げ場が無いため、建物にドレッド達は戻ります。弾を節約しながら移動します。

【結】- ジャッジドレッドのあらすじ4

情報端末を操作していたドレッド達に子供二人のギャングが襲ってきます。その隙に拘束を解いたケイがアンダーソンを捕まえてエレベーターに乗ります。アンダーソンはママの所に連れて行かれ、拘束されます。
ママは金でジャッジを4名雇います。そしてドレッドを殺しに行く4名でしたが、次々とやられていきます。
しかし、ドレッドの弾がつきて最後の1名に殺されかけます。すると拘束から抜け出してきたアンダーソンが助けます。
雇われたジャッジ4名を倒したドレッド達はママの部屋に向かいます。ママは最後の手段として、ピーチ・ツリーの上から100階分が吹き飛ぶほどの爆薬をしかけます。そして、ママの脈拍に連動してスイッチが作動するように腕にセットします。
ドレッドはコンクリート200階分もあれば、スイッチの電波は届かないと言い切ります。ママにスローモーを吸わせて1階に突き落とします。
無事にピーチ・ツリーは爆発せずに応援がかけつけます。上司からドレッドはアンダーソンが合格かどうか聞かれます。ドレッドが合格だと答えてエンディングとなります。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ジャッジドレッド」の商品はこちら