「ジュピター」のネタバレあらすじ結末

SF映画

ジュピターの紹介:2015年公開のアメリカ映画。『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー姉弟監督によるSFアクション映画。宇宙の運命を変えてしまうほどの遺伝子を持ったヒロインを巡り、宇宙規模の壮大なバトルが繰り広げられる。

この映画を無料で観る

予告動画

ジュピターの主な出演者

ケイン(チャニング・テイタム)、ジュピター・ジョーンズ(ミラ・クニス)、スティンガー(ショーン・ビーン)、バレム・アブラサクス(エディ・レッドメイン)、タイタス・アブラサクス(ダグラス・ブース)、マクシミリアン・ジョーンズ(ジェームズ・ダーシー)

ジュピターのネタバレあらすじ

【起】- ジュピターのあらすじ1

ジュピターはシカゴで清掃員の仕事をする女性です。
ジュピターの父・マクシミリアンは天文学者で、母・アレクサと出会って妊娠した時、子どもに「ジュピター(木星)」と名付けようと決めました。
しかし父は強盗に襲われ、天体望遠鏡をかばって亡くなります。ジュピターを生んだ母は、妹(ジュピターの叔母)・ニーノ夫婦と暮らしました。
成長して来る日も来る日も掃除ばかりの人生にうんざりしていたジュピターは、ある日ネットオークションで、父が死ぬ原因となった天体望遠鏡と同じものを見つけ、欲しいと思います。
従兄弟・ウラジにそそのかされたジュピターは、大金を手に入れるために卵子提供手術を受けに、病院に行きました。 この映画を無料で観る

【承】- ジュピターのあらすじ2

しかし看護師たちは偽者で、ジュピターを殺そうとします。そこへ現れた戦士にジュピターは助けられました。
戦士はケインと名乗る、狼の遺伝子を持つ人間です。
実は人類は約10万年前に、アブラサクス王朝の一族によって「栽培」され、収穫の時期を迎えていました。
人類を「生命の水」として使うと、アブラサクス家だけでなく、宇宙の他の星人にも若返りを促進する物質になります。
しかしアブラサクス家では、長男・バレム、次男・タイタス、長女・カリクの間で覇権をめぐって争っていました。
ジュピターは、宇宙最大の王朝・アブラサクス家の王族の末裔で、バレムたちの母に瓜二つで遺伝子配列が全く同じ(生まれ変わり)でした。

【転】- ジュピターのあらすじ3

つまり、ジュピターは地球を受け継ぐ資格を持っているのです。
バレムはジュピターを殺そうとし、タイタスはケインを派遣して救いました。
ジュピターはカリクの追っ手に捕らわれますが、宇宙警察イージスがジュピターの存在を知り、ジュピターは王位を継承します。
女王となったジュピターに、ケインの身柄を解放することを条件に挙げて、次男・タイタスが結婚を迫りました。一方、長男・バレムは木星に基地を構え、人類収穫を狙います。
タイタスとジュピターの結婚式がおこなわれますが、ジュピターをいつしか愛するようになったケインと、ケインの元上司・スティンガーが乱入し、誓いの儀式の前に式を取りやめさせました。

【結】- ジュピターのあらすじ4

複数の違法行為をしたタイタスは宇宙警察イージスに逮捕されます。
長男・バレムはジュピターの叔母夫婦を拉致し、退位を迫りました。バレムは王の座を狙い、実の母を殺したのもバレムです。
ケインが木星のバレムの基地を破壊しました。宇宙警察イージスも突入します。バレムはジュピターと争い、落下して死にました。
ジュピターたちは地球にワープします…。
ジュピターの叔母たちは、騒動の記憶は消されて覚えていません。ジュピターは再び清掃員の生活に戻りました。
しかし今のジュピターは生活に満足します。そんなジュピターに叔母たちが天体望遠鏡をプレゼントしてくれました。
ジュピターはケインと夜のシカゴをデートしました。

関連する映画

SF映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ジュピター」の商品はこちら