「スターウォーズフォースの覚醒7」のネタバレあらすじ結末

スター・ウォーズ/フォースの覚醒の紹介:2015年公開のアメリカ映画。SF映像作品『スター・ウォーズ』シリーズにおける主要実写映画の第7作品目。シリーズ主要9部作の中では、レイを主人公とする3部作の第1章『エピソード7』に当たる。エピソード6『ジェダイの帰還』から30年後の世界を舞台にした物語が、ヒロインのレイをはじめとする新キャラクターたちや、ハリソン・フォード、マーク・ハミルといったオリジナルキャストとともに描かれる。

映画「スターウォーズフォースの覚醒7」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「スターウォーズフォースの覚醒7」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

スターウォーズフォースの覚醒7の主な出演者

ハン・ソロ(ハリソン・フォード)、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)、レイア・オーガナ将軍(キャリー・フィッシャー)、カイロ・レン(アダム・ドライバー)、レイ(デイジー・リドリー)、FN-2187/フィン(ジョン・ボイエガ)、チューバッカ(ピーター・メイヒュー)、C-3PO(アンソニー・ダニエルズ)、ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)、最高指導者スノーク(アンディ・サーキス)、ハックス将軍(ドーナル・グリーソン)、ロー・サン・テッカ(マックス・フォン・シドー)、マズ・カナタ(ルピタ・ニョンゴ)、キャプテン・ファズマ(グェンドリン・クリスティー)、ウォリバン(ワーウィック・デイヴィス)、アンカー・プラット(サイモン・ペグ)、バラ=ティク(ブライアン・ヴァーネル)

スターウォーズフォースの覚醒7のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①再び帝国軍が勢いを増し、新共和国はレイア将軍率いるレジスタンス軍で対抗する一方、姿を消したルーク・スカイウォーカーの行方を探す。手がかりの地図を取りに行ったダメロンはフィンに助けられて脱出。しかし2人は離れ離れに。 ②ダメロンが地図を託したドロイドBB-8は、少女レイと行動する。レイはフォースがあると知りレジスタンス軍と合流、ハン・ソロとレイア将軍の息子レンと戦う。地図が完成しレイが行くと男性がいた。

【起】- スターウォーズフォースの覚醒7のあらすじ1

〝遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。
ルーク・スカイウォーカーが消えた。
その間に帝国軍の残党から、ファースト・オーダーが生まれた。
彼らは最後のジェダイ ルークの抹殺を狙っていた。
レイア・オーガナ将軍は、共和国の支援のもと、レジスタンスを率いていた。
彼女の目的は兄ルークを見つけ、銀河に平和と正義を取り戻すこと。
レイアは最も勇敢なパイロットに秘密任務を与え、ジャクーへと送った。
そこでは古い盟友が、ルークの居所の手がかりを得ていた・・・・。〟
銀河系では、新銀河共和国が各星を統治しています。
ところが以前銀河を支配していた「銀河帝国軍」の生き残りが「ファースト・オーダー」という名で勢力をつけ、それを圧するためにレイア将軍(以前はレイア姫)は「レジスタンス」という軍事組織を率いていました。
本来は銀河系で警察的な役割を果たすのは、ジェダイという騎士です。
ジェダイは超能力〝フォース〟を操り、約30cmの柄で1mほどのプラズマ刃が出るライトセーバーを使って戦う、正義の戦士です。正義のジェダイに対し、悪や私利私欲のためにフォースを使う者もいます。悪のために使うのを「ダークサイド」と呼びます(『スター・ウォーズ』シリーズ参照)。
レイア将軍の兄ルーク・スカイウォーカーは、かつて優秀で最後のジェダイでした。ところが現在ルークの居場所は杳としてつかめず、誰も把握していません。
レイア将軍はファースト・オーダーと戦いつつも、兄ルークの居場所を探らせていました。
ルークの居場所を記す地図が発見されたというので、部下のパイロットをひそかにジャクー星へ派遣します。
そのパイロットは、ポー・ダメロンという男でした。ジャクー星の老人ロー・サン・テッカは「ジェダイなくしてフォースを操れない」と言うと、ダメロンに小さな地図データの入った極小の筒を渡します。
ダメロンは地図を雪だるまのような形状で、ピポ音で話す赤い機械ドロイド・BB-8に託し「少しでも遠くへ逃げろ」と指示すると、追っ手の白マスクのスーツ軍団と戦いました。
白マスク集団を率いていたのは、キャプテン・ファズマと、ダークサイドに落ちたカイロ・レンという男でした。カイロ・レンはライトセーバーの赤いプラズマ光でロー・サン・テッカを殺します。
ダメロンも捕まり、村人たちは皆殺しに遭いました。
白いマスク集団の中で、1人だけ戦闘に加われないでいる男がいました。男はファースト・オーダーに所属しながらも、そのやり方に納得できていない黒人男性FN-2187です。皆殺しに遭った村の出身でした。

【承】- スターウォーズフォースの覚醒7のあらすじ2

ダメロンは捕らえられ、スター・デストロイヤーという巨大戦艦の中で拷問を受けますが、口を割りません。業を煮やしたカイロ・レンはフォースの力でありかを知り、BB-8というドロイドの捜索を言い渡しました。
レイはジャクー星の砂漠地帯に住む少女です。普段は砂漠に落ちた戦闘機などの廃品を回収して、それを売って生活していました。
ある日レイはBB-8のピポ音を聞き、象みたいな機械の乗り物に乗った河童のような廃品回収者・ティードーに捕まったBB-8を助けます。レイはBB-8を解放しますが、BB-8は勝手にレイについてきました。
翌日、廃品回収を地元の元締めの男アンカーに売りに行ったレイは、後ろからついてくるBB-8を売れと要求されます。売り物ではないとレイは断りますが、目をつけたアンカーは部下に「あとをつけて奪え」と指示しました。
同じ頃、FN-2187はダメロンに「タイ・ファイター(宇宙船)を飛ばせるか」と聞き、2人で逃走します。FN-2187だと呼びにくいと、ダメロンは男に「フィン」という名を与えました。
ダメロンの希望で宇宙船はジャクー星に立ち寄りますが、ゴーゾンの荒れ地に墜落した船は砂に飲み込まれて爆発します。墜落時にフィンとダメロンははぐれ、フィンはダメロンの上着を持ったまま移動しました。
ダメロンとフィンの脱走を知ったスノーク最高指揮官は、2人を始末しろとレンに言います。
集落に辿り着いたフィンは、レイとBB-8がアンカーの追っ手に襲われている現場に出くわしますが、追っ手はレイが倒しました。フィンの持つ上着を見てBB-8が泥棒扱いし、フィンは慌てて事情を説明します。
宇宙船の爆発を見たフィンは、ダメロンが死んだと思っていました。言葉を濁しますがBB-8は落ち込みます。レイにレジスタンスかと質問されたフィンは、見栄を張ってそうだと答えました。
白マスクの軍隊が襲ってきたのでフィンとレイとBB-8は逃げます。クアッド・ジャンパー(宇宙船)で逃げようとすると爆破されたので、レイは何年も放置されたポンコツ船に乗り込み、フィンを銃座に座らせると操縦しました。
その船は、ミレニアム・ファルコン号でした。追っ手を撃退したフィンとレイは、BB-8を帰そうと考えます。
ところがミレニアム・ファルコン号のシステムがロックされ、大きな宇宙船に呑み込まれました。
敵に捕まったとフィンとレイは思いますが、入ってきたのはミレニアム・ファルコン号の元の持ち主の、ハン・ソロとオランウータンみたいなチューバッカのコンビでした。

【転】- スターウォーズフォースの覚醒7のあらすじ3

BB-8がルーク・スカイウォーカーの地図を持っていることを告げたレイは、ハン・ソロとチューバッカの協力を得られますが、その時ソロに金を貸している一行が船を襲います。船にはたまたま猛獣・ラスターを乗せていたので、大混乱になりました。ラスターは、タコのような触手がいっぱいある円筒形の、歯がたくさん生えた生き物です。
ソロとチューバッカも加わって、一行はミレニアム・ファルコン号で脱出し、光速ワープしました。
BB-8はハン・ソロと一緒にいるという情報がもたらされ、これを機にレジスタンスを叩こうとスノーク最高司令官は考えます。
ダークサイドに落ちている黒マスクの男カイロ・レンは、実はハン・ソロの息子でした(母については後述)。
ハン・ソロはBB-8が持っている地図を見ますが、一部が欠落していると気づきます。ルーク・スカイウォーカーはある少年の裏切りがもとで姿を消したと、ソロはレイとフィンに説明しました。
レイとフィンも、ジェダイやルークやフォースという言葉は知っていましたが、それらはすべて「伝説(フィクションみたいなもの)」だと捉えていました。すべて実際にあったことだと、ソロは説明しました。
ソロはレイの操縦の腕を買いスカウトしますが、レイは「ジャクーに帰らないと」と断ります。
安全な船を探すため一行はタコダナ星に立ち寄り、ソロは酒場の女主人マズカナタに「BB-8をレイアに届けてくれ」と頼みますが、自分で行けと言われました。フィンはレイにレジスタンスではないと告白して同行を求めますが、レイはジャクーに戻ろうとします。
酒場で「戻ってきて」という少女の声を聞いたレイは、声の主を探します。地下のある部屋が開き、古い木箱がありました。中に入った柄を触ったレイは、自分の幼少期の映像を見ます。
それを知った酒場の女主人・マズカナタは「ジャクーでお前を待つ人は戻ってこない。お前が捜す人は未来にいる。セーバーを取れ」と言い、レイに託そうとしますが、レイは拒否して森へ逃げました。
スノーク最高指揮官が「今日こそが共和国最後の日だ」と言って攻撃を開始し、赤いビームで新共和国のホズニアン星系を星ごと破壊し始めます。
マズカナタはセーバーをソロとフィンに渡し、レイを探せと言いました。持たされたフィンは白いマスクの軍隊と、ライトセーバーで戦います(注:ジェダイでなくてもセーバーは使える)。
レジスタンス軍が応援に現れました。帝国軍の船はHの形をしていますが、レジスタンス軍の宇宙船はXの形をしています。
レイはレンに捕らえられ、スターキラーの基地に拉致されました。

【結】- スターウォーズフォースの覚醒7のあらすじ4

ハン・ソロらの元に、金色の二足歩行の多弁なロボット・C-3POとレイア姫あらため、レイア将軍が現れます。ソロとレイアは夫婦で、カイロ・レンはレイアの息子でもありました。
ソロとレイアは息子を悪の道から救おうと決意します。
フィンは死んだと思っていたダメロンと再会し、生存を喜びます。ジャケットを返そうとしますが、「似合っている」とダメロンはフィンにプレゼントしました。
ドラム缶に円筒形の形のピポ音で話すドロイド・R2-D2は、ルークが姿を消した後はスリープモードになっています。
囚われたレイはレンに読心術を使われますが対抗し、逆にレイがレンの考えを読んで「あなたはダース・ベイダーほど強くなれないと恐れている」と言い当てます。
レイは自分にもフォースがあると気づき、手下にフォースを使って逃げ出しました。
その頃スターキラー基地は太陽光を吸収し、エネルギーを充填します。太陽が隠れた瞬間に充填が完了してディカー星を攻撃する手筈でした。
チューバッカ、ソロ、フィンがスターキラー基地を破壊するため、ファルコン号で乗り込みます。チューバッカとソロは二手に分かれ、爆弾を仕掛けました。ソロは自分の息子・レンと会い「ベン(息子の本名)」と呼びかけます。
ソロは息子を説得しますが、レンは黒いマスクを外して改心した振りをしながら、セーバーで父・ソロを刺しました。ソロは星の中央部分に落ちていきます。
チューバッカは怒り狂い矢をレンに放つと爆破ボタンを押しました。爆発を確認したレジスタンス軍は攻撃を開始します。スターキラー星は破壊されました。
フィンとレイはファルコン号まで逃げますが、そこへ腹部を怪我したレンが現れて戦おうとします。フィンが戦いますが苦戦し、重傷を負いました。
レイは崖まで追いつめられますが、フォースの力でセーバーを引き寄せて、レンと戦います。崖崩れが起き、レンとレイは対岸同士に立ちました。戦いは一時中断します。
スノーク最高指揮官はレンを連れて、星から逃げるよう命令をしました。チューバッカとレイは重傷のフィンを乗せ、ファルコン号で脱出します。
フィンはレジスタンス軍の救援隊に運ばれていきました。茫然自失のレイを、レイア将軍が抱き留めます。レイアとチューバッカは、ソロの死を悲しみました。
R2-D2が起動して「ルークを見つけた」と言って地図を示します。それはBB-8の持つ地図の欠落した部分とぴったり一致しました。
レイはR2-D2と共に、チューバッカが操縦するファルコン号で、その地図の場所へ光速ワープして行きます。
そこでレイは、マントを羽織った男性と会いました。男性はマントのフードを脱ぎ、レイは男性にセーバーを差し出します…(この男性がルーク・スカイウォーカーである可能性高し)(次作品に続く)。

みんなの感想

ライターの感想

拙い説明で申し訳ない。「スター・ウォーズを全く見たことのない者でも判るよう」書こうと努力すると、こうなってしまう。
10年振りの新作、スター・ウォーズファンにとってはたまらないことだろう。
新たに加わったBB-8や、女性の主人公という設定もナイスだと思う。
個人的には…ハン・ソロが今作品で亡くなってしまったのが、すごく悲しい。
私にとってはハン・ソロとチューバッカのコンビって不滅だと思っていたので…。生きてました設定にしてくれんかな、次作品で。

映画の感想を投稿する

映画「スターウォーズフォースの覚醒7」の商品はこちら