「スターシップ・トゥルーパーズ」のネタバレあらすじ結末

スターシップ・トゥルーパーズの紹介:ロバート・A・ハインラインの古典的名作『宇宙の戦士』原作にしたポール・バーホーベン監督のSF超大作。軍事政権下において主人公が戦士として成長していく原作を、刺激的な作風で知られるバーホーベンは徹底した物量と容赦のない残酷描写によって反戦的ともとれる内容に仕上げ、物議を醸した。また、原作の大きな特徴のひとつである装甲宇宙服「パワードスーツ」を映画に登場させなかったことで一部のマニアには批判されたが、大量に登場する異星生物バグズとの戦闘場面の凄絶さは、その欠点を補ってあまりあるものと言われている。

映画「スターシップ・トゥルーパーズ」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「スターシップ・トゥルーパーズ」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

スターシップ・トゥルーパーズの主な出演者

ジョニー・リコ(キャスパー・ヴァン・ディーン)、ディジー・フロレス(ディナ・メイヤー)、カルメン・イバネス(デニス・リチャーズ)、エース・リビー(ジェイク・ビジー)、ジーン・ラズチャック(マイケル・アイアンサイド)、ズィム教官(クランシー・ブラウン)、カール・ジェンキンス(ニール・パトリック・ハリス)

スターシップ・トゥルーパーズのネタバレあらすじ

【起】- スターシップ・トゥルーパーズのあらすじ1

23世紀、地球は連邦政府のもと統一された軍事国家となり、宇宙に進出したことでバグズと呼ばれる昆虫型エイリアンと戦争状態にありました。今日も連邦ネットワークでは連邦軍への入隊を求めるプロパガンダが放送されています。その中には、宇宙で戦う機動歩兵ジョニー・リコの映像もありました。
その1年前、リコはブエノスアイレスの高校に通う一介の学生で、ガールフレンドのカルメンの気を惹くために授業中にいたずら描きをして教師のラズチャック先生に叱られたり、アメフトの試合でライバルのザンダーに勝利したりと青春を謳歌していました。彼のまわりには、超能力の素質のあるカールや、彼に密かに想いをよせるデイジーといった仲間がいました。
卒業が近づき、カルメンは連邦軍への入隊を希望します。ザンダーも彼女とともに入隊すると聞いたリコは、両親の反対を押し切って軍に入りました。
機動歩兵に配属されたリコは、同じ部隊にデイジーがいるのを知りました。彼女もやはり軍に入っていたのです。
一方、カルメンは軍艦に配属されることとなり、遠距離恋愛状態のリコは、彼女にビデオメールを送りました。届いた映像を楽しげに見ていたカルメンでしたが、新造宇宙艦ロジャーヤングに配属されることになったと聞き、嬉しそうに乗艦していきます。そしてその艦には、ザンダーも配属されていました。ロジャーヤングの操艦を任されたカルメンは、危うい手つきながらなんとか初めての任務をこなします。

【承】- スターシップ・トゥルーパーズのあらすじ2

宇宙ではバグズとの戦争が激しさを増していき、リコたちもズィム軍曹をはじめとする教官によって厳しい訓練が課せられました。リコは持ち前の運動神経を生かし訓練で活躍していきます。デイジーとの間にも仲間としての絆が芽生えていきつつありましたが、やはり彼はカルメンのことが忘れられません。
しかし、リコのもとにカルメンから別れを告げるビデオレターが届きました。彼女は遠距離恋愛より任務を優先しようとしていたのです。落ち込むリコを部隊の仲間が慰めました。
そんなある日、訓練中のリコが規則を無視してたことで重大な事故が発生、仲間の一人が命を落とすという事件がありました。リコはその責を問われ、鞭打ちの刑に処されます。自信を喪失した彼は、軍を去る決意をしました。
その頃、宇宙を進むロジャーヤングのブリッジでは、カルメンとザンダーが親しげに話していました。そこに巨大な隕石が接近してきます。それはバグズの攻撃によるものでした。なんとか回避したロジャーヤングですが、隕石は地球へと落下、ブエノスアイレスが壊滅的な打撃を受けました。
連邦軍は騒然となり、バグズへの怒りがわき上がります。訓練教官だったズィムも一兵卒として前線で戦うことを志願しました。両親を失ったリコも軍に戻り、バグズとの戦いに向かうのでした。
出撃のため宇宙基地におもむいたリコは、そこでカルメンと再会します。しかし二人の間には既に埋めようのない溝が出来ていました。さらに彼女の傍らにいたザンダーがリコを挑発し、殴り合いになってしまいます。
デイジーや仲間たちに止められたリコは、気分を変えるため彼らと一緒に同じ刺青をいれました。

【転】- スターシップ・トゥルーパーズのあらすじ3

そしてついにバグズの前線基地のある惑星への降下作戦が開始されます。バグズの対空砲によって被害を受けつつ降下艇が着地し、リコたち機動歩兵は異星の地に駆け出していきます。対空砲を発射する巨大バグを倒したものの、無数のウォーリアー・バグが押し寄せてきました。リコたちは果敢に戦いましたが、その圧倒的な数に連邦軍は撤退するしかありませんでした。
1時間に10万人が戦死との壊滅的な被害を出した連邦軍は、戦術を変更することを決定しました。
リコやデイジーたち機動歩兵も再編され、新たな指揮官のもとに配属されることとなりました。現れた小隊長は、軍に復帰したラズチャック先生でした。
連邦軍の新たな戦法は、あらかじめ戦闘機でバグズを爆撃するという戦術です。ラズチャックに率いられたリコたちの部隊の任務は、残った敵を掃討するというものです。地下から巨大なタンカーバグが出現しますが、リコは巧みな体術でタンカーバグを倒し、ラズチャックに褒められました。
夜、部隊は補給を受けて野営し、隊員たちは皆リラックスしています。そんな中、デイジーはリコに思いを伝え、二人はベッドを共にしました。
翌朝、部隊が荒野を行軍するうち、仲間の一人が飛行バグにさらわれましたが、ラズチャックは彼が助けられないと判断すると自らの手で射殺し、自分の時も同じようにしろとリコに命じました。
部隊の任務は、バグズに襲われた砦の救援です。しかし既にそこは壊滅状態で、ただ一人生き残った将軍が地下に隠れていました。すると、そこにバグズの大部隊が接近してきます。救援の要請はバグズの罠だったのです。押し寄せるバグズに部隊は奮戦したものの、ラズチャックやデイジーまでもが殺され、リコと数人の仲間だけがカルメンとザンダーの降下艇で脱出します。

【結】- スターシップ・トゥルーパーズのあらすじ4

再び部隊が再編され、リコは小隊長となりました。連邦軍はバグズの支配階級であるブレイン・バグを捕らえる作戦を決行し、リコたちの部隊も参加しました。
リコたちはバグズが根城にしている惑星地下の巣穴に侵入しての戦いを展開していきます。
その頃、軌道上に待機していたロジャーヤングが対空砲を受けて大破し、カルメンとザンダーは小型艇で脱出しました。
惑星に降下した小型艇はそのまま地下に入り込んでしまい、カルメンとザンダーはバグズに包囲されてしまいます。二人の前に巨大なブレイン・バグが出現し、ザンダーは脳を吸われて殺されてしまいました。次にカルメンが襲われようとした時、救難信号を受けたリコたちが到着し、カルメンを救出します。何人かの犠牲を出しながらも、リコたちは無事にバグズの巣穴から脱出に成功しました。
すると外では別の部隊がブイレン・バグの捕獲に成功していました。その成果を上げたのは一兵卒になったズィムでした。
大勢の機動歩兵たちに囲まれ、捕縛されたブレイン・バグに超能力部隊に配属されたカールが近づき、相手の恐怖を感じとります。機動歩兵たちは歓声をあげました。
カールと並んで歩くリコとカルメンは、久々に同級生が再会したことを喜び、このメンバーなら次も勝てると確信します。
そして連邦ネットワークでは、再び新たな隊員の入隊を求めるプロパガンダ放送が始まるのでした。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「スターシップ・トゥルーパーズ」の商品はこちら