「ターミネーター」のネタバレあらすじ結末

ターミネーターの紹介:1984年のアメリカ映画。ジェームズ・キャメロンが監督を務め、ボディビル出身の俳優アーノルド・シュワルツェネッガーを一躍スターダムに押し上げ、続編が3つシリーズ化されたSF映画として知られる。

予告動画

ターミネーターの主な出演者

ターミネーター〔T-800〕(アーノルド・シュワルツェネッガー)、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)、カイル・リース(マイケル・ビーン)、トラクスラー(ポール・ウィンフィールド)、ブコビッチ(ランス・ヘンリクセン)、ピーター・シルバーマン(アール・ボーエン)

ターミネーターのネタバレあらすじ

【起】- ターミネーターのあらすじ1

2029年の未来では人工知能スカイネットが人間に反乱を起こし、機械軍の攻撃で人類は滅亡寸前でしたが、有能な抵抗軍指揮者のジョン・コナーによって人間は反撃に転じます。脅威を感じたスカイネットは、ジョン・コナー抹殺のため未来から1984年の現代へ殺人ロボットのターミネーター・T-800を送り込み、ジョン出生の阻止を企みます。抵抗軍からもジョンの指名で兵士・カイルがジョンの母・サラを守るため派遣されました。現代にワープしたT-800はジョンの母がサラ・コナーという名だということしか知らないため、電話帳で調べた同名の女性を次々に殺していきます。

【承】- ターミネーターのあらすじ2

ウエイトレス・サラはニュースで知り警察に保護を要請します。警察の指示でサラは人の多いディスコで警察の到着を待ちました。サラの家に乗り込んだT-800はルームメイトの女性を殺し、サラの顔写真を入手し、ルームメイトに宛てたサラの留守電から声と現在の居場所を知ります。ディスコに乗り込んだT-800は殺害を実行しようとしました。そこへカイルが現れ殺害を食い止めて、サラを連れて逃亡します。状況が理解できず動揺するサラに、カイルは未来の説明をしました。そしてT-800はロボットであり、サラを殺すまで狙い続けること、カイルはサラの息子・ジョンの指示でサラの警護のためにやってきたことを告げます。

【転】- ターミネーターのあらすじ3

俄かに信じがたい話をされ警戒するサラですが、その後も執拗に狙ってくるT-800から捨て身でサラを守るカイルの姿を見て、徐々にカイルの話を信じ始めます。2人は警察に身柄を確保され、カイルは未来の話をします。しかしトラクスラー警部はじめ警察側はカイルの話を信じません。そのとき警察にT-800が襲撃してきました。銃弾をいくら受けても不死身のT-800を目撃した警部たちは信じられない光景に驚愕するだけで、なすすべもありません。逃亡したカイルは、未来でジョンに見せてもらった写真でサラに恋をしていたことを告白します。サラもカイルを愛し始め、逃亡先のホテルで2人は結ばれました。

【結】- ターミネーターのあらすじ4

ここへもT-800はやってきます。サラとカイルが反撃しても、不死身のT-800は起き上がって追跡してきました。行き場のなくなった2人は目についた工場に入ります。負傷したカイルは倒れ、ついに力尽きてしまいます。サラは必死で逃げ、工場にあったプレス機でT-800を押しつぶしました。ようやくT-800は動きを止め、サラは助かります。数か月後、サラはカイルの子をみごもっていました。サラは、やがてやってくる「審判の日(スカイネットが反乱を起こす日)」に向けて、生まれてくるジョンを教育するために組織作りの方法や戦法を学ぼうと決意していました。

みんなの感想

ライターの感想

アーノルドシュワルツェネッガーの人気と地位を不動のものにした、映画ターミネーター。シュワルツェネッガーほど、ターミネーターのイメージにマッチした人間は他にいないと言えるでしょう。しかし、監督の中で最初ターミネーターのイメージは、雑踏の中に隠れてしまう存在感のないロボットだったのです。
シュワルツェネッガーは最初、別の役のオーディションを受けに来ていて、実際ターミネーター役は別の俳優さんに決まっていたそうです。別の人の演じるターミネーター、イメージできませんね!ちょっと、見てみたかった気もしますが、これほどの大ヒットになったのかどうかは、永久に知る由もありません。

映画の感想を投稿する

映画「ターミネーター」の商品はこちら

ターミネーター [Blu-ray]