「テラフォーマーズ」のネタバレあらすじ結末

テラフォーマーズの紹介:2016年4月29日公開の日本映画。週刊ヤングジャンプに連載の人気コミックを、鬼才・三池崇史監督が映画化したSFアクション。500年前に火星に放たれた生物の駆除というミッションを課せられた15人の日本人たちが、火星で体験する恐るべき出来事の数々がつづられる。異形の生物たちとバトルを繰り広げる隊員を、伊藤英明や山田孝之らが演じる。

映画「テラフォーマーズ」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「テラフォーマーズ」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

テラフォーマーズの主な出演者

小町小吉(伊藤英明)、秋田奈々緒(武井咲)、武藤仁(山下智久)、蛭間一郎(山田孝之)、ゴッド・リー(ケイン・コスギ)、森木明日香(菊地凛子)、堂島啓介(加藤雅也)、大張美奈(小池栄子)、大迫空衣(篠田麻里子)、手塚俊治(滝藤賢一)、連城マリア(太田莉菜)、榊原(福島リラ)、吉兼丈二(渋川清彦)、総田敏雄(青木健)、町岡隆太(長尾卓也)、虎丸陽(黒石高大)、ナレーション(池田秀一)、本多晃(小栗旬)

テラフォーマーズのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①人口増加で悩む地球は火星移住化計画を立て、火星に苔とゴキブリを持ちこんで大気圏を作った。しかし予想外にゴキブリが進化し(テラフォーマー)、駆除のため何も知らされない15人が火星に降り立つ。 ②降り立った15人には手術で昆虫のDNAが埋め込まれていた。本多博士の真の目的はテラフォーマーの卵採取だが失敗に終わり、生き残ったのは小吉と蛭間、2名は脱出用ポッドで地球へ向かう。

【起】- テラフォーマーズのあらすじ1

近未来の日本。
21世紀の人類は人口増加に悩み、隣の惑星・火星への移住計画を立てていました。
ここで問題となるのは、火星を人類にとって住みやすい環境に整えるということです。平均気温が-58℃の火星では人類は住みにくく、地球に似せた環境にするために、ある案が採択されました。
それは、苔と昆虫を送ることで、火星の地表を地球に似せることです。昆虫を送って火星の表面を黒く染め上げて太陽光を吸収させ、火星の地下に眠る凍った二酸化炭素を解凍、気化させることで温室効果が認められると考えたのです。
火星の過酷な環境でも耐えられるという理由で、火星に送る昆虫にゴキブリが選ばれました。これを、テラフォーム計画と言います。
…それから約500年後。2597年、日本・東京。
東京の繁華街を逃げる若い男女がいました。警察に追われる男女…小町小吉と秋田奈々緒は、奈々緒の義父を殺した容疑で追われています。
義父を殺したのは奈々緒でした。ところが幼馴染みの小吉が奈々緒をかばい、罪をかぶろうとします。
警察に包囲されて射殺されそうになった瞬間を助けたのは、本多博士でした。小吉と奈々緒が「適合者」であると知った本多博士は、2人を呼ぶと「火星のゴミ掃除に行く」ことで無罪放免になり大金も得られると告げます。
火星での仕事は「虫駆除」と聞いた奈々緒はサインし、虫が嫌いな小吉もしぶしぶ承諾しました。火星に行くために特別な手術が必要と言われ、彼らは手術を受けます。
小吉と奈々緒はじめ、宇宙船には漠然と「ゴキブリ駆除」としか知らされていない、15名の人間が乗り込んでいました。
特別な手術とは「バグズ手術」という、昆虫のDNAを体内に埋め込むものです。首に「昆虫細胞活性剤」を打つことで、5~6分の間その個々の昆虫の能力を最大限に引き出すこともできるのですが、彼らはまだ何も聞かされていません。
こうして何も具体的なことを知らないまま、15人の選ばれた乗組員は火星に向かったのでした。
2599年、火星。
火星の表面の一部は黒ずんでおり、大気圏ができています。宇宙船が着陸すると、頭上には青い空と雲がありました。大気が存在するということです。
(乗組員 この時点では明らかにされていない、組み込まれたDNAの昆虫名も、便宜上、先に記す)
・小町小吉…計画にサインした奈々緒を守るために志願。オオスズメバチのDNAを組みこまれ、毒針で攻撃できる。
・秋田奈々緒…義父を殺した奈々緒をかばい罪をかぶった小吉を無罪にするため志願。クモイトカイコガらしいが(公式HP参照)劇中で明言はされず。
・武藤仁…元キックボクサー。好きだった幼馴染みが感染症で死に、生きる目的を失って志願。小吉と奈々緒の2人に好印象を抱く。サバクトビバッタ。
・蛭間一郎…病気の母と9人くらいいる弟妹たちのために研究するも、手柄を教授に奪われた過去を持つ天才的ハッカー。ネムリユスリカで特技は「死なない」。
・ゴッド・リー…皆が宇宙服の白いスーツを着用する中、1人だけマントとバンダナという漂流民のような格好。日本人だが長く中東の紛争地域で戦っていたため、リーという名称を受ける。ミイデラゴミムシでてのひらから爆炎を発射する。

【承】- テラフォーマーズのあらすじ2

・森木明日香…金を横領したため有罪&懲戒解雇になった男勝りの元警官。エメラルドゴキブリバチで、針を刺したゴキブリを意のままに操れる。
・堂島啓介…宇宙船の艦長。上司を殴ってクビになりかかるが、今作戦を成功させれば不問に帰すということで参加。パラポネラという強靭で怪力の能力を持つ。
・大張美奈…昔つきあった男性のせいで、火星に来る羽目になった副艦長。ハナカマキリで両腕が鋭利な鎌になる。
・大迫空衣…元少女売春組織のリーダー。マリアと仲良し。クロカタゾウムシで防御力あり。
・手塚俊治…連続殺人犯で爪フェチ。メダカハネカクシで、吐く毒ガスは威力絶大。
・連城マリア…ロシア出身の元売春婦かつ密入国者。空衣と仲がよい。ニジイロクワガタで防御力高し。
・吉兼丈二…ヤクザ。ゲンゴロウ。
・総田敏雄…ドレッドヘアのテロリスト。一瞬でやられるため不明(オニヤンマか)。
・町岡隆太…一瞬でやられるため不明(マイマイカブリか)。
・虎丸陽…ヤクザ。オケラ。
…実は10年前に日本はバグズ1号という探査船を他の国には内緒で火星に送り、様子を見ていました。それにより進化したゴキブリの存在を知って、対抗策としてバグズ手術を考案したのです。
今回送られた彼らの船は〝バグズ2号〟でした。
バグズ2号は火星に着陸すると、すぐにマーズレッドPROという害虫駆除剤を発射して(アース製薬のマークがついている)煙を焚きます。これで宇宙船周辺のゴキブリは駆除できるだろうと見込まれました。あとは、外に出てゴキブリをたたけばいい…皆は軽く考えています。
ところが現実は大きく異なっていました。ゴキブリ退治に外に出た小吉らは、人間サイズの、全身ムキムキマッチョな二足歩行の生き物と出会います。全身は茶色で、顔はオランウータンみたいです。
「火星人かな」と奈々緒が言い小吉が「ハ、ハロー」と声をかけると、その生き物は素早く動き、一瞬で奈々緒の首の骨を折りました。生き物は素早く立ち去ります。
小吉が宇宙船に戻ると、他に森木明日香もやられたという情報が入りました。「ゴキブリ退治じゃないのか」と堂島艦長に詰め寄りますが、艦長は黙っておけと命令されており喋れません。
蛭間が「あれがそのゴキブリだ。森木がやられた時、そう思った」と言いました。
ホログラムの本多博士が出て来て説明します。蛭間の言うとおり火星にいた生き物の正体はゴキブリでした。
地球上で5億年の間進化が止まっていたゴキブリは、500年前に送られた後に火星で劇的な進化を遂げ、今の姿になっていたのです。
その進化したゴキブリのことを「テラフォーマー」と呼んでいる…そう本多博士は言いました。
進化したゴキブリと戦うために、皆に特殊な手術を施したことをここで初めて明かした本多博士は、「虫をもって虫を制す。その力で害虫を叩いてくれ」と告げます。
昆虫細胞活性剤は、多用しすぎると人間としての免疫力が低下し、人間に戻れなくなって死ぬ危険性がありました。
小吉はすぐに地球に戻ろうと言いますが、ゴッド・リーが「地球の奴らにひと泡吹かせてやろう」と言い、要は倒せばよいのだと単身、宇宙船から出ていきます。宇宙船には円状に、徐々にテラフォーマーの群れが近づいてきていました。
細胞活性剤によってミイデラゴミムシの力を得たリーは、てのひらから火炎放射をテラフォーマーに向けますが、効果があったのは一時的で、リーは直後テラフォーマーに胸を貫かれて絶命しました。テラフォーマーの圧倒的な強さに、皆あぜんとします。
リーを倒したテラフォーマーは宇宙船の外壁にとりつき、頭突きをして割れないはずのガラスを割って侵入するなり、総田と町岡2人の首を飛ばしました。周囲にも群れが続々と押し寄せてきます。

【転】- テラフォーマーズのあらすじ3

副艦長の美奈が離陸させようとしますが、船が作動しません。艦長・堂島は、自分が囮になるから10年前に送られたバグズ1号に移動しろと言いました。蛭間もバグズ2号に残ると言います。
あとの者は探査車でバグズ1号に移動しました。探査車の前に津波のようにテラフォーマーの大群が押し寄せますが、手塚が車の後部から口を出して時速945kmで噴射するガスを吐き、車を加速させます。
テラフォーマーの津波第1波はなんとか突破しましたが、手塚はかなりのダメージを負っていました。第1波より大きな第2波の時、手塚を助けるため空衣とマリアが細胞活性剤を使って手塚を両サイドからブロックします。
津波を抜けた瞬間、探査車は横転しました。運転手の美奈は気絶し、車は自動運転に切り替わり、外に投げ出された手塚、空衣、マリアを残したまま去ります。3人はトランスフォーマーに囲まれ、女性2人は頭を飛ばされ、手塚は鈍器で殴られて死にました。
この時点で残っているのは「宇宙船には堂島と蛭間(後に触れる)」「探査車には小吉、武藤、美奈、吉兼、虎丸」です。吉兼と虎丸は探査車に残り、小吉、武藤、美奈がバグズ1号の内部に入りました。
システムをチェックした美奈は、転送完了の文字を見つけます。脱出ポッドで何かを発射したのです。
探査車に残った吉兼(ゲンゴロウ)と虎丸(オケラ)は、外にいたテラフォーマーの銃により死亡しました。なぜ陸上生物のゴキブリに対し、ヤクザ2人組に組み込まれた昆虫のDNAが水中生物のゲンゴロウとオケラだったのかは、今となっては不明です(…というナレーションが入る。笑わせどころ?)。
銃器類を扱うテラフォーマーを見て、小吉らは驚きました。小吉らは知りませんが、手塚の死の際にも棍棒を操るテラフォーマーがいます。
小吉、武藤、美奈は細胞活性剤を打って戦い始めました。3人は奮闘してその場のテラフォーマーを片付けます。
バグズ1号のシステムを外して戻ろうとした3人は、バグズ1号のすぐそばに巨大ピラミッドがそびえているのを見ました。
人類が火星への移住計画を立てるためにゴキブリを火星に送ったわけですが、実はそれは逆で、元は火星にいたゴキブリたちが地球に渡って進化が止まったのを、人類を使って火星に送ることによって返り咲いた証左がピラミッドです(これも明らかにされないまま)。
その時、バグズ2号方面から始動音が聞こえました。
…探査車が出発してからのこと。バグズ2号の方では、艦長・堂島が細胞活性剤を打ってテラフォーマーに戦いを挑みますが、蛭間は細胞活性剤を打つと宇宙船内の酸素を排出する作業に入りました。
酸素の残量が減るに従い、テラフォーマーは死にます。艦長・堂島も息絶えました。蛭間は無代謝状態(クリプトビオシス)に入ります。
宇宙船内に誰もいなくなったところで、テラフォーマーの皮をかぶって生きていた森木明日香が、卵を持って船内に入り、水をかけて蛭間を起こしました。
バグズ2号の使命は、表向きはテラフォーマーの駆除ですが、ほかに「テラフォーマーの卵を持ち帰ること」というのもあります。堂島艦長は申し出を断ったため、蛭間と森木に任務がゆだねられました。
森木は針を刺して自分の意のままに操れるテラフォーマーたちを交配させ、得た「第2世代の卵」を地球に持ち帰ろうとします。卵を研究して進化の秘密を探り、核兵器に匹敵するほどの昆虫人間を作るのが本多博士の狙いでした。

【結】- テラフォーマーズのあらすじ4

副艦長の美奈がバグズ2号を始動できなかったのは、ハッカーの蛭間が細工していたからでした。蛭間はロックを解除して、バグズ2号を発射させようとします。蛭間と森木だけが生還し、残りは捨て駒のつもりでした。
バグズ1号の脱出ポッドが持ち帰ったのは、テラフォーマーの頭部でした。それを見て日本政府はバグズ手術を展開しており、次なる段階として卵持ち帰りを狙っていました。
ところがバグズ2号のエンジン始動段階で、早くもテラフォーマーの卵が孵化し始めます。全長1.5mほどの巨大なこげ茶色の卵が孵化すると、2体のテラフォーマーが入っていました。
森木は針を刺して言うことをきかせようとしますが、効果がなく胸を貫かれます。森木が針を刺したテラフォーマー同士が交配してできた卵のテラフォーマーなので、森木の毒の耐性ができていたのでした。一種の進化です。
バグズ2号は飛び始めますが、船内の2体が吠えると、火星の地上にいたテラフォーマーがいっせいに宇宙船にとりつき、バグズ2号は墜落しました。蛭間は細胞活性剤を打って死なないよう備えます。
小吉と武藤と美奈は、バグズ2号の脱出用ポッドを使って地球へ帰ろうと考え、新たにやってきた進化したテラフォーマーたちと戦い始めました。
しかし新たな軍勢は、眉間に白い「・|・」「\・/」マークがついており、今まで倒したテラフォーマーよりも数段強くなっています。美奈が首を刎ねられて死にました。
「俺よりつええ(強い)奴がいるなんて許せねえ」と言ってキックボクサーの武藤は細胞活性剤を二度打ち、三度打ちして立ち向かい、小吉もひたすら戦います。
無茶をして何度も注射を打つ武藤は「バッタってのは虫の王と書くんだ。ひざまずけ、ゴキブリ野郎!」と言いながら戦いました。注射を打つたびに武藤の身体はバッタに近づきます。
しかし武藤も限界に近く、小吉は針を折られて絶体絶命のピンチに陥った時、空に白い物体が飛来しました。それは、死んだ後に繭を作り孵化した奈々緒のクモイトカイコガで、飛び回った奈々緒はリンプンを撒き散らします。
テラフォーマーの上に大量の白い粉が舞い散り、それを見た武藤が「リンプンに火がつけば粉塵爆発だ。自爆する気だ」と言いました。
テラフォーマーが銃を構え、奈々緒を止めようとする小吉を抱えて、武藤は飛びます。
「奈々緒、一緒に地球に帰ろう」と小吉は叫びますが、武藤は「よせ、奈々緒はもう死んでいる」と言いました。テラフォーマーが発砲し、火花で粉塵爆発が起きます。
爆発の振動で船内のコップが落ち、休眠状態に入っていた蛭間に水がかかりました。蛭間は目覚めます。
武藤と小吉は爆発から逃れますが、注射を打ちすぎた武藤は虫の息でした(虫だけに)。「生きて地球へ帰れ。それが奈々緒の遺志だ」と告げて息絶える武藤に「お前は俺の友だちだ」と小吉は言います。
わずかな生き残りが向かってくるのを倒した小吉は、バグズ2号に入りました。蛭間は「金がいるんだよ」と言いながらテラフォーマーを倒します。
銃を向けて小吉の背後のテラフォーマーを撃った蛭間は、「俺たちはやらなきゃいけないことがある。決着は地球で」と言い、脱出用ポッドに乗り込みました。定員は2名です。
地球に帰還するまでに、蛭間は今作戦の全貌を全世界に向けて発信しました。これにより日本政府は迂闊に小吉と蛭間に手を出せなくなります。
日本政府は全ての責任を本多博士にかぶせようと考え、本多の助手で実際は政府のお目付け役であった榊原が発砲しました。
後で自殺に見せかけるつもりでしたが、本多博士は予測済みでバリアを張っていました。榊原は本多博士が隠し持っていたブローチから出たスズメバチの毒ガスで死にます。
地球へ戻る脱出ポッドの中で、蛭間は「地球でのしあがる」と宣言しました。地球に帰ったら何をすると蛭間に問われた小吉は「奈々緒と、皆の墓を作る」「それから…またここ(火星)へ戻って来る」と言います。
外には黒い火星の表面が見えていました。

みんなの感想

ライターの感想

原作未読、一切情報知りません…が、とりあえず映画は理解。
原作では17巻まで出ているらしいですが、ざっとあらすじ読むと、どうやら映画は1巻のみの内容の模様。
バグズ2号乗組員はいちおう殆どが日本人設定に変更。マリアのみどうやらロシア生まれらしいのだが(日系二世かな)。
ピラミッドが気になる~。
内容については。えっと、私、虫が大嫌い。ぞわっとする内容でした。特に序盤はいっぱい虫出てきてて(地球の話ですけど)ぞわぞわ鳥肌が立ちっぱなし。
シンプルな内容なんだろうけど、けっこう突っ込みどころ満載。
バトルの最中にエピソードを入れるから、ややスピードが失速する。
テラフォーマーは律義に1対1で戦ってくれる。なぜよ!? 集団で襲ってくれば一撃だろうに。
やたらテラフォーマーのアップを映してくれるんだが、このキャラ…笑いを取ろうとしてるのか真面目なのか(原作どおりの造形らしいぞ)、見てて複雑な気分。
ナレーションがところどころ入って来る。確かにナレーションないと説明難しいよね。しかしナレーションあることで興をそぐところもあり。
ちなみに、ヤクザ2人のゲンゴロウ&オケラのくだりは、笑いが起きてた(笑)。

    ジャラルさんの感想

    蛭間が漫画第二部でどれだけ伸し上がったかを原作未読組に教えてやりたいなwww

    咲珠さんの感想

    ビデオで見ました
    感想…
    ブレードランナー + トータルリコール(シュワちゃんの方) + マイノリティリポート
    … おお! ディックへのオマージュか!

映画の感想を投稿する

映画「テラフォーマーズ」の商品はこちら