「トランスフォーマー2 /リベンジ」のネタバレあらすじ結末

トランスフォーマー/リベンジの紹介:2009年公開のアメリカ映画。マシンに姿を変えて地球に潜む金属生命体・トランスフォーマーの映画『トランスフォーマー』の続編。悪の軍団・ディセプティコンと正義の軍団・オートボットのその後の戦いを描く。

予告動画

トランスフォーマー2 /リベンジの主な出演者

サム・ウィトウィッキー(シャイア・ラブーフ)、ミカエラ・ベインズ(ミーガン・フォックス)、ウィリアム・レノックス(ジョシュ・デュアメル)、シーモア・シモンズ(ジョン・タトゥーロ)、ロバート・エップス(タイリース・ギブソン)、グラハム(マシュー・マースデン)

トランスフォーマー2 /リベンジのネタバレあらすじ

【起】- トランスフォーマー2 /リベンジのあらすじ1

ディセプティコン(悪)との戦いから2年後。オートボット(正義)たちはアメリカ軍と協力し、ディセプティコンの残党を探しては倒す日々を送っています。
しかし軍内部から「オートボットがいるからディセプティコンが狙うのではないか」という声があがります。オートボットのリーダー・オプティマスはサムに仲裁を頼みますが、サムは大学進学を控えて断りました。
サムは荷作りの最中に、生命を作る力を持つオールスパーク(キューブ)の欠片を見つけ、手に取ります。すると頭の中に見たことのない文字が浮かぶようになりました。
同じ頃、キューブの欠片を入手したディセプティコンが海溝に沈められたリーダー・メガトロンを引き揚げます。

【承】- トランスフォーマー2 /リベンジのあらすじ2

キューブで蘇ったメガトロンが本拠地に行くと、主のザ・フォールンがいました。
ディセプティコン(悪)はサムを拉致します。メガトロンの狙いは、サムの脳に入ったオールスパークの情報でした。サムの護衛役のオートボット(正義)・バンブルビーとオプティマスが助けに現れ、オプティマスは倒れます。
ザ・フォールンは世界中を攻撃し、サムを引き渡さなければ世界を滅ぼすと宣言しました。政府はサムを指名手配します。それと共に、オートボットたちは拘束されました。
サムは解散したセクター7のシモンズ捜査官に会います。脳内に浮かぶ文字が古代サイバトロン語と把握したサムは、この文字を唯一読めるトランスフォーマーを探しました。

【転】- トランスフォーマー2 /リベンジのあらすじ3

スミソニアン博物館でジェットファイアという元ディセプティコン(悪)に会ったサムは、ジェットファイアの力でエジプトにテレポートし過去の経緯を教わります。
ザ・フォールンはプライム王朝の原初のトランスフォーマー・プライムの1人で、地球に探索に来た時に太陽を破壊しようとし、それを止めようとした他のプライムに惑星破壊装置の起動装置・マトリクスをエジプトに隠されました。
サムはそのマトリクスがあればオプティマスを復活できると考え、探して見つけます。しかしマトリクスは風化していて、触ると砂になりました。それでもサムは持っていきます。
しかしオプティマスに渡す前に銃撃戦が起こり、サムは銃で撃たれ死にました。

【結】- トランスフォーマー2 /リベンジのあらすじ4

臨死体験で初代プライムたちに讃えられたサムは蘇生しました。そしてその時、マトリクスも元の形に復活します。
サムはオプティマスを復活させましたが、直後にマトリクスがザ・フォールンに奪われました。
マトリクスは惑星破壊起動装置にセットされ、起動します。それを知ったジェットファイアは自害をすることで自分のパーツをオプティマスに与えました。
パワーアップしたオプティマスは、惑星破壊装置を破壊しました。さらにメガトロンとザ・フォールンと戦ったオプティマスは、ザ・フォールンのスパーク(魂のようなもの)を破壊します。メガトロンは圧倒的な力の差に、逃亡を図りました。
(エンドロール)サムは大学に戻りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「トランスフォーマー2 /リベンジ」の商品はこちら