「トータル・リコール(2012年)」のネタバレあらすじ結末

SF映画

トータル・リコール(2012年)の紹介:2012年公開のアメリカ映画。記憶が売買できる近未来を舞台に、自らに秘められた謎や巨大な陰謀に立ち向かう男の姿を、コリン・ファレルを主役に迎えて描かれる。

予告動画

トータル・リコール(2012年)の主な出演者

ダグラス・クエイド〔ハウザー〕(コリン・ファレル)、ローリー(ケイト・ベッキンセイル)、メリーナ(ジェシカ・ビール)、コーヘイゲン(ブライアン・クランストン)、ハリー(ボキーム・ウッドバイン)、マクレーン(ジョン・チョー)、マレック(ウィル・ユン・リー)、マサイアス(ビル・ナイ)

トータル・リコール(2012年)のネタバレあらすじ

【起】- トータル・リコール(2012年)のあらすじ1

近未来…。21世紀末の世界大戦の化学兵器使用で地上の殆どが居住不可能となりました。
住めるのは2つの地域です。富裕層が住むイギリス「ブリテン連邦(UFB)」と、労働者層(貧困層)が住むオーストラリア「コロニー」です。
コロニー住民は「フォール」という移動式巨大エレベータに乗り、地下を通って地球裏側まで通勤しました。
世界を牛耳るのはUFBのコーヘイゲン代表です。しかしコロニー側の独立と解放を要求するレジスタンスが、マサイアスを中心として活動していました。マサイアスは元諜報部員カール・ハウザーを右腕にしていますが、ハウザーの正体は謎です。
UFBはロボット警官・シンセティックを増産し対抗します。

【承】- トータル・リコール(2012年)のあらすじ2

ダグラス・クエイドは、妻・ローリーとコロニーで暮らす工場勤務の男です。
退屈な日常に飽きた人々は、人工記憶センター・リコール社で人工記憶を買って不満を解消しており、ダグラスは興味を持ちました。
ある日ダグラスはリコール社で記憶を買おうとします。その時、UFBのロボット警官隊がダグラスを襲撃しました。驚くダグラスですが、体は勝手に防御や攻撃の姿勢を取り、逃げ切ります。
帰宅すると今度は妻・ローリーが襲ってきました。
実はダグラスは6週間前に新たな記憶を植え付けられた人間で、諜報部員のローリーは、コーヘイゲン代表に指示されてダグラスを監視していました。ダグラスの正体はローリーも知りません。

【転】- トータル・リコール(2012年)のあらすじ3

ローリーから逃げたダグラスはUFBに行き、幾つかの謎を解く途中で、夢の中で見た女性・メリーナと再会しました。ダグラスは、自分の正体がレジスタンスの重要人物・ハウザーだと知ります。
ハウザーは、以前はコーヘイゲン側の諜報部員でしたが、マサイアスと接触するうちに共感してマサイアス側に寝返りました。ハウザーを捕らえたコーヘイゲンが「ダグラスとしての新たな記憶」を植え付けたのです。
レジスタンスが行ったというテロ活動は全て嘘で、コーヘイゲンが裏で糸を引いていました。
富裕層の人口増加でUFBの領土だけでは手狭になり、コーヘイゲンはテロを名目にしてコロニーの一部の人間を処分し、領土拡張を狙っていました。

【結】- トータル・リコール(2012年)のあらすじ4

ノー・ゾーン(汚染区域)に潜伏するマサイアスと会い、ダグラスは記憶を戻してもらおうとします。
コーヘイゲンはそれを予期し、ダグラスの脳にアクセスすると位置を知らせる仕組みを作っていました。アジトにロボット警官が大挙してマサイアスは殺され、メリーナとダグラスは捕らえられます。
コーヘイゲンはダグラスを自分に忠実だった元のハウザーに戻そうとしますが、ダグラスは抵抗しました。メリーナを助けに向かったダグラスをコーヘイゲンがナイフで襲いますが、ダグラスは返り討ちにします。
巨大エレベータ・フォールは壊れ、コロニーはUFBから独立します。
襲ってきたローリーを倒したダグラスは、メリーナと抱き合いました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「トータル・リコール(2012年)」の商品はこちら