「ノウイング」のネタバレあらすじ結末

SF映画

ノウイングの紹介:2009年公開。大惨事を予言したメモを手に入れた科学者が、次々と起こる大惨事と地球滅亡を阻止しようとする姿を描いた作品。監督は「アイ,ロボット」のアレックス・プロヤス。主演は「リービング・ラスベガス」のニコラス・ケイジ。MITの宇宙物理学者のジョンは、息子のケイレブが記念行事でもらった50年前のメモを見つける。法則性を見つけて解読すると、そこには大惨事の日付や犠牲者数が記されていた。これから起こる大惨事を食い止めるため、ジョンは立ち上がるのだった。

予告動画

ノウイングの主な出演者

ジョン・ケストラー(ニコラス・ケイジ)、ケイレブ・ケストラー(チャンドラー・カンタベリー)、ダイアナ・ウェイランド(ローズ・バーン)、ルシンダ・エンブリー&アビー・ウェイランド(ララ・ロビンソン)、フィル・ベックマン(ベン・メンデルソン)、グレース・ケストラー(ナディア・タウンゼンド)

ノウイングのネタバレあらすじ

【起】- ノウイングのあらすじ1

1959年、とある小学校ではタイムカプセルを埋めて50年後に開封する行事を決めます。提案したのはルシンダという女の子でした。
担任のテイラー先生は子供達に埋めるための絵を描いてと頼みます。回収していると、ルシンダだけは絵でなく、数字を大量に書いていました。封筒に入れて、タイムカプセルの中に入れられます。
タイムカプセルを埋める行事でルシンダが行方不明になってしまいます。警察と協力してルシンダを探すと、学校の部屋に入っていました。そのドアに回収していて途中やめになっていた数字を爪で掘っていたのです。
それから50年が経ちます。ジョンは息子のケイレブにホットドッグを作ってあげていました。テレビを見たいケイレブは家の中に入ってしまいます。
ケイレブは雑音が聞こえるため、補聴器が必要でした。ケイレブの母は火事で亡くなっていて、寂しい思いをしているケイレブでした。
ジョンはMITの宇宙物理学者で講義をしています。太陽についての講義を朝から学生達に熱心に教えます。
講義が終わって同僚のフィルから女性との食事に誘われますが、ジョンはあまり乗り気ではありませんでした。話し込んでしまって、ケイレブが参加する記念行事に急いで向かいます。

【承】- ノウイングのあらすじ2

ケイレブ達が歌を歌った後、50年が経ってタイムカプセルが開けられます。テイラー先生も出席します。
ケイレブはルシンダが書いたメモをもらいます。そして自宅に持ち帰って、ジョンに怒られちゃいます。
酔っぱらったジョンはメモを解読しようとします。法則性を見つけると、50年前のメモにそれから起こる大惨事が全て予言されていました。
日付と犠牲者数が数字になっていて、ジョンがインターネットで照らし合わせると見事に当たっているのです。
気味の悪いメモをフィルに見せます。横に意味のない数字もあることから、フィルは信じませんでした。
ジョンはテイラー先生にルシンダの事を聞きに行きます。確かにこのメモはルシンダが書いた物でした。そしてルシンダが数年前に亡くなっていたこと、壁に文字を書いていたことを聞きます。
謎の男達がケイレブに近づきます。ケイレブは不思議な石を渡されて、男達は去っていきます。
妹のグレースが家にやってきます。絶縁状態の牧師の父はケイレブにとってはおじいちゃんなのよと説教します。
睡眠不足でうっかりうたた寝したジョンは、ケイレブからの電話で急いで迎えに行きます。
事故があったのか道が渋滞しています。そこでカーナビに経度が記されていることに気づいたジョンは、メモの意味のない数字が経度であることに気づきます。

【転】- ノウイングのあらすじ3

ジョンが渋滞している場所が今日起こる大惨事の経度でした。日付も一緒で犠牲者数は81人です。渋滞していたのは事故が起こっていて、2人が怪我をしている状況です。
そしてジョンが降りていた車の所に戻ろうとすると、飛行機が墜落してきます。ジョンが助けようとしますが、多くの人が燃えていたり、亡くなっていました。
家に帰るとグレースがケイレブを迎えにいってくれていました。ショック状態のジョンにフィルが話しにきます。メモに関わるのは止めるようにと忠告してきます。
ケイレブが謎の男達の存在におびえ始めます。危機を感じ取ったジョンはルシンダの家を探して向かいます。家から出てきたルシンダの娘のダイアナと孫娘のアビーの後をつけます。
ダイアナに接触したジョンはルシンダの事を聞きますが、嫌われてしまって何も話してくれませんでした。
次の大惨事の日付が迫ってきて、テロ警戒のニュースを聞いたジョンはFBIに場所を伝えます。当日、グレースにケイレブを預けてジョンは現場に向かいます。
FBIはジョンの希望通り道路封鎖をしていませんでした。地下鉄に降りたジョンは犯人らしき人物を見つけて追いかけます。しかし、彼は万引き犯でした。
その直後、電車が電線不良で脱線してしまいます。駅に突っ込み、予言通りの犠牲者が出ます。
ジョンが家に帰るとダイアナとアビーが来ていました。ダイアナはルシンダの自殺した家に連れて行ってくれます。
ルシンダのメモの最後には数字でなく、「EE」という文字が書かれていて不思議に思います。

【結】- ノウイングのあらすじ4

ルシンダの家を捜索していると、不思議な石を見つけます。また、ベッドの裏には「EE」が全ての人類を指す言葉であることが記されていました。
謎の男達が車で待っていたケイレブとアビーに接触してきます。慌てて戻ったジョンが男達を追うと、口から光を放って逃げられてしまいます。
太陽フレアのニュースが流れていて、ジョンは研究所に向かいます。すると太陽フレアが地球に届くことに気づきます。これが予言されていた人類滅亡の原因であることに気づきます。
ジョンはダイアナ達と洞窟に隠れることを決めます。しかし、ジョンはルシンダの予言が唯一の助かる道だと考えて、学校のドアに書かれた最後の文字を見つけに行きます。
ドアの文字を掘り出そうとしている間に、ダイアナがケイレブとアビーを連れて行ってしまいます。ガソリンスタンドに止まると、政府から太陽フレアの緊急速報が流れます。
すると謎の男達はケイレブとアビーを連れ去ってしまいます。ダイアナが車で追いかけるとトラックにぶつかられて死亡します。
最後の文字の経度を見つけたジョンは、いなくなった3人を見つけに行きます。ダイアナが死亡していることを確認して、最後の文字の経度の場所に行きます。
到着するとケイレブとアビーがいました。謎の男達が宇宙船と共に現れます。ケイレブとアビーは人類を再スタートするために選ばれていて、彼らと共に行きます。
選ばれなかったジョンはグレースや両親がいる家に向かって、太陽フレアに巻き込まれます。人類は滅亡して、新たな星におろされたケイレブとアビーが走り出してエンディングです。

関連する映画

SF映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は地球滅亡を示唆する映像の数々です。ジョンが目の当たりにする飛行機事故、地下鉄の事故、そして太陽フレアによる地球が燃え尽きていく映像は凄まじく、恐怖のあまり目が離せなくなります。
それらの凄まじさを高める演出として、一度安心させる伏線が施されています。飛行機事故が目の前で起こる直前に、事故で通行止めをされていて、警備員に2人が怪我をしているとジョンは聞きます。そこで、予言通りではなかったんだと安心させておいて、一気に飛行機が墜落してきます。
地下鉄の事故でも、テロの犯人が爆弾を持っているのかと思いきや、万引き犯で違います。ホッと安心するも、電車が脱線して恐ろしい映像が流れます。一度安心させて恐ろしい事が起きるので、恐怖が倍増してしまいます。
また、宇宙人達がささやいてくる声の音や、宇宙人達が人間に化けている姿が不気味で恐ろしい雰囲気を高めています。SFパニック映画として、出来の良い作品だと思いました。
印象的だったのが、宇宙船を見た時のジョンのひざまづく姿です。まさにオーマイゴッドな演技で、ニコラス・ケイジすごいなと思いました。
この映画を見て、地球滅亡はいつか来るものだと考えてしまいました。人生を後悔しないように、自分のしたいことやするべき事を明確にして生きて行こうと、この作品を見て思いました。ささやく声が聞こえたら、選ばれた人間になれるかもと思いので、耳を傾けて行こうと思います。

映画の感想を投稿する

映画「ノウイング」の商品はこちら