「バックトゥザフューチャー」のネタバレあらすじ結末

バック・トゥ・ザ・フューチャーの紹介:1985年制作のアメリカSF映画。監督はロバート・ゼメキス。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズの1作目に当たり、公開当時全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットした。

予告動画

バックトゥザフューチャーの主な出演者

マーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)、エメット・ブラウン博士[ドク](クリストファー・ロイド)、ビフ・タネン(トーマス・F・ウィルソン)、ロレイン・ベインズ・マクフライ(リー・トンプソン)、ジョージ・マクフライ(クリスピン・グローヴァー)

バックトゥザフューチャーのネタバレあらすじ

【起】- バックトゥザフューチャーのあらすじ1

1985年10月25日、高校生のマーティは友人である発明家・ドクに呼ばれ、深夜の1時にショッピングモールの駐車場に行きます。マーティが駐車場に行くと、ドクは改造車デロリアンを見せました。デロリアンはタイムマシンでプルトニウムを動力として動き、車の中にあるメーターに日付けを入力し時速88マイル(約140km)を超えるスピードを出すと、過去でも未来でも行けるというわけです。ドクが愛犬を乗せて実験をすると、1分後にデロリアンは姿を現わしました。実験の成功に喜ぶ2人を、そのときリビアの過激派が襲います。ドクは過激派に交渉し、プルトニウムと偽の爆弾を交換していたのでした。ドクは過激派の銃弾に倒れます。

【承】- バックトゥザフューチャーのあらすじ2

狙われたマーティは思わずデロリアンで逃げます。シフトレバーを操作する際に次元装置のスイッチも入れてしまい、高速で車を走らせた瞬間1955年にタイムスリップしてしまいました。彼の両親がまだ知りあう前の時代です。燃料のプルトニウムがなく現代に戻れないマーティンは、55年のドクに会いに行きます。ドクは最初半信半疑でしたが、自分しか知らない研究内容をマーティが知っていることから信じるようになり、協力してくれることになりました。この時代プルトニウムはありませんが、マーティンのポケットにあった新聞記事から次の土曜にヒルバレーの時計台に落雷があることを知ったドクは、雷をエネルギーにするため準備を始めます。

【転】- バックトゥザフューチャーのあらすじ3

マーティはこの時代の若かりし両親に会ってしまいます。すると母・ロレインがマーティに一目ぼれしてしまいました。このままでは両親は結ばれず、マーティが生まれないことになってしまいます。マーティは両親の仲を取り持つことにしました。しかし父・ジョージはひ弱で情けない男で、同級生のビフにいじめられています。ビフはロレインに色目を使っていました。マーティは父と母が付き合うきっかけになったダンス・パーティの日にあわせて芝居を打つよう、ジョージと取りきめしました。マーティがロレインを襲って、それをジョージが救うというものです。しかしビフの手下がマーティを連れ去ってしまい、ビフがロレインを襲います。

【結】- バックトゥザフューチャーのあらすじ4

ジョージは宿敵ビフがいることに驚きますが、勇気を振り絞りビフを倒しました。ロレインはジョージに惹かれ、更にマーティがパーティで演奏をして盛り上げたため、2人の仲は決定的になります。安心したマーティはドクを訪れ、落雷を利用して現代に戻りました。現場に急ぎますが、ドクは銃撃されます。しかしドクは55年にマーティが書いた手紙を受け取り、防弾チョッキを着用していました。家に戻ったマーティは、自宅が豪邸になっていて驚きます。父ジョージはその後自信を持ち、小説家として大成していました。マーティを再びドクが呼び、未来で大変なことが起きていると告げます。デロリアンに乗り2人は未来に行くのでした…(つづく)。

みんなの感想

ライターの感想

1985年に第1作目が公開され今なお多くの人に愛され続けているバックトゥザフューチャーシリーズですが2作目の舞台が2015年ということで近年再注目されています。未来の世界として描かれたものの中には、実現しているものも多く、薄型大画面テレビやビデオ通話は一般的に広く普及しています。
そんな中で、注目は1のラストでデロリアンも改造される事になる空飛ぶ車。実はスロバキアのAeroMobile社によって開発されており既に試験飛行も完了しているとの事で、2017年には発売も予定されているらしいです。今後、バックトゥザフューチャーの世界のように空を車が行き交う光景を見るのも夢ではないかもしれません。
  • NRさんの感想

    とてもいい作品で何回も見ました。とてもよかあったと思います。

映画の感想を投稿する

映画「バックトゥザフューチャー」の商品はこちら

バック・トゥ・ザ・フューチャー [DVD]