「バックトゥザフューチャーPART3」のネタバレあらすじ結末

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3の紹介:1990年制作のアメリカSF映画。監督はロバート・ゼメキス。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ三部作の完結編にあたる。今回のマーティは西部開拓時代で活躍する。

この映画を無料で観る

予告動画

バックトゥザフューチャーPART3の主な出演者

マーティ&シェイマス・マクフライ(2人ともマイケル・J・フォックス)、エメット・ブラウン博士[ドク](クリストファー・ロイド)、ビフ&ビュフォード・“マッド・ドッグ”・タネン(2人ともトーマス・F・ウィルソン)、クララ・クレイトン(メアリー・スティーンバージェン)

バックトゥザフューチャーPART3のネタバレあらすじ

【起】- バックトゥザフューチャーPART3のあらすじ1

1955年に取り残されたマーティは1885年のドクの手紙を頼りに、この時代のドクに会います。手紙によると、ドクは1885年にタイムスリップし鍛冶屋を開いたこと、デロリアンは故障したので廃鉱のトンネルに隠したこと、でも1955年の技術を使えばデロリアンは直せるのでその時代のドクに頼むことが書いてあり、最後に「絶対に1885年には来るな」と記されていました。マーティと1955年のドクはトンネルに行き、壊れたデロリアンを見つけます。デロリアンを回収したマーティは、近くの墓地に「1885年9月7日ドク死す」と書かれた墓を発見しました。ドクを助けたいマーティは修理したデロリアンを使い過去に行きます。 この映画を無料で観る

【承】- バックトゥザフューチャーPART3のあらすじ2

マーティは1885年9月2日にタイムスリップすると、デロリアンを洞穴に隠しました。その際パイプに穴が開き、ガソリンが洩れてしまいます。ドクのもとへ急ぐマーティはインディアンや熊と遭遇し、丘を転げ落ちて気絶しました。助けてくれたのは、なんとマーティの曽祖父シェイマス一家です。名前を聞かれたマーティは「クリント・イーストウッド」と名乗りました。マーエィはドクに会いますが、デロリアンを確認したドクはガソリンがないことに気づきます。でも蒸気機関車で後ろから押せば、タイムスリップする速度88マイルを出せるかもしれないとドクは考えました。その折ドクは崖から落ちそうになった女性・クララを助け、恋に落ちます。

【転】- バックトゥザフューチャーPART3のあらすじ3

9月5日、村では祭りが開かれ、マーティとドクは参加しました。クララとダンスを踊っていたドクは、ビフの祖父・ビュフォードにデリンジャー銃で命を狙われます。この銃は苦しんだ挙句2日後に死ぬそうで、ドクの死亡日と一致します。マーティがビュフォードの狙撃を阻止したことから、マーティはビュフォードに恨まれました。マーティは8日朝に決闘することを申し込まれます。危険を回避したのに写真の墓が消えていないので、マーティは心配しました。ドクは現代に戻るためクララと別れ、やけ酒を浴びます。現代に戻る予定の翌日、マーティが酔いどれのドクをひきずりデロリアンの場所へ向かっていると、決闘のためビュフォードが現れました。

【結】- バックトゥザフューチャーPART3のあらすじ4

マーティは撃たれてしまいますが、胸に鉄板を仕込んでいたので無事で、逆にビュフォードを殴って倒しました。ドクとマーティは蒸気機関車をジャックし先頭車両を切り離して、デロリアンを押そうとします。その時、クララが馬に乗って追ってきました。ドクは1885年に残ることを決意し、マーティだけが1985年に戻ります。直後、列車がデロリアンに衝突し、デロリアンは大破しました。列車が去った後、タイムスリップできるよう改造された蒸気機関車がワープしてきます。機関車にはドクとクララと2人の子どもたちが乗っていて、ドクはマーティに時計の前で記念撮影した写真を渡すと、1885年に戻っていきました。

みんなの感想

ライターの感想

「BACK TO THE FUTUER」を知らない人は、必ず1から順にみて下さい。過去と未来を行ったり来たりするので、ちゃんと見ないと訳が分からなくなります。しかし3まで観終わると全てが繋がり、ゾクゾクする習慣が最後に訪れます。
その習慣はいつも主人公のマーティが騒動に巻き込まれるたびに使われていた言葉「この腰抜け」という言葉です。この言葉を聞くとマーティは、ついついカッとなり巻き込まれないで済む騒動に自ら巻き込まれていきます。それが3では、ハッピーエンドで終わる大切なシーンとなる為、ぜひ順を追って最初から見て欲しいです。

映画の感想を投稿する

映画「バックトゥザフューチャーPART3」の商品はこちら

バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 3 [DVD]