「ファイナルカウントダウン」のネタバレあらすじ結末

ファイナル・カウントダウンの紹介:1980年公開のアメリカ映画。超最新兵器を満載して航行中の原子力攻撃空母が、突然嵐と共にタイム・スリップに遭遇し、1941年の日本海軍による真珠湾奇襲時のハワイ沖に出没するというSF映画。

予告動画

ファイナルカウントダウンの主な出演者

ニミッツ艦長マシュー・イーランド海軍大佐(カーク・ダグラス)、ウォーレン・ラスキー(マーティン・シーン)、ローレル・スコット(キャサリン・ロス)、リチャード・T・オーウェンス中佐(ジェームズ・ファレンティノ)、サミュエル・チャップマン上院議員(チャールズ・ダーニング)

ファイナルカウントダウンのネタバレあらすじ

【起】- ファイナルカウントダウンのあらすじ1

1980年、アメリカ・ハワイ。
若い男性・ラスキーは大手企業・タイドマン重工の会長・タイドマン氏に依頼されて、最新の原子力攻撃空母・ニミッツ号を視察する予定でした。視察内容は後日、国防総省にも報告することになっています。
タイドマン氏は海軍のヘリに乗り込むラスキーを、リムジンの車中から眺めていました。
ダン・サーマン中佐の操縦する海軍ヘリに乗ったラスキーは、ハワイ沖にいるニミッツ号に無事に着陸し、艦長・マシューに迎えられます。
ラスキーの任務は、ニミッツ号の視察だけで、特に具体的な指示を受けていませんでした。部屋に通されたラスキーは簡易ベッドをチェックした後、別室のドアを開きます。
隣室はオーウェンス中佐の部屋で、そこにはたくさんの資料が置かれていました。オーウェンス中佐は仕事の合間に、第二次世界大戦当時の真珠湾の研究をしています。
ラスキーが資料に目を通している時にオーウェンス中佐が戻り、私物を見ないでくれと言いますが、資料に感心したラスキーは本を出せとアドバイスしました。
ニミッツ号はハワイ沖を航行中です。気象予報では、その日は終日天候がよい予定でした。
しかし朝には存在しなかった雷雲が急に写真に写り込んだと、気象係から連絡が入ります。
やがて着艦機との通信トラブルがあり、天候も荒れ模様となります。気温が急に5度下がり、気圧も急激に変化しました。
前方に竜巻のようなものが出現します。しかしこの竜巻は淡い水色で、不思議な渦を巻いていました。
マシュー艦長はハワイの真珠湾に引き返すことを決意しますが、それよりも竜巻の到達が早く、ニミッツ号は竜巻に飲み込まれます。
乗員全員が、耳鳴りと高周波の電磁音に悩まされました。計器類もいっせいに故障します。
頭痛に苦しむ乗員たちですが、しばらくするとぴたりとやみました。竜巻は去ったのです。
さっきまでの嵐が嘘のように頭上は晴れ渡りました。
しかしマシュー艦長は状況が不明のため、有事の際に備えて、全員配置命令を出します。艦内に警報が鳴り渡り、皆配備に就きました。

【承】- ファイナルカウントダウンのあらすじ2

無線連絡もできず、レーダーも写りません。しかし不調は一時的なもので、やがてレーダーが正常に戻りました。
無線技士が不思議な音声を受信します。それは現在は使われていない、旧式の暗号で「ソ連とアメリカとドイツが開戦した」という知らせでした。第3次世界大戦の勃発だと思い、乗務員は皆、緊張します。
しかしラジオを流すとジャック・ベニーの放送が流れます。現在はすでに放送されていないものでした。
マシュー艦長は周囲の情報を得るために偵察機を出動させ、全員配置を解除して第3配置にします。緊張はやや和らいだものの、乗務員は状況が理解できず、不安になりました。
戻ってきた偵察機の航空写真は、1941年当時の真珠湾と全く同じものでした。現在はスミソニアン研究所に保存されているアリゾナ号が真珠湾に停泊しています。
真珠湾に停泊していた艦船は、1941年当時の〝アリゾナ号〟〝テネシー号〟〝ウェスト・バージニア号〟でした。
偵察機の撮影した写真は、ちょうどオーウェンス大佐が所持している資料の写真と全く同じものです。
さらにニミッツ号は、頭上を日本の三菱A6M型ゼロ機2機が、原型そのままで頭上を飛ぶのを確認しました。
マシュー艦長は、今回の視察に参加したラスキーが何か鍵を握っているのではないかと思って問い詰めますが、ラスキーも何のことだか分かりません。
ただ…ラスキーは「1941年12月7日にタイムスリップしたのではないか」と、考えていたことをマシュー艦長にぶつけます。マシュー艦長とオーウェンス中佐も同じ意見でした。
日本のゼロ戦が、ニミッツ号の前方にいたヨットを攻撃し始めます。ヨットは転覆し、マシュー艦長がイーグルに指示して、ゼロ戦2機を撃墜しました。
ニミッツ号は救出活動をします。
ヨットに乗っていた生存者は、1941年時点で1944年の大統領選挙の候補に挙がっている民主党の上院議員サミュエル・S・チャップマンと、サミュエルの女性秘書・ローレルと愛犬・チャーリーでした。操縦していたハービーは機銃にやられて亡くなります。
また同時にニミッツ号は、ゼロ戦パイロットのシムラとカジマ大尉を捕まえました。

【転】- ファイナルカウントダウンのあらすじ3

サミュエル・S・チャップマンは本来ならば、1941年12月7日(つまり本日)に行方不明になる予定で、もし生きていれば44年の選挙で大統領になるだろうと目されるほどの人物でした。
サミュエル議員とローレルは救出されたものの、ニミッツ号の存在を知らないので困惑します。
それはマシュー艦長やラスキーなども同じでした。自分たちが本当に第2次世界大戦の、真珠湾攻撃の直前にタイムスリップしたことは理解できましたが、介入してよいものかどうか悩みます。
救出された犬・チャーリーが逃げ、その騒動のどさくさにまぎれて、シムラが機銃を取って武装し、乗務員2名を殺害してラスキーとローレルとサミュエルを人質に取ると、日本語で何かを主張しました。
マシュー艦長が通訳技師に連絡を取り、通訳させます。シムラはカジマ大尉に無線を使わせろと言っていました。
日本軍にニミッツ号の存在を話すのだろうと、マシュー艦長はすぐに想像がつきます。女性・ローレルを解放すれば通信室に入れると通訳させました。
オーウェンス中佐は、シムラに知っている情報を話し、日本語通訳士に通訳させます。
11月26日に6隻の空母が千島列島を出発したこと。その空母の名は『赤城』『加賀』『翔鶴』『瑞鶴』『飛龍』『蒼龍』という名であること。明日(8日)未明、これらの空母から353機が真珠湾を攻撃すること。
そしてその際の暗号は『ニイタカヤマノボレ』であること…。
通訳士は通訳しますが、シムラは全部敵方に情報が洩れていることを知って、大きなショックを受けます。
動揺したシムラは室外に待機していた乗務員の1人を撃ち、もう1人に射殺されました。
シムラも驚きましたが、同席したサミュエル議員も驚きます。サミュエル議員はオーウェンス中佐に説明しろと詰め寄りますが、タイムスリップという概念を説明しにくいので、オーウェンス中佐も困りました。ニミッツ号の乗務員たちもみんな、戸惑っているくらいですから。
とりあえず未来からやって来たことと、アメリカの最新鋭の原子力攻撃空母だということの説明を、サミュエル議員にして、納得してもらうことにしました。味方であるということだけ分かれば、現段階ではよいのです。

【結】- ファイナルカウントダウンのあらすじ4

サミュエル議員は真珠湾へ空輸してくれと頼みます。
オーウェンス大佐とマシュー艦長が話し合った結果、日本軍による真珠湾攻撃を食い止めるために戦うという結論が出ました。
戦争するためには、民間人をニミッツ号に乗せていては都合が悪いので、サミュエル議員とローレルを真珠湾ではなく、十分な物資を持たせて別の島の無人地区におろそうと考えます。マシュー艦長とオーウェンス中佐は、視察で訪れたラスキーもその対象に考えましたが、ラスキーは留まりました。
マシュー艦長の命令で、オーウェンス中佐はヘリを操縦して、サミュエル議員と秘書・ローレルを無人島に連れていきました。しかしサミュエルは真珠湾に行きたがってオーウェンス中佐と揉み合いが起こり、ヘリは爆発します。オーウェンス中佐と秘書・ローレルは無人島に降りて助かりましたが、サミュエル議員は爆発に巻き込まれました。
マシュー艦長は艦内放送をかけ、第3次世界大戦ではないことを正式に艦内に報告します。それとともに18時間前に起きた嵐でタイムスリップし、1941年のハワイにいることを告げ、これから起こる日本軍の真珠湾攻撃を止めるために作戦を発動することを宣言しました。
その矢先、再び目の前に薄い水色の竜巻が発生し、渦を巻きました。マシュー艦長は慌ててF14戦闘機の任務を取り消します。
ニミッツ号はまた竜巻に飲み込まれました。乗員全員が、耳鳴りと高周波の電磁音に悩まされます。
頭痛が終わると、一同はまた1980年の海に戻っていました。
ハワイの真珠湾に戻ったラスキーを、タイドマン氏が待っていました。それは、ついさっき別れたはずの、オーウェンス中佐とローレルでした。彼らは無人島で生き残った後、結婚したようです。
タイドマン夫妻はラスキーに「積もる話をしようじゃないか」と車に招きました。車は発進します。
どういうふうに歴史が変化しているのかは不明ですが、嬉しい再会にラスキーは喜びました。

みんなの感想

ライターの感想

SFものです。
が、これから歴史に介入するか、という直前で現代に戻るので、もどかしいと思う人もいるかもしれません。
また人によっては「実際にタイムスリップしたら、こんな感じかもね」とも思うかも。私は後者の意見です。
タイムスリップしたとすぐ理解して、歴史を改変するために動けるか…。
艦長は最終的に嵐を前に「歴史の改変よりも、ニミッツ号を現代に戻すほうを優先」したわけですが、それは艦長としては正しい判断じゃないかと思う。
若干の物足りなさはありますが(もうちょっと1941年の時代にいてほしかった的な)、明るいラストです。
日本の有名な歌謡曲に『聖母(マドンナ)たちのララバイ』という曲があり、この作曲家・木森敏之はファイナル・カウントダウンの終盤でかかる曲の盗作を認めています。
後日作曲家ジョン・スコットとの共作曲扱いで認められ、『聖母たちのララバイ』は第13回日本歌謡大賞を受賞しました。

    N4S1さんの感想

    >また同時にニミッツ号は、ゼロ戦パイロットのシムラとカジマ大尉を捕まえました。

    ゼロ戦パイロット2人のうち1人死亡、1人が生存でその一人がシムラです。カジマ大尉はニミッツ乗組員です。

映画の感想を投稿する

映画「ファイナルカウントダウン」の商品はこちら