「ファンタスティック・フォー 〔超能力ユニット〕」のネタバレあらすじ結末

SF映画

ファンタスティック・フォー 〔超能力ユニット〕の紹介:2005年公開のアメリカ映画。アメリカン・コミックの『ファンタスティック・フォー』を原作としたSF映画、アクション映画である。ある日突然、超能力を身に付けた4人の活躍を描く。

ファンタスティック・フォー 〔超能力ユニット〕の主な出演者

リード・リチャーズ(ヨアン・グリフィズ)、スーザン・ストーム(ジェシカ・アルバ)、ジョニー・ストーム(クリス・エヴァンス)、ベン・グリム(マイケル・チクリス)、ヴィクター・ヴァン・ドゥーム(ジュリアン・マクマホン)、アリシア(ケリー・ワシントン)

ファンタスティック・フォー 〔超能力ユニット〕のネタバレあらすじ

【起】- ファンタスティック・フォー 〔超能力ユニット〕のあらすじ1

天才発明家兼科学者・リードは、人間のDNAに働きかけ進化に影響を与える宇宙嵐が地球に接近することを知りました。
研究に役立てたいリードは相棒・ベンとともに、マサチューセッツ工科大学時代のライバルで、現在は自分の研究所を持つ億万長者・ヴィクターに資金提供を乞います。
リードが金に困っているのを知るヴィクターは、売り上げの大半と研究の特許がヴィクターのものになる法外な条件を持ち出しますが、研究を進めたいリードは条件を呑みました。
リードはヴィクターの研究所で、かつての恋人・スーザンと再会します。
宇宙ステーションに飛び立ったのは、リード、ベン、スーザン、スーザンの弟・ジョニー、ヴィクターでした。

【承】- ファンタスティック・フォー 〔超能力ユニット〕のあらすじ2

しかし宇宙嵐は予想以上に強大で、実験は失敗し彼らは磁気嵐に呑まれます。
地球に帰還後、5人は精密検査を受けました。当座は異常がみられなかったものの、次第に5人の体に特殊能力が備わったことを知ります。
リードは全身がゴムのように伸縮する体を持ち、スーザンは透明になったり透明なエネルギーシールドを張ったりできます。ジョニーは炎を操って飛び、ベンは体が岩化して頑丈な肉体と怪力を持ちました。
この4人は橋で起きた大事故で活躍し〝ファンタスティック・フォー(4)〟とニュースで英雄扱いされます。
お調子者のジョニーは特殊能力を喜びますが、あとの3人は複雑な心境です。特にベンは岩化した肉体が元に戻りません。

【転】- ファンタスティック・フォー 〔超能力ユニット〕のあらすじ3

婚約者から別れを告げられたベンは、失意のどん底にありました。
実はもう1人、ヴィクターにも特殊能力が出ました。ヴィクターは実験の失敗から銀行の援助を受けられなくなり、世間での評価も下がったことを恨んでいました。
チタンより強くダイヤモンドより硬い金属化する肉体を持ち、電気を吸って放出できる能力を持ったヴィクターは、まず自分に資金の援助を断った銀行のおえらいさんを殺します。
その後、英雄扱いされる4人に復讐しようと考えました。
責任を感じたリードは元の体に戻す研究をし、受けた磁気嵐と逆方向の磁気嵐を出す装置を作ります。
ヴィクターはその研究所に現れ、リードの装置でベンを人間に戻し倒しました。

【結】- ファンタスティック・フォー 〔超能力ユニット〕のあらすじ4

ジョニーに熱追尾式の爆弾を送り、リードを監禁します。ヴィクターの復讐はNY中を巻き込み、都会は混乱に陥りました。
リードとヴィクターの戦いに、装置に再び入り岩化したベンとジョニー、スーザンが結集します。ジョニーが超新星並みの高熱でヴィクターを包み、スーザンはシールドを張って結界を作りました。
高熱のヴィクターの金属体にベンが消火栓を破壊して水を送り、リードがホースの役目をして浴びせ、ヴィクターは急冷却されて固まりました。
ファンタスティック・フォーのメンバーは市民から拍手喝采を受けました。
(エンド後)固まったヴィクターは故国・ラトヴェリア行きの船に乗せられますが、復活しそうな気配がします…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ファンタスティック・フォー 〔超能力ユニット〕」の商品はこちら