「フィラデルフィア・エクスペリメント」のネタバレあらすじ結末

SF映画

フィラデルフィア・エクスペリメントの紹介:1984年公開のアメリカ映画。第二次大戦中の海軍の秘密実験に端を発したタイム・ワープにまつわる、有名な都市伝説「フィラデルフィア計画」をモチーフに造られたSF映画。

予告動画

フィラデルフィア・エクスペリメントの主な出演者

デヴィッド・ハーデッグ(マイケル・パレ)、アリソン・ヘイズ(ナンシー・アレン)、ジム・パーカー〔ジミー〕(ボビー・ディ・シッコ)、ジェームズ・ロングストリート博士(エリック・クリスマス)、パメラ(ルイーズ・ラサム)、バーニー(スティーヴン・トボロウスキー)

フィラデルフィア・エクスペリメントのネタバレあらすじ

【起】- フィラデルフィア・エクスペリメントのあらすじ1

第二次世界大戦中の1943年、アメリカ海軍は敵のレーダーから連合国艦船を消し、見えなくする実験をしていました。〝フィラデルフィア実験(エクスペリメント)〟です。
フィラデルフィア水域で10月におこなわれた実験に、水兵のジミーとデヴィッドも参加しました。ジミーは既婚者で妻・パメラは身重です。
実験に携わったロングストリート博士は、実験結果に一抹の不安を抱えています。
当日、駆逐艦エルドリッジ号は港に近い海上で実験を開始しました。船内にあるたくさんの装置のスイッチを入れます。
するとレーダーからエルドリッジ号が消えました。しかし実際のエルドリッジ号も、さまざまな色の光を出しながら、姿を消します。

【承】- フィラデルフィア・エクスペリメントのあらすじ2

少し後に再びエルドリッジ号は姿を現しますが、乗組員は大やけどを負う者や死者も出ていました。そしてデヴィッドの姿がなく、ジミーは「デヴィッドが電源を落とした」と言います。
…実はこの実験の時、船内から光が出るのを見たデヴィッドとジミーは海に飛び込みました。エルドリッジ号は時空の穴に入りこんだのです。
デヴィッドとジミーは1984年のネバダ州にタイムスリップしました。気づくと何もない地上にいた2人はいきなり銃撃され、混乱しながら逃げます。
そこは砂漠にあるゴーストタウンで、老齢にさしかかったロングストリート博士が41年前と同じ実験をその街でおこなっており、2人はそこへ紛れこんだのです。

【転】- フィラデルフィア・エクスペリメントのあらすじ3

最初2人は「心理実験だろう」「幻覚で試しているのだ」と思いました。
軽食喫茶に入った2人は、テレビなど店内の進歩に驚きます。
ジミーの右手首が赤くなって傍のゲーム機がショートし、弁償しろと詰め寄られました。居合わせた若い金髪女性・アリソンの車を奪った2人は、オートマの運転ができるアリソンを人質にとって逃げます。
1984年の実験でゴーストタウンは街ごと消え、竜巻のような大きな穴が発生しました。竜巻を解析したロングストリート博士は、中に街とエルドリッジ号の姿を見て驚愕します。周囲の物を吸い込み、竜巻は巨大化しました。
2人は事故で捕まりますが、病院で医者たちが見守る中、ジミーの姿が消えました。

【結】- フィラデルフィア・エクスペリメントのあらすじ4

タイムスリップしたと気づいたデヴィッドがアリソンの協力を得て故郷サンタ・ポーラに行くと、老いたジミーが存在します。
ロングストリート博士を訪ねたデヴィッドは、2回(1943年と1984年)の実験でできた電磁界が交錯して渦を作り、時空の穴が開いてデヴィッドがタイムスリップしたと説明を受けます。
前回穴は閉じてエルドリッジ号は戻りましたが、1984年の実験で穴は開いたままです。地球の危機だと言われたデヴィッドは、原因であるエルドリッジ号の電源を切りに、電磁防護服を着て竜巻に入りました。
船内に入り電力を斧で壊したデヴィッドは竜巻を消し、街と一緒に、愛し合うようになったアリソンの所へ戻りました。

関連する映画

SF映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「フィラデルフィア・エクスペリメント」の商品はこちら