「ボディスナッチャーズ」のネタバレあらすじ結末

SF映画

ボディ・スナッチャーズの紹介:1993年のSFホラー映画。軍事基地にやってきた一家が、謎の物体に襲われる様を描いている。ジャック・フィニィのSF小説「盗まれた街」の3度目の映画化作品。監督は「バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト」のアベル・フェラーラ。主演は「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」のガブリエル・アンウォー。

予告動画

ボディスナッチャーズの主な出演者

マーティ・マローン(ガブリエル・アンウォー)、キャロル・マローン(メグ・ティリー)、コリンズ少佐(フォレスト・ウィテカー)、スティーヴ・マローン(テリー・キニー)、プラット将軍(R・リー・アーメイ)、アンディ・マローン(ライリー・マーフィ)、ティム・ヤング(ビリー・ワース)、ジェン・プラット(クリスティーン・エリス)、プラット夫人(キャスリーン・ドイル)、ピート(G・エルヴィス・フィリップス)

ボディスナッチャーズのネタバレあらすじ

【起】- ボディスナッチャーズのあらすじ1

マローン一家は、軍事基地へとやってきます。マーティの父のスティーヴが環境調査にくるためでした。しばらく滞在することになります。
マーティは、母親のキャロルとは血の繋がりがありませんでした。弟のアンディはキャロルと血の繋がりがあり、マーティはどこか居心地が悪い様子です。
基地に向かう途中で、ガソリンスタンドに寄ります。トイレに行ったマーティは、軍人に首をつかまれます。
彼から、寝てる間に襲われる事を忠告されます。助けを呼んで、トイレに見に行くと誰もいませんでした。
基地に到着すると、寝室が二つしかありませんでした。マーティはアンディと同じ部屋になって不満を持ちます。
外に出て歩いていると、軍人に囲まれます。そこにプラット将軍の娘のジェンがやってきて助けてくれます。
彼女の母親はアルコール中毒でした。将軍も眠れない様子です。
スティーヴは、基地に保管されている化学薬品を調べてに行きます。軍医のコリンズ少佐が協力すると言ってきます。
彼から、眠る事に怯える人が続出して困っていると相談されます。専門外のため、スティーヴは何とも言えませんでした。

【承】- ボディスナッチャーズのあらすじ2

保育所に行っているアンディは、園児達が同じ絵を描く事を不気味に思います。また、やたらと自分を眠らせようとしてくることに恐怖を感じます。
抜け出して歩いていると、ヘリの操縦士のティムが発見して家まで送ってくれます。そこで、ティムはマーティと出会います。
夜になって、ジェンが遊びに行こうと誘ってきます。マーティは一緒にバーに行って、ティム達と遊びます。
その頃、家ではアンディが目を覚ましていました。キャロルのベッドに行くと、彼女が溶けて無くなっていました。
別人のキャロルがクローゼットから出てきます。アンディはキャロルが死んだと考えます。
門限より遅れて帰ってきたマーティを、スティーヴがきつく叱ります。翌朝も続いて、マーティは出て行きます。
スティーヴは仕事中に、危険な薬品を軍人に運んでもらいます。彼らはドラム缶を落としてしまって、中から薬品が出てきます。
怪我をした軍人を救急車で運ぼうと言うスティーヴでしたが、彼らは自分達に任せろと言って聞きません。
スティーヴは、こっそりと怪我をした軍人の服から細胞を入手します。調べてみても、スティーヴは見た事の無いもので驚きます。

【転】- ボディスナッチャーズのあらすじ3

マーティは、お風呂に入りながら寝入ってしまいます。その間に、宇宙から来た謎の物体が触手を伸ばして忍び寄ってきます。
奴らは触手を通して、マーティと同じ姿をした同種族の個体を生み出します。キャロルのように溶けて無くなる前に、マーティは目を覚まします。
寝ているスティーヴを起こしに行くと、スティーヴの個体も作られていました。慌てて逃げようとします。
しかし、キャロルが本性を現して、どこに逃げ隠れするのかと聞いてきます。そこら中で、入れ替わりが起きていて、人間はいなくなってくることも指摘します。
キャロルが大声で叫ぶと、入れ替わった人々が次々とマーティ達を捕まえにきます。基地はほとんど占拠されてしまったのです。
スティーヴは、マーティとアンディに隠れているように言います。自分は逃げ道を探しに、ある家に入ります。
そこには、眠ることが怖くて薬漬けになっているコリンズ少佐がいました。彼から車の鍵をもらおうとすると、奴らがやってきます。
コリンズ少佐は自害して、スティーヴは入れ替わってしまいます。マーティとアンディを連れて車で移動します。
マーティは途中で、スティーヴが変わっている事に気づきます。アンディと逃げようとしてると、捕まるのを逃れたティムが助けにきてくれます。

【結】- ボディスナッチャーズのあらすじ4

ティムがスティーヴを撃つと、彼は溶けてなくなってしまいました。3人は車に乗ってヘリのある場所まで向かいます。
ティムは、二人を置いて先にヘリを取りに行きます。奴らに見つかりますが、仲間のフリをして見逃されます。
しかし、マーティとアンディは病院へ連れて行かれます。ティムが病院に行くと、多くの人々が入れ替えられていました。
マーティを助け出したティムは、再びヘリに戻ろうとします。しかし、アンディを置いて行けないマーティは残ろうとします。
入れ替わったジェンが声をかけてきて、仲間のフリをして逃れようとします。しかし、アンディが探してたよと言われて、マーティが反応してしまいます。
再び奴らに追われることになります。急いでヘリに乗り込むと、アンディが走ってやってきます。
アンディを乗せて、無事に脱出できると思いますが、彼はすでに入れ替わっていました。ティムを襲い始めます。
このままでは墜落してしまうため、ティムはマーティにアンディを落とすように指示します。アンディは奴らと同じ叫び声をあげながら落ちていきます。
ティムとマーティは、奴らを滅ぼすためにミサイルを次々と打ち込みます。そして、別の基地へ着陸しようとします。
そこで、どこに逃げ隠れするのか、人間達は残っていないのだからとテロップが流れてエンディングです。

関連する映画

SF映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、じわじわと忍び寄ってくる宇宙からの侵略者の恐怖を味わえるのが見所です。気づいた時には、多くの人々が入れ替わってしまっていて、主人公達が基地で多くの人に追いかけられる場面は恐ろしいです。
この作品の恐怖を掻き立てている理由に、人間の姿をしていることが挙げられます。同じ姿をしているため、味方か敵か区別がつかないのです。
特にスティーヴが味方か敵かが分かりませんでした。銃を撃った後に溶けるまで、人間だと思ってしまっていました。
また、アンディの様子は、最初人間だと思ってしまいます。彼を演じた子役のライリー・マーフィの演技力の高さが伺えます。
SFとホラーが合わせ合ってるため、宇宙からの侵略者の触手が恐ろしかったです。じわじわとまとわりついていく様子は、急に襲ってくる恐怖とは違う別の恐怖感をもたらしてくれます。
映画の設定も細かく決められている映画で、ただ単に恐ろしい生物が襲ってくるような単純なものではありませんでした。そこが奥深くて、感情移入もできて楽しめました。
例えば、マーティの家族の血の繋がりが無い部分や、トイレで軍人が警告してくる場面、ジェンの母親が急に態度が一変して出かけるシーンなどです。
最後まで見終わって、グロい描写や気持ち悪いメイクなどで恐怖を掻き立てるのではなく、心理的にジワジワと来る恐怖を味わせてくれる作品だと感じました。大人向けなSFホラー映画を見たい時は、この作品で決まりです。

映画の感想を投稿する

映画「ボディスナッチャーズ」の商品はこちら