「モーガンプロトタイプL9」のネタバレあらすじ結末

SF映画

モーガン プロトタイプL-9の紹介:2016年製作のアメリカ&イギリス合作映画。『ブレードランナー』のリドリー・スコットが製作を手掛けたSFアクションスリラー。人工生命体のL-9・モーガンが研究者を襲う事故が発生する。調査のためにリー・ウェザーズが派遣されるが、モーガンが心理評価中に混乱し始め…。

予告動画

モーガンプロトタイプL9の主な出演者

リー・ウェザース(ケイト・マーラ)、モーガン(アニャ・テイラー=ジョイ)、モーガン〔幼少期〕(コートニー・コールドウェル、エイミーベス・マクナルティ)、サイモン・ジーグラー博士(トビー・ジョーンズ)、エイミー・メンサー博士(ローズ・レスリー)、スキップ・ヴロンスキー(ボイド・ホルブルック)、ルイ・チェン博士(ミシェル・ヨー)、キャシー・グリーフ博士(ジェニファー・ジェイソン・リー)

モーガンプロトタイプL9のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①人工的に作られたDNAを元にナノテク装置を埋め込んだ究極の人間『L-9 モーガン』は発達が驚異的で、5歳にして20歳近くにまで成長していた。自由を拘束されたモーガンがスタッフに危害を加えたため、本社からリーとシャピロ博士が視察に。挑発するシャピロ博士を殺害したので、リーはモーガンの殺処分を決意。 ②殺されると思ったモーガンは自分を育てたスタッフたちを殺して逃亡を図る。リーは追いつめてモーガンを殺害、リーの正体であるL-4に予算が割かれることになった。

【起】- モーガンプロトタイプL9のあらすじ1

近未来。
ある極秘の場所に、極秘の研究所がありました。そこではシンセクト社の英知を結集し、トップシークレットの研究が行なわれています。
研究とは『人工DNAの作製、その後、神経系統にナノテク装置を埋め込んだ人間を作る』というものでした。
(注:アンドロイドではない。DNAを人工的に作った「究極の人間」)
その計画は『L-9』シリーズと呼ばれています。
1度目のL-9は内臓が体外に発達して出生後すぐに死亡し、2度目のL-9は身体は成長したものの、精神的には未熟児でした。
さらに2年の研究を重ねた後、3度目のL-9が作られました。それがモーガンです。
L-9のモーガンは驚異的な成長を遂げました。生後わずか1か月で歩き、話し始めます。

その後も成長を続けたモーガンは、現在の見た目は10代後半の少女ですが、実際はまだ5歳です。
理解力や成長力が驚異的だと気付き、最初は自由に育てていた研究施設のメンバーでしたが、ある時から外出制限がモーガンに告げられました。
モーガンはそれを嫌い、スタッフのキャシーに暴力を振るいました。
そこで「モーガンを生かして研究を続けるべきか、研究を中断すべきか」という判断を下すために、シンセクト社の本社からリー・ウェザーズという若い女性が派遣されます。
リーが行った極秘研究所は、山奥にある古い屋敷でした。入り口にセンサーがあり、登録された者しか通過できないようになっています。

・リー・ウェザーズ…本社の危機管理コンサルタントの女性。シャピロ博士と共に、モーガンの研究を続けるべきか判断を下すため派遣された。
・シャピロ博士…翌日から合流の博士。
・サイモン・ジーグラー博士…めがねをかけた初老の男性。
・テッド・ブレナー…黒人男性。プロジェクトのリーダー。
・ルイ・チェン博士…アジア系の中年女性。モーガンはチェンを「母」と呼ぶ。
・エイミー・メンサー博士…行動心理学者の女性。モーガンが最も懐いている相手。
・キャシー・グリーフ博士…行動心理学者の女性。モーガンに外出禁止令を話し、左目にケガを負わされた。
・ブレンダ…黒人女性。看護師。
・スキップ・ヴロンスキー…キッチン担当の調理師。
・ダレン…ブレンダの夫。モーガンの部屋を監視する役目。

研究所にいるメンバーは、生まれた時からモーガンの相手をしているので、モーガンに肩入れしていました。ケガを負ったキャシーは「私のせい。不機嫌なのに見逃した自分のミスだ」と主張します。
モーガンには心や感情があり、それを部屋に閉じ込めるのはひどいとキャシーはリーに訴えました。

【承】- モーガンプロトタイプL9のあらすじ2

リーは研究所内にある、モーガンを録画した記録を見せてもらいます。その後、実際のモーガンに会いに行きました。
モーガンは現在、ガラス張りの部屋に隔離されています。24時間常に監視されている状態でした。
空間内ではモーガンが環境を自由に操作できるので、モーガンはオペラを流しています。
モーガンは単に発達が早いだけではなく、特殊能力がありました。相手の心や、先に起こることが読めるのです。
リーはモーガンを観察しますが、詳しい調査は翌日、シャピロ博士が来てからということになりました。

夕食の時、メンバーと席を囲んだリーは、チェン博士から過去にヘルシンキで起きた事件の話を聞きました。
それは別のハイブリッドLシリーズの事件のことで、チェン博士が当時勤務していた時に、30人いたスタッフがわずか1時間で9人に減っていたというものです。
結局誰が行なった犯行かは分からずじまいだったそうです。
夜、眠れないリーが屋敷の外へ出ると、スキップがいました。スキップはリーに酒を勧めます。
草原のところにはエイミーも寝そべっていました。
リーはダレンとブレンダの夫婦について話を聞きます。スキップは、最初ダレンがエイミーを狙っていたことを告げ、そのエイミーはスキップと恋仲だったことを話しました。今はもう関係はないそうです。
閉鎖された空間なので、どうしてもカップルができるようです。
そう話すスキップは、リーに好感を持っているようでした。
その夜、エイミーは監視カメラをこっそり切ると、モーガンに話しかけます。エイミーはモーガンと、いつか一緒に行こうと決めている湖があるのでした。

翌朝。
ジョギングをしたリーが戻ると、シャピロ博士が到着していました。リーは念のため武装し、パンツスーツで面接に向かいます。
シャピロ博士はユタ州で私用があったために、1日遅れの到着でした。早速シャピロ博士はモーガンのガラス張りの部屋に入ると、1対1で面接を開始します。
どんな気分かとシャピロ博士に聞かれたモーガンは、キャシーにしたことを詫び、悲しんでいました。
モーガンの様子を見たシャピロ博士は、次第に挑発的な態度を取ります。

【転】- モーガンプロトタイプL9のあらすじ3

「自分を人間とみなしているか」(モーガンは否定)、「では君と人間の違いはどんなものだろう、リンゴとオレンジのようなものか」(モーガンは肯定)、「ダレンやブレンダ、エイミーのことをどう思っているか」(友人だと思っているとモーガンは答える)、「友だちなら、檻に入れるかな?」(いつもではない、とモーガンは答えた)…。
客観的にみると、シャピロ博士はモーガンを怒らせようとしているように見えました。
矢継ぎ早に質問し、モーガンが答えに詰まると「愛と悲しみは表現できるか。じゃ恐れは? 怒りは?」と聞きます。
怒る寸前のモーガンは、シャピロ博士に13歳の娘がいることを当てました。娘と最近会っていないことも言い当てます。
シャピロ博士はさらにモーガンを追いつめ、「廃棄するといったらどうする?」と質問しました。モーガンは涙を浮かべますが、それでも何も答えませんでした。
怒りの感情を引き出したいシャピロ博士は「想像してみろ」と言います。
モーガンは自分の両てのひらを開いて見つめた後、シャピロ博士に襲いかかり、首筋に噛みつきました。
モーガンは麻酔銃を撃とうとするダレンをかわしますが、リーが介入して麻酔銃を撃ちます。モーガンは気絶しました。

シャピロ博士を殺害したモーガンを見て、リーはプロジェクトの中止とモーガンの殺処分を決断します。
しかしスタッフたちは抵抗しました。モーガンが生まれた時から面倒を見ているので、情が移ってしまっているからです。
ジーグラー博士は落胆し、ダレンとブレンダも拒否しました。テッドとエイミーが「会社はスタッフたちの言い分も聞くべきだ」と主張します。
それでも聞き入れないと知ると、テッドとエイミーはリーに麻酔銃を撃ち、モーガンの部屋に隔離しました。その間に、テッド、エイミー、ダレン、ブレンダの4人はモーガンを連れて逃げようと考えます。
ところがモーガンはそれを知らなかったので、ダレンがやってきたのは自分を殺害するためだと思いこみました。
ダレンに頭突きをし、安楽死の薬を打ちこみます。ダレンは注射で死にました。
それを見たテッドが銃を持って立ち向かいますが、モーガンがあっけなく銃を取り上げ、撃ちました。テッドはこめかみを撃たれて死亡します。
モーガンは部屋に監禁されたリーに「愛してくれたのはエイミーだけ」と言いました。そして建物内を移動します。

【結】- モーガンプロトタイプL9のあらすじ4

荷造りをしたブレンダは、エイミーと共にモーガンと逃げようとしますが、モーガンはブレンダに銃口を向けて射殺しました。それを見たエイミーは、今更ながらモーガンを自由にしていいのかとおじけづきます。
モーガンは「母に会ってくる」と言うと、チェン博士のところへ行きました。

チェン博士は技術責任者として、今までの研究は失敗だったという最終報告をビデオカメラに保存していました。そこでチェン博士は「会社は人間を兵器として使用しようとしていた」「しかし兵器としての仕様を越えられなかった」と話しています。
モーガンは人間兵器としての目的で、研究開発がなされていたことが判明しました。
そこへモーガンが入って来ると、チェン博士の首を絞めて殺します。
ジーグラー博士は研究の失敗をはかなんで、自室で自殺していました。

その頃、モーガンのガラス部屋に隔離されたリーは、出口を探していました。通風口をよじのぼり、外に脱出します。
そこへ調理師のスキップが来て「危ない」と警告しますが、リーはモーガンを追跡するつもりでした。スキップはリーについていきます。
リーはチェン博士の部屋へ入り、チェン博士が殺されたのを知りました。リーをモーガンが襲います。
2人は階段を転げ落ちました。スキップは銃を持ちますが、モーガンにあっけなくのされ(倒れた、死んでない)、モーガンはエイミーがいる車を運転して逃げました。リーは追いかけます。
横から車をぶつけたリーですが、木にぶつかって運転不能に陥りました。車で追ってきたスキップの車に乗り込んだリーは、「行き先は分かっている」と言います。

エイミーとモーガンの行き先は、いつか行こうと言っていたナヴァーハ湖でした。
車中で、モーガンはエイミーに「あなたは殺さない」と言います。
湖に着いたエイミーとモーガンは車を降り、湖のほとりに立ちました。そこへリーが追いかけ、ライフル銃を森で威嚇発砲します。
銃声を聞いたモーガンが森へ行き、再びリーと戦い始めました。格闘の際に、リーは突き出た枝に腹が刺さり、動けなくなります。
エイミーのところへ戻ったモーガンは行こうと促しますが、エイミーは銃を構えて「もうこれ以上の逃避行はやめよう」と言います。
モーガンとエイミーが向き合っているうちに、背後からリーが回り込み、モーガンの顔を湖につけました。モーガンは溺死します。
リーはその後、エイミーもスキップも殺処分しました…。

…上層部ではこの結果を受け、L-9(モーガン)計画は劣ったプログラムだとし、「見通しの立たない任務を難なくこなした」リーを評価しました。
新規開発は中止し、計画していた予算はすべてL-4に再投入すると、上層部は決めます。
リーこそがL-4なのでした。
(リーも人工DNAで作られた、いわばモーガンの姉妹品)

みんなの感想

ライターの感想

リーさんの方がよりロボットくさいので、実はこの「リーさんはL-4でした」オチは、注意して見ていれば早期に判る。
それを理解したうえでも、なかなかに面白い。
A.I.ではなく「人間」ってところがミソ。…でも別に、人間じゃなくてもよかったよね? A.I.でもよかったよね?
終盤のリーさんの活躍が、特にターミネーターっぽい(笑)。

映画の感想を投稿する

映画「モーガンプロトタイプL9」の商品はこちら