「リターナー(Returner)」のネタバレあらすじ結末

リターナー(Returner)の紹介:2002年公開の日本映画。VFXを多用したSFアクション映画で、金城武と鈴木杏がダブル主演した。2000年公開の『ジュブナイル』に続く山崎貴監督の劇場用作品第2作。

予告動画

リターナー(Returner)の主な出演者

ミヤモト(金城武)、ミリ(鈴木杏)、溝口一哉(岸谷五朗)、謝(樹木希林)、劉老板(高橋昌也)、八木(岡元夕起子)、溝口の手下(村田充)、唐沢(飯田基祐)、村上(清水一哉)、劉の通訳(川合千春)、ブラウン博士(ディーン・ハリントン)、人身売買の男(趙暁群)

リターナー(Returner)のネタバレあらすじ

【起】- リターナー(Returner)のあらすじ1

近未来、2084年。
ダグラと呼ばれる宇宙人の侵略によって、人類は滅亡の危機にさらされていました。
ダグラは二足歩行する手足の細い宇宙人で、後頭部が極端に後ろに出っ張っている、眼の大きな猿のような顔をしている宇宙人です。
人類の科学もそれなりに進化していましたが、ダグラはもっと進歩しており、超巨大な宇宙船・マザーシップから、多数の宇宙船が地球に送りこまれて攻撃されました。
宇宙船は擬態することができ、人間が使うような旅客機などに姿を変えて侵入するため、人類側は絶体絶命のピンチに追い込まれています。
現状を打破するため、人間側は考えました。最初にダグラと人類との紛争が起こったのは、2002年10月22日です。
その日に最初のダグラが地球に飛来して攻撃を始め、人類側が応戦したことから現在の戦いに発展しているとのことでした。
最初に訪れたダグラを宇宙人側に返す計画が立てられ、チベット高原にタイムマシン「戦略時間兵器」が作られますが、そのアジトをダグラの乗る宇宙船が急襲します。
一味は倒れ、唯一生き残った少女・ミリが戦略時間兵器にダイブして、2002年にワープしました…。
…2002年10月19日。
日本では、中国系の大陸マフィアが横行していました。
若い男・ミヤモトは、闇の取引を妨害してそこで渡される裏金を奪還する、裏世界の仕事人、通称〝リターナー〟の仕事をしています。
この日も夜に港で行なわれる臓器売買のための人身売買の闇取引を妨害したミヤモトは、取引の相手をことごとく退治しました。
両手を挙げて降参する金髪頭の溝口の手下に対し、ミヤモトは「取引をするなとボスに伝えろ」と伝え、脚を撃って見逃します。
その後、船の甲板で憎い相手・溝口と会いました。溝口のほうはミヤモトを知りません。
拳銃を突きつけ合ったミヤモトと溝口でしたが、形勢はミヤモトに有利でした。
復讐が果たせるかと思ったその時、人の気配を感じたミヤモトはそちらに発砲し、その隙をついて溝口はヘリで逃げます。
取引に使われた金を奪取したミヤモトは、撃たれて気絶した、ぼろぼろの服をまとった少女・ミリを連れて帰りました。
2002年10月20日。
目覚めたミリは、自分の心臓部分に仕込んだ鉄板で助かったことを知ります。
起きてすぐ「あと2日しかない」と気づいたミリは、ミヤモトに「とにかく協力してくれ」と頼みました。
しかしミヤモトとしては何を依頼されるのか分からないのに加え、相手が全くの素人で「仕事」にならないと思い、言下に断ります。

【承】- リターナー(Returner)のあらすじ2

するとミリは脅迫しました。ミヤモトの首筋にひそかに貼っていたシール状のものを爆破させると言います。左の首筋に手を当てると、確かにそこにはシールで貼られた何かがあります。
それと同じものを瓶に貼ったミリが、手許のリモコンで操作すると、瓶は吹き飛びました。さすがにミヤモトもたじろぎます。
リモコンにはミリのバイタルサインと連動しているので、ミリを殺しても駄目、同じくミリからリモコンが離れても爆破する(取り上げられない)と聞かされたミヤモトは、おとなしくミリの指示に従うことにしました。
ミヤモトは命ぜられるまま、情報屋兼武器調達係で、ミヤモトを育てた老女・謝に車と武器を用意してもらいます。行き先はイブスキ山でした。
イブスキ山の麓では、不発弾が見つかったということで軍隊が立ち入り禁止措置を取っていました。
やむなく車を麓に停め、山の中を徒歩でのぼると、山中で煙があがっていました。煙を見てミリは「遅かった」と呟きます。
車でミヤモトのアジトに帰ってからも、ミリは言葉少なでした。
ミヤモトは事情を説明しろとミリに詰め寄ります。何をしようとしているのか把握できないと、協力のしようがないとも付け加えました。
「信じてもらえないかもしれないが」と前置きして、ミリは「ダグラ」という敵の話をします。ダグラとは、チベットの言葉で「敵」という意味でした。
2002年10月22日に最初の戦争が始まるため、それを阻止しにミリが現れたこと、宇宙人は最初に墜落を装ってイブスキ山に降り立ったこと、近未来の人々はほぼ絶滅し、残ったわずかな人類はチベット高原で最後の抵抗を続けていること…。
「宇宙人の最初の1匹を探せば、戦争を回避できるかもしれない」とミリは言います。
ミヤモトは「分かった。俺も手伝うから首の爆弾を外してくれ」と言いました。
感動したミリは言われたとおりミヤモトの首のシールを剥がしますが、ミヤモトは態度を豹変させます。
証拠を見せろと言われたミリは、腕時計の形をした時間を止める(厳密には、時間を20倍に引き延ばせる)機械・ソニックムーバーを使い、一瞬のうちにシールをまたミヤモトの首筋(今度は右側)につけました。
こうしてミヤモトは、またミリにこき使われることになりました。
…国立宇宙開発研究所・2研では、イブスキ山に墜落した宇宙船と宇宙人の研究をしていました。
溝口の上司にあたる劉老板は中国マフィアのリーダーで、研究所の女性研究員・八木と通じています。

【転】- リターナー(Returner)のあらすじ3

研究所を案内された溝口は、回収された未知の物体・宇宙船と、中に乗っていた小さな宇宙人を見ました。宇宙人は衰弱しています。
溝口が宇宙人を触った途端に宇宙船が動き出し、爆弾を発射します。その威力はすさまじく、研究所の駐車場も燃えますが、10km離れた山の上半分が吹き飛ぶほどでした。
その未知なる可能性を秘めた宇宙人と宇宙船を見て、溝口は「俺が求めていたものだ」と思い、ボスの劉から奪おうと考えます。
その頃、マザーシップ(母船)の方も宇宙船の射撃をかぎとり、動き始めていました。
2002年10月21日。
朝起こしてくれなかったと怒るミリが立ち去った後に、ミヤモトは新聞記事と写真を見つけます。それは『路上に男性の射殺死体 遺留品の中に偽造免許』というもので、写真はミヤモトの死体が写っていました。
情報屋の謝が前日、不審な爆発があったことと、世界各地でキャスターが操られたように「ケイトを返せ」と口走る現象が起きていることを告げます。
爆発の発射元は国立宇宙研究所だと突き止めた謝は、ミリに研究所の見取り図を渡しました。ミリはぼろ服からちゃんとした服に着替え、ミヤモトもスーツを着込み、研究所内に潜入します。
研究所内で宇宙船を見たミヤモトは、やっとミリの言うことを信じました。
同じ頃、手下を引き連れた溝口も宇宙船と宇宙人欲しさに、劉を裏切って銃撃しながら研究所内に乱入します。
宇宙人を見たミリは、未来で伝わっている情報が違うことを知りました。未来では「宇宙人側から攻撃を開始した」と伝わっていましたが、研究所内のダグラは死にかけており、ミヤモトの口を使って「故郷に帰りたい」と訴えます。
墜落した宇宙船と宇宙人を研究するために人類側が捕獲し、それを怒った宇宙人が攻撃を仕掛けてきたというのが真相でした。
溝口が現れて宇宙人と宇宙船をさらっていきます。溝口がダグラを殺したから戦争が始まったのだと知ったミリとミヤモトは、阻止するために追いました。
ミヤモトは、元は中国大陸のマンホールの地下で生きる孤児でした。孤児の少年同士が集まって日々糊口をしのいでいましたが、15年前のある日溝口が現れて、ミヤモトの親友・シーファンはじめ仲間を連れ去って臓器売買に使いました。
以来、ミヤモトは仲間の復讐をするために、闇の世界に入ったのです。
ミリも近未来の戦争で、幼い弟を亡くしていました。もうこれ以上戦争を続けたくないという思いがあり、ミリもミヤモトも利害が一致します。

【結】- リターナー(Returner)のあらすじ4

もうそろそろ首の爆弾を外してもいいのでは…とミヤモトが言い、ミリが種明かしをします。
それは2002年の世界で無料配布していた「マグネバン」で、磁気でこりをほぐす試供品でした。瓶は、ミヤモトに見えないようにミリが拳銃で撃ったのです。話を聞いてミヤモトは脱力します。
2002年10月22日、運命の日。
謝は初めからミリのことを信じており、気前よく武器を調達すると渡します。
海上に建てられた溝口のアジトに、宇宙船と宇宙人は運び込まれていました。そこへミリとミヤモトは侵入します。
ミリを人質にとってミヤモトをおびき寄せた溝口は、ミヤモトをロケットランチャーで撃ちました。
宇宙人と宇宙船の情報に詳しそうなミリに使い方を教えろと溝口が要求し、ミリは「宇宙人を返さないと戦争が起こる」と言います。
戦争が起こることを溝口は恐れていません。それどころか「金になる」と喜ぶ始末です。
ミリは腕時計の形をしたソニックムーバーを使おうとしましたが、腕にありません。ミヤモトが奪っていました。
ミヤモトが奪ったということは、先ほどのロケットランチャーで死んでない…そう踏んだミリの読み通り、ミヤモトが溝口に立ち向かいます。ミリは宇宙人を抱いて逃げました。
ヘリポートを目指して上に逃げたミリですが、外に出ると夜が明けていました。もう遅いと嘆くミリに、追いついたミヤモトは「最後まであきらめるな」と言います。
溝口一派に囲まれたミヤモトとミリは絶体絶命のピンチに陥りますが、溝口が撃った銃弾は、ミヤモトの手前で止まりました。誰か(宇宙人)がバリアを張ったのです。
ミリが銃を拾ってミヤモトが撃ち、溝口は倒れました。
航空機になりすました宇宙船が現れ、中から武装した宇宙人が3体現れます。ミリが抱いた宇宙人を渡すと、3体の宇宙船が光線を浴びせ、最初の宇宙人は元気になりました。
宇宙船は去り、マザーシップ(母船)も宇宙へワープしていきます。地球の平和は守られました。
これで戦争は起きない、と喜ぶミリの身体が透け始めました。未来に戻るミリはありがとうと口だけでいい(もう声は聞こえない)、復讐を果たしたミヤモトも、なんとなく淋しく感じて引退を決めます。
謝に仕事道具を返したミヤモトは「狙ってる奴が多いから気をつけな」と言われつつ、もうちょっとましな未来を探してみようと思いました。
外へ出たミヤモトは、金髪頭の男に撃たれます。19日に見逃した、溝口の手下でした。
撃たれたミヤモトは倒れますが、生きていました。胸に鉄板が埋め込まれており「借りは返すよ」というミリのメッセージがついています。
ミリは未来に戻った後、借りを返しに21日の早朝にこっそり現れて、ミヤモトのコートに鉄板を入れていたのでした。その時に新聞記事を落とします。
任務を終えたミリはその時に「これより帰還(リターン)する」と言って未来に戻っていました。

みんなの感想

ライターの感想

SFものの映画にありがちなものを詰め込んだ映画。
宇宙人も見たことある感じ、宇宙船も見たことある感じ、タイムマシンもなんか判らないけどこんな感じ…という具合に
どれもこれも平凡、ありきたり、ではある。
しかし娯楽映画としては安心して見られる、予定調和のワールド。
少しくすっと笑える仕掛けも入れて、でもアクションシーンは見せるし。
岸谷五朗の悪役っぷりが堂に入っててよかった。
金城&鈴木杏は…たまに「無駄にかっこつけすぎ」と思うのだが、
スタイリッシュでよろしかろ。
それにしても、毎度思うのだが、樹木希林の演技の幅には驚かされる。はまってます。

映画の感想を投稿する

映画「リターナー(Returner)」の商品はこちら