「三大怪獣 地球最大の決戦」のネタバレあらすじ結末

SF映画

三大怪獣 地球最大の決戦の紹介:1964年公開の日本映画。ゴジラシリーズの第5作で、『空の大怪獣ラドン』『モスラ対ゴジラ』の直接的な続編になる。三大怪獣はゴジラ、ラドン、モスラを指すが、シリーズ最大の悪・キングギドラが誕生した作品でもある。

予告動画

三大怪獣 地球最大の決戦の主な出演者

進藤刑事(夏木陽介)、進藤直子(星由里子)、村井助教授(小泉博)、塚本博士(志村喬)、小美人(伊藤エミ、伊藤ユミ ザ・ピーナッツ)、サルノ王女(若林映子)、マルメス(伊藤久哉)、沖田刑事課長(平田昭彦)、金巻班長(佐原健二)、インファント島長老(小杉義男)

三大怪獣 地球最大の決戦のネタバレあらすじ

【起】- 三大怪獣 地球最大の決戦のあらすじ1

その年、日本は異常気象に見舞われていました。1月なのに平均気温が例年よりも10度近く高い日が続いています。また毎夜、流星が日本のあちこちで観測されました。
そのうちの1つが隕石となり、黒部ダム付近に落下します。
その頃、極秘で来日する予定だったセルジナ公国・サルノ王女の乗った飛行機が、暗殺者の爆弾で墜落しました。
自らを金星人と名乗って地球の危機を訴える男装の女性が東京に現れ、ラドンの復活やゴジラの出現を予言します。サルノ王女の護衛をする予定だった警視庁の進藤刑事は、その男装の女性こそがサルノ王女ではないかと思いました。
男装の女性と進藤は接触し、進藤は間違いないと確信します。 この映画を無料で観る

【承】- 三大怪獣 地球最大の決戦のあらすじ2

しかしサルノ王女は催眠術のようなものにかかっていて、完璧に金星人だと思い込んでいました。進藤はサルノ王女を精神科医に診せますが、診断結果は正常と出ます。サルノ王女には先祖に本当に金星人の血が入っているそうです。進藤はサルノ王女を護衛し始めました。
さて、サルノ王女が予言したとおり、阿蘇からラドンが復活、北極海からゴジラが現れます。
パニックに陥る日本を、さらなる衝撃が襲います。なんと黒部ダム付近に落ちた隕石から、かつて金星を死の星に至らしめたという、宇宙怪獣・キングギドラが出現したのです。
これらの怪獣は日本各地で騒動を巻き起こします。

【転】- 三大怪獣 地球最大の決戦のあらすじ3

特にキングギドラの3本の首から放たれる引力光線の破壊力は、日本にかなりのダメージを与えました。
たまたまテレビ局の収録で来日していた、インファント島の小美人が「モスラを呼んで、ラドンとゴジラに協力を仰ぐよう説得し、キングギドラを倒そう」と提案します。
やがて南のインファント島からモスラ(幼虫)が海を泳いで来日しました。モスラは松本市で衝突するゴジラとラドンを説得しますが、両者は聞く耳を持ちません。
ゴジラもラドンも人間に恨みを持っており、人間の味方をする気はないのです。モスラは説得に失敗しました。
富士山付近にとうとうキングギドラが飛来します。モスラは単身でキングギドラと戦う決意をしました。 この映画を無料で観る

【結】- 三大怪獣 地球最大の決戦のあらすじ4

引力光線を吐くキングギドラに、モスラは果敢に挑みました。しかし武器といえば口から吐く糸…キングギドラにこてんぱんにされ、モスラは重傷を負います。
それを見ていたゴジラとラドンは、モスラを救うために手を組みました。
ゴジラとラドン、そしてモスラの三大怪獣が協力して、キングギドラに立ち向かいました。さすがにこれにはキングギドラもダメージを受け、遠くの空に退散します(滅びたわけではありません、逃亡しただけです)。
日本に平和が戻ります。そしてサルノ王女も本来の人格が戻りました。
暗殺団から守ってくれた進藤への愛を意識しながらも、サルノ王女は静かにセルジナ公国に帰国しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「三大怪獣 地球最大の決戦」の商品はこちら