「寄生獣 完結編」のネタバレあらすじ結末

寄生獣 完結編の紹介:2015年4月25日公開の日本映画。岩明均の同名漫画を原作とする実写映画で、2部構成の第2部にあたる。謎の生物を右手に宿した少年・泉新一と、同じく謎の生物に寄生され脳を支配された〝パラサイト〟を取り巻く人間模様を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

寄生獣 完結編の主な出演者

泉新一(染谷将太)、田宮良子(深津絵里)、ミギー(阿部サダヲ)、村野里美(橋本愛)、倉森(大森南朋)、泉信子(余貴美子)、広川剛志(北村一輝)、三木(ピエール瀧)、浦上(新井浩文)、草野(岩井秀人)、辻(山中崇)、山岸(豊原功補)、平間警部補(國村隼)、後藤(浅野忠信)

寄生獣 完結編のネタバレあらすじ

【起】- 寄生獣 完結編のあらすじ1

人間頭部に寄生して他の人間を捕食する謎の寄生生物〝パラサイト〟が現れ、全国で猛威を振るいます。
右腕にパラサイト〝ミギー〟に寄生され、母・信子をパラサイトに奪われた高校生・新一は、復讐を決意しました(『寄生獣Part.1』参照)。
新一はパラサイトを積極的に狩る行動に出ます。
謎の生物の捜査をする平間刑事は特殊部隊に配属され、周囲でパラサイトの遺体が見つかる新一を密かに疑います。
人間とパラサイトを見分ける能力を持つ快楽殺人者・浦上と新一を対面させますが、成果は今一つでした。
東福山市長になった広川は、パラサイトが住みやすい世を作ろうと画策します。
元教師パラサイト・田宮良子は出産します。 この映画を無料で観る

【承】- 寄生獣 完結編のあらすじ2

人間との共存を模索する田宮は人間の赤子を育児しつつ、男やもめの記者・倉森の好意を利用して新一の調査をします。
ネットワークを形成したパラサイトの中で新一抹殺の気運が高まりますが、田宮は「新一は〝希望〟だ」と反対し孤立しました。
尾行する倉森に詰め寄った新一は、田宮の正体を明かして倉森に注意を促します。
新一、田宮、倉森の抹殺を広川が命じますが、田宮を襲う3人の刺客は殺され、倉森は不在中で娘が殺され、新一には1つの体に5つのパラサイトが入った個体が向かいますが、統率者が三木で、いずれも失敗しました。
娘を殺された倉森は田宮の子を誘拐し、東福山動物公園に呼び出して子を殺そうとし、田宮に殺されます。

【転】- 寄生獣 完結編のあらすじ3

警官隊に一斉射撃された田宮は子を庇って新一に託し、息絶えました。
同じ頃、特殊部隊SATはパラサイトの拠点・市役所を急襲し、レントゲンでパラサイトと人間を区別して殺します。「人間こそが、地球に巣食う〝寄生獣〟だ」と主張した広川市長も殺されましたが、彼は人間でした。1つの体に5つのパラサイトが入った、統率者・後藤によりSATは全滅します。
平間刑事も後藤に殺されました。車で逃走した新一をバイクで後藤が追い、山中で死闘を繰り広げました。結果、ミギーは戦いに敗れ、右腕を失った新一だけが逃げます。
新一は清掃工場に潜伏しました。心配して駆け付けた里美と新一は結ばれます。
新一は再び後藤と戦いました。

【結】- 寄生獣 完結編のあらすじ4

パラサイトを作ったのは人間で、地球を守るには増えすぎた人類を減らす必要があると後藤は言います。
放射性物質を含んだ金属棒を後藤に打ち込むと、後藤に吸収されたミギーが神経を破壊し、新一の元へ戻りました。
新一は飛散した後藤に止めを刺すのを躊躇しますが、守りたい者(里美)がいることを思い後藤を焼却炉に落とします。
新一の体内の放射性物質を取り除いたミギーは休眠宣言をし、ただの右手になりました。
…年を重ね、田宮の子・タイキは施設で成長します。
里美を快楽殺人者・浦上が襲い、新一が倒します。ビルから落ちる里美に新一が手を伸ばしますが遅く、間に合わない筈でした。しかし一瞬現れたミギーに助けられました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「寄生獣 完結編」の商品はこちら