「寄生獣 PART1」のネタバレあらすじ結末

寄生獣 PART1の紹介:2014年公開の日本映画。岩明均の同名コミックを『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズの山崎貴監督が2部作として映像化した第1弾。謎の生物を右手に宿した新一が、謎の生物に寄生され脳を支配された〝パラサイト〟と戦う。

この映画を無料で観る

予告動画

寄生獣 PART1の主な出演者

泉新一(染谷将太)、田宮良子(深津絵里)、村野里美(橋本愛)、島田秀雄(東出昌大)、浦上(新井浩文)、三木(ピエール瀧)、倉森(大森南朋)、広川(北村一輝)、泉信子(余貴美子)、平間(國村隼)、後藤(浅野忠信)、ミギー(声&パフォーマンス:阿部サダヲ)

寄生獣 PART1のネタバレあらすじ

【起】- 寄生獣 PART1のあらすじ1

海上から謎の寄生生物〝パラサイト〟が現れました。それは尖った小さなミミズのような形状をし、人間の脳に寄生して肉体を操り、人間を捕食します。たくさんの〝パラサイト〟は陸にあがると、次々に人間に寄生しました。
新一は父を亡くした後、母・信子と2人で暮らす高校生です。パラサイトに狙われた新一はイヤホンで音楽を聞いていたのでパラサイトは耳から入れず、新一の右腕に寄生しました。
翌朝新一は右腕に痺れを覚え、幼馴染みの同級生・里美の胸を勝手に触ったり、授業中に消しゴムを拾う時に腕が伸びたり、奇妙な事態が起きます。
帰宅した新一は、自室で自分の右腕に目ができる瞬間を見ます。右腕は拙いながら喋り始めました。 この映画を無料で観る

【承】- 寄生獣 PART1のあらすじ2

右腕のパラサイトに新一はミギーと名付けます。ミギーは人間の勉強をしつつ、仲間を探し始めました。接近すると仲間だと分かり、世にたくさんいるようでした。
同じ頃、全国各地で食された死体が見つかる事件が相次ぎ、捜査する平間刑事は事件の背後に潜む謎の生命体に近づきます。
そんな折、新一の高校に教師・田宮良子が赴任しました。田宮も仲間(パラサイト)ですが人類との共存を考えており、警察官の制服を着用したAと高校生・島田秀雄を新一に紹介します。
無計画に人間を殺戮しては食するパラサイトがいる傍ら、知能を持って人間界に潜り込もうと考えるパラサイトもいました。
政治家・広川は後者で政界に進出しようとしています。

【転】- 寄生獣 PART1のあらすじ3

Aが新一を襲撃し、新一は鉄パイプで返り討ちにしました。瀕死のAは近所を通りがかった新一の母・信子を殺して寄生します。
新一は寄生された信子に心臓を貫かれ、死にました。しかし立ち去った後、ミギーが心臓に触手を差し込み新一を蘇生させます。
ミギーの細胞が新一の体内に入り込み、生き返った新一は心も体も変化しました。身体能力が向上します。
一方でミギーは時折4時間ほどの睡眠を必要とするようになり、その間は新一の呼びかけにも応じません。
新一はAに乗っ取られた信子を前に復讐をためらいますが、信子自身が一瞬だけ肉体をAから取り戻しました。新一はAへ復讐を果たします。
高校生・島田秀雄が転校してきました。

【結】- 寄生獣 PART1のあらすじ4

抜いた髪の毛が動いたことで、美術部に入った島田がパラサイトだと露見します。美術部員の里美が油画を溶かす溶剤を島田に投げ、視力を失った島田は暴れて生徒を次々に殺しました。
新一は可燃物を爆発させて島田を殺し、里美を抱いて三階から飛び降ります。
…後日。
人間との共存を考える田宮良子は、妊娠していました。パラサイトのアジトを作り、身の処し方を模索します。
広川は政界を動かすことでパラサイトが住みやすい世の中にしようと考えていました。
平間刑事は特殊部隊に呼び出されます。
新一は気絶した里美の病室につきそいながら、パラサイトを皆殺しにする決意をしました…。
(完結編は2015年4月25日公開です)

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「寄生獣 PART1」の商品はこちら