「幕末高校生」のネタバレあらすじ結末

幕末高校生の紹介:2014年公開の日本映画。約20年前のテレビドラマから着想を得て作られた。現代から幕末へとタイムスリップしてしまった高校教師と問題を抱えた3人の高校生たちが、幕末の偉人・勝海舟と出会い、未来を守るために奮闘する姿を描く。

この映画を無料で観る

予告動画

幕末高校生の主な出演者

勝海舟(玉木宏)、川辺未香子(石原さとみ)、高瀬雅也(柄本時生)、森野恵理(川口春奈)、沼田慎太郎(千葉雄大)、民子(吉田羊)、宮川八郎(渡辺邦斗)、柳田龍三(柄本明)、徳川慶喜(篠井英介)、薩摩屋(嶋田久作)、大崎則篤(伊武雅刀)、長英(石橋蓮司)、西郷隆盛(佐藤浩市)

幕末高校生のネタバレあらすじ

【起】- 幕末高校生のあらすじ1

川辺未香子は高校日本史を教える、3年B組担任の若い女教師です。自分ではよい教師だと思っていますが、生徒の進路を親身に考えず偏差値や世間体で決めました。
獣医学部を希望する生徒・慎太郎と、医学部に行かせたい母との三者面談で未香子は母の味方をし、慎太郎に反発されます。
慎太郎と、眼鏡をかけた気弱な生徒・雅也、ファッションに夢中の女子生徒・恵理の3人は幼馴染みで仲良しです。
ある日の歴史のテスト中、雅也はカンニングでスマホアプリ『体感ヒストリー江戸時代』をダウンロードします。
帰宅時の路上で未香子の車と3人が鉢合わせ、点滅し始めたアイコンを雅也が押すと、4人と車は1868年にタイムスリップします。 この映画を無料で観る

【承】- 幕末高校生のあらすじ2

幕末の江戸時代。洋装の未香子はメリケン(アメリカ)人と思われて、未香子より2日前に来ていた雅也と岡っ引きに捕まります。
拷問されそうになった未香子は陸軍総裁の勝海舟を見つけて褒めちぎり、気をよくした勝は未香子らを引き取りました。
2人はワープした場所まで移動して勝にタイムスリップの話をすると、遅れて自動車がスリップして来て勝は信じます。
勝はスマホや、未香子の車のキーホルダー・ルービックキューブに興味を示しました。未香子はルービックキューブを勝にプレゼントします。
恵理と慎太郎も江戸時代にいると予測した未香子と雅也は、2人を探します。スマホアプリが起動し、4日後に未来に帰れると分かりました。

【転】- 幕末高校生のあらすじ3

タイムスリップで歴史が変化していました。
史実では薩摩藩総司令官・西郷隆盛と幕府軍との和平交渉で「江戸城無血開城」となりますが、現実には西郷からの書状を持つ山岡鉄舟が存在せず、聞いたことのない柳田という人物が幅を利かせていました。
恵理は半年前にスリップし、逃げ込んだ柳田邸で寵愛を受けていました。恵理を孫のように溺愛する柳田は「未来に徳川はいるか」と訊き、勉強が不得手の恵理は単なる苗字だと思い「徳川って人、いる~」と答えたことで歴史の改変は始まりました。
未香子は発破をかけますが、勝は動こうとしません。
未香子は1年前にスリップした慎太郎を見つけますが、慎太郎は江戸時代に留まると言います。

【結】- 幕末高校生のあらすじ4

「親身じゃない先生は何もしてないのと同じ」と言われた未香子は反省し、勝の生き方を理解します。
雅也は恵理を柳田邸から奪取します。
江戸入りした西郷が立ち寄った蕎麦屋で、勝と西郷は短い話をします。西郷は書状を受け取っていませんでした。
未来へ戻る日、未香子は慎太郎を迎えに行き、母を説得すると宣言します。
柳田一派に邪魔される勝を町人たちが助け、勝は薩摩藩邸に入り和平交渉は成立しました。
…現代に戻った未香子は、勝の写真の腰にルービックキューブを発見しました。
雅也がアプリ『歴史見聞録 明治時代』をダウンロードし、未香子が注意した瞬間スマホが光ります…再びタイムスリップ!?(続編はないと思われる)

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「幕末高校生」の商品はこちら