「怪獣大戦争」のネタバレあらすじ結末

SF映画

怪獣大戦争の紹介:1965年公開の日本&アメリカ合作映画。ゴジラシリーズの第6弾で、東宝の二大特撮看板である怪獣映画と空想科学映画を融合させた作品。ゴジラが地球外に出て活躍するのは、本作が最初で最後である。

この映画を無料で観る

予告動画

怪獣大戦争の主な出演者

富士一夫(宝田明)、グレン(ニック・アダムス)、波川〔X星人〕(水野久美)、富士ハルノ(沢井桂子)、桜井博士(田崎潤)、X星人統制官(土屋嘉男)、鳥井哲男(久保明)、自治代表(佐々木孝丸)、医学代表(村上冬樹)、移動司令(田島義文)、世界教育社社長〔X星人〕(田武謙三)

怪獣大戦争のネタバレあらすじ

【起】- 怪獣大戦争のあらすじ1

196X年、木星に13番目の衛星・Xが発見されました。地球連合宇宙局の富士とグレンは、早速調査に出かけます。
X星には地球より遥かに科学が進んだX星人が住んでいましたが、宇宙怪獣・キングギドラがいるせいで地上に住めず、地下で身をひそめていました。X星人の統制官は富士とグレンに、地球に住むゴジラとラドンを貸してもらうかわりに、ガンの特効薬を進呈すると言います。
地球に戻った富士とグレンはX星人の意思を伝えました。地球では歓迎ムードです。しかし富士とグレンは、X星人の態度にどこか胡散臭さを感じました。
UFOで来たX星人はがんの特効薬を渡し、竜神湖からゴジラとラドンを回収して立ち去ります。 この映画を無料で観る

【承】- 怪獣大戦争のあらすじ2

X星に行ったゴジラとラドンはキングギドラと戦い、追い払いました。喜んだゴジラは、当時大流行していた「シェー」のポーズを取ります。
さて、同じ頃、富士の妹・ハルノの恋人で発明家の鳥居は、色んな発明をしてはいましたが、発明を買ってくれる人がいません。しかしその鳥居に、「世界教育社」の社員・波川という女性が、鳥居の発明を買いたいと言いました。
その発明とは、不協和音を発することで痴漢を撃退する、女性用の護身器具です。
大喜びした鳥居ですが、交渉はその後いっこうに進まずいらいらします。波川がグレンの恋人と知った鳥居は波川のあとをつけ、ある陰謀を知ったことにより危険に遭遇しました。

【転】- 怪獣大戦争のあらすじ3

X星人が突然、地球を攻撃します。ゴジラとラドンを借りたのは、X星人の策略でした。がんの特効薬も真っ赤な嘘です。
X星人は怪獣たちを誘導電波で自在に操ることができました。キングギドラを操り母国で暴れさせ、借り受けたゴジラとラドンを手中に収めることで3つの怪獣を手に入れたX星人は、地球を植民地化しようと試みます。鳥居が知った陰謀とは、このことです。世界教育社は地球侵略のための前線基地でした。
X星人はゴジラ、ラドン、キングギドラを誘導電波で操り、地球に差し向けます。怪獣たちに襲われた地球はピンチに陥りました。
科学者・桜井はX星人の誘導電波を妨害する電波を急いで作ろうとします。

【結】- 怪獣大戦争のあらすじ4

グレンの恋人・波川が殺されます。波川はX星人だったのですが、地球人のグレンといつしか本当に愛し合うようになり、それがもとでX星人に殺されたのでした。
虫の息の波川は、鳥居の発明した不協和音がX星人の弱点だとグレンに伝えて息を引き取ります。
桜井の妨害電波が完成し、ゴジラ、ラドン、キングギドラに向けて発せられました。鳥居の不協和音も、拡大されてX星人に向けられます。
誘導電波を断たれたゴジラとラドンは、再びキングギドラと対決し、見事に撃退しました。
また鳥居の不協和音を耳にしたX星人も全滅します。
ゴジラとラドンは海底に沈んでいき、地球上に平和が戻りました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「怪獣大戦争」の商品はこちら