「戦国自衛隊(1979年)」のネタバレあらすじ結末

戦国自衛隊(1979年)の紹介:1979年公開の日本映画。半村良の同名SF小説の映画化。400年前の戦国時代にタイム・スリップした、演習中の自衛隊一個小隊の姿を描く。

戦国自衛隊(1979年)の主な出演者

伊庭義明三等陸尉(千葉真一)、長尾平三景虎(夏木勲)、三村泰介(中康治)、菊池弘次(にしきのあきら)、根本茂吉(かまやつひろし)、矢野隼人陸士長(渡瀬恒彦)、加納康治(河原崎建三)、須賀利重(角野卓造)、西沢剛(鈴木ヒロミツ)、木村治久(竜雷太)、武田勝頼(真田広之)

戦国自衛隊(1979年)のネタバレあらすじ

【起】- 戦国自衛隊(1979年)のあらすじ1

ある日、伊庭義明三等陸尉を隊長とする21名の陸上自衛官と海上自衛官は、日本海側で行われる演習に参加するために移動している時、突然、新潟県の補給地ごと400年前の戦国時代にタイムスリップしました。
その時代では、東海地方では織田信長が勢力を伸ばしており、ほかにも上杉家、武田家、浅井家、朝倉家などが競い合って、天下を取ろうと機会を窺っています。
武将・長尾平三景虎(後の上杉謙信)と出会った伊庭らは景虎に気に入られ、仲間に入れと誘われました。
当初、伊庭と隊員たちは、タイムスリップの現実を受け入れられず戸惑います。

【承】- 戦国自衛隊(1979年)のあらすじ2

しかし合戦に遭遇し、その模様を目の当たりにした伊庭は、景虎に味方しようと思いました。
伊庭らは自衛隊の近代化した武器で勝利をもたらし、伊庭と景虎は意気投合します。
隊員たちは、戦国時代の住民と交流を深める者と、何としても現代に戻ろうと反発する者、住民と交流すると歴史を変えるのではないかと危惧する者がいました。
三村は農民の娘・みわと恋に落ちます。矢野陸士長は自分こそが天下を取ろうとし、島田や加納とクーデターを起こして漁村を襲い、女性たちを犯して伊庭に銃殺されます。
伊庭は、景虎と共に天下を取って歴史を変えることで、現代に戻れるのではないかと考えました。隊員も従います。

【転】- 戦国自衛隊(1979年)のあらすじ3

伊庭は越後から南にくだり、信濃・川中島で武田信玄軍を、景虎は越後から西に進んで浅井・朝倉連合を破って、京都で再会しようと約束しました。
伊庭と隊員たちは、川中島で武田軍と戦います。最初は優勢だった戦いも、信玄が事前に得ていた情報「空を飛ぶ鉄の船(ヘリコプター)」「地を這う鉄の馬(戦車、装甲車)」から導き出した対戦術によって、徐々に不利になりました。
ヘリは墜落し、戦車は動きを封じられ、装甲車は落とし穴に落ちて、伊庭たちは戦力を失います。
伊庭は、形勢が完全に逆転する前に敵方の首を討ち取ろうと考え、本陣に斬り込んで信玄と一騎打ちをし、首を取りました。

【結】- 戦国自衛隊(1979年)のあらすじ4

ヘリ・戦車・装甲車を失い、多くの隊員を犠牲にした伊庭たちには、拳銃などの小さな武器しか残っていません。
再びタイムスリップするのを待つ意見が隊員に出ますが、伊庭は戦国時代で天下を取るのが夢となっていました。
その頃、景虎は素姓の知れない伊庭たちと手を組んだことを、朝廷から非難されました。
足利義昭、本願寺光佐、九条義隆らから説得された景虎は、伊庭らが潜伏する寺に赴き、伊庭と隊員を皆殺しにします。
伊庭に友情を抱いていた景虎は、その遺体を寺ごと焼き払うことで、丁重に葬りました。燃える炎を見る景虎に涙があふれます。
農夫として生きる道を選んだ根本だけが、その時代で生き残りました。

みんなの感想

    かずさんの感想

    けっこう理不尽な結末ですよね(^^;)

映画の感想を投稿する

映画「戦国自衛隊(1979年)」の商品はこちら