「日本沈没(2006年)」のネタバレあらすじ結末

日本沈没(2006年)の紹介:2006年公開の日本映画。小松左京・原作の同名のSF大作を、SMAPの草彅剛、柴咲コウら人気キャストで33年ぶりにリメイクした。迫力あるCGで描かれた作品。

この映画を無料で観る

予告動画

日本沈没(2006年)の主な出演者

小野寺俊夫(草彅剛)、阿部玲子(柴咲コウ)、結城慎司(及川光博)、倉木美咲(福田麻由子)、田野倉珠江(吉田日出子)、福原教授(柄本明)、野崎亨介(國村隼)、山本尚之(石坂浩二)、田所雄介(豊川悦司)、鷹森沙織(大地真央)

日本沈没(2006年)のネタバレあらすじ

【起】- 日本沈没(2006年)のあらすじ1

日本列島では、自然災害が相次いでいました。静岡県駿河湾沖で発生した地震によって横転した車から這い出た俊夫は、ハイパーレスキュー隊員・玲子に救助されます。
俊夫は潜水艇〝わだつみ6500〟の操縦士です。俊夫は同僚・結城とともに、地球科学博士・田所の指揮の下、自然災害の原因を探るため深海調査に向かいました。
そこで分かったのは、海底プレートが急激に沈降しているという事実です。
あらゆるデータで試算した結果、約1年後(338.54日後)には日本列島が沈没するという結論に田所は至りました。 この映画を無料で観る

【承】- 日本沈没(2006年)のあらすじ2

しかし世間や学会は田所の主張を聞き入れません。
しかし内閣総理大臣・山本だけは田所の学説を深く受け止め、閣僚内部に危機管理担当大臣を配置しました。任命を受けた沙織は、田所の元妻です。
俊夫は被災地で玲子と再会し、急速に惹かれていきました。
山本首相は、きたるべき日に備えて日本の避難民を海外に受け入れてもらう要請に向かいますが、飛行機が噴火した火山に巻き込まれます。

【転】- 日本沈没(2006年)のあらすじ3

いよいよ自然災害が激化し、危機管理担当大臣・沙織は非常事態宣言を発令しました。
しかし首相臨時代理・野崎は、国民に「5年以内に日本は沈没する」と、嘘の声明を発表する。国民のパニックを避けるためでした。
沙織は田所に解決策がないか問います。プレートに強力な爆薬をしかけ、プレートを切断する方法を田所は提案しました。
沙織はその実現に向け、奔走します。

【結】- 日本沈没(2006年)のあらすじ4

静岡県、長野県、新潟県の複数の震源で同時に巨大地震が発生し、津波が起きて主要都市は次々に水没していきました。
沙織は、最終的に富士山の噴火が引き金となり、本州が真っ二つになって日本が沈むと予測します。
結城が〝わだつみ6500〟で地下プレートを切断するために深海に潜りますが、爆発は失敗し、結城は乱泥流に巻き込まれ沈みました。
俊夫は結城の死を受けて、旧式の〝わだつみ2000〟で向かうことを決意します。
俊夫は苦難の末に起爆地点に到達し、自分の命と引き換えにN2爆薬を起爆させ、地殻の変動を収束させました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「日本沈没(2006年)」の商品はこちら