「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」のネタバレあらすじ結末

猿の惑星:創世記(ジェネシス)の紹介:2011年公開のアメリカSF映画。『猿の惑星』シリーズの作品で、新シリーズの起点ともなる作品である。2014年9月19日『猿の惑星:新世紀(ライジング)』が公開予定。

この映画を無料で観る

予告動画

猿の惑星:創世記(ジェネシス)の主な出演者

シーザー(アンディ・サーキス)、モーリス(カリン・コノヴァル)、ウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)、キャロライン・アランハ(フリーダ・ピントー)、チャールズ・ロッドマン(ジョン・リスゴー)、ジョン・ランドン(ブライアン・コックス)、ドッジ・ランドン(トム・フェルトン)

猿の惑星:創世記(ジェネシス)のネタバレあらすじ

【起】- 猿の惑星:創世記(ジェネシス)のあらすじ1

サンフランシスコで製薬会社研究所に勤務する研究者・ウィルは、アルツハイマー型認知症の父・チャールズのために新薬を開発していました。ある日研究所で驚くべき知能を発した妊娠中のチンパンジーが暴れ出し、警備員に射殺されます。そのチンパンジーから生まれた赤ん坊の猿をウィルは連れて帰り、シーザーと名付けて自宅で育て始めました。
3年後、成長したシーザーは非常に高い知性を持っていました。新薬が脳を活性化させると確信したウィルは、研究所から持ち出した新薬をチャールズに投薬します。チャールズは病気が改善されました。
シーザーはウィルを信頼しており、強い絆で結ばれています。

【承】- 猿の惑星:創世記(ジェネシス)のあらすじ2

5年後、チャールズの病状が再び悪化し隣人と問題を起こします。それを止めようとしたシーザーは隣人に怪我を負わせ、霊長類保護施設に入れられました。
施設を経営しているランドン親子は、シーザーに虐待を繰り返します。これによってシーザーは極度の人間不信に陥り、人間に対しての失望と憎悪をたぎらせました。
シーザーは施設内の猿のボスと戦って勝利し、猿の群れをひとつのグループにまとめあげます。
ウィルは新薬をさらに改良し研究を進めていました。あるとき、猿に新薬を投薬しようとしたウィルの同僚・フランクリンが、誤って薬を浴びて体調不良で倒れます。

【転】- 猿の惑星:創世記(ジェネシス)のあらすじ3

ウィルはシーザーを迎えに、霊長類保護施設に行きます。しかし人間に絶望したシーザーは、ウィルを拒否しました。
新薬は危険だと判断したフランクリンは、ウィルに警告しようと家を訪問します。ウィルは留守で、フランクリンは隣人に咳と飛沫を浴びせてしまいました。フランクリンはその後、亡くなります。
シーザーは猿たちを率いて保護施設を脱走しました。そして動物園の猿などを片端から解放し、集団で森を目指します。
人間側はこれを阻止しようとして、人間と猿との戦いになります。リーダーシップを発揮したシーザーの前に、人間側は窮地に追いやられました。 この映画を無料で観る

【結】- 猿の惑星:創世記(ジェネシス)のあらすじ4

シーザーを止めるために、ウィルが森へ単身向かいました。「自分が悪かった。家に帰ろう」と告げるウィルに対し、シーザーは森を指さして「ここが私たちの家だ」と初めて人語を話します。
ウィルは本来いるべき場所で暮らそうとしているシーザーに理解を示しました。
(エンドロール)フランクリンの飛沫を浴びたウィルの隣人である男性は、パイロットでした。彼はあやしい咳をしながら空港に向かいます。ウィルスに感染したようです。
猿には高い知性を発揮させますが、人間には命を奪う危険性をはらんだこのウィルスは、飛行機に乗って感染拡大のおそれがあります…(次作へ続きます)。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の商品はこちら