「紀元前1万年」のネタバレあらすじ結末

SF映画

紀元前1万年の紹介:2008年公開。邪悪な支配者に囚われの身になった愛する女性を救う男の姿を描いた作品。紀元前の世界を舞台にしたアドベンチャー大作で、フルCGのマンモスや獣達、復元した巨大なピラミッドが登場する。「インデペンデンス・デイ」「デイ・アフター・トゥモロー」のローランド・エメリッヒ監督の作品。「ストレンジャー・コール」のカミーラ・ベル、「スカイ・ハイ」のスティーブン・ストレイトが出演。

この映画を無料で観る

予告動画

紀元前1万年の主な出演者

エバレット(カミーラ・ベル)、デレー(スティーブン・ストレイト)、ティクティク(クリフ・カーティス)、カレン(モー・ゼイネル)、バク(ナサニエル・バリング)、巫母(モナ・ハモンド)

紀元前1万年のネタバレあらすじ

【起】- 紀元前1万年のあらすじ1

遥か昔、雪の降る山奥でヤガル族は暮らしていました。マナクと呼んでいる巨大なマンモスを狩りして生活をしています。
ある日、ヤガル族をまとめて守護する役割を担っていたデレーの父は、友人のティクティクに白い槍を預けて村を出て行きます。
幼いデレーは一族を見捨てた父を理由に周りの子供から苛められます。ティクティクは本当の理由を言わず、子供達に止めるように言います。
青い目をした少女のエバレットが村に運ばれ、村の巫母は予言をします。村に最後のマナクがやってきて、それを倒した者がエバレットと結婚します。そして村に新たな時代を呼ぶと予言します。
時は経って、デレーやエバレットは将来を誓い合って成長します。ついに最後のマナクがやってくる日が訪れます。
カレンは我こそがエバレットと結婚するとマナク狩りに意気込みます。ティクティクの指示の下、デレーはエバレットを渡さまいと先行します。
デレーは網が手に絡まってしまって、一人マナクと遠くへ行きます。一対一となって槍が偶然マナクに突き刺さり倒せます。 この映画を無料で観る

【承】- 紀元前1万年のあらすじ2

デレーはヤガル族を率いる長となります。そしてエバレットと結婚できると喜びます。しかし、ティクティクに自ら倒したわけではないと言われ、長が持つ白い槍を返します。
そして巫母は4本足の悪魔がやってくることも予言をしていて、彼らはやってきます。ヤガル族は殺されたり、生け捕りにされていきます。エバレットも捕らえられて連れて行かれます。
デレーとカレン、ティクティクは連れ去られた皆を助けに向かいます。子供のバクもこっそりついていきます。途中で見つかって同行を許されます。
ヤガル族の捕虜と森の中に入っていった4本足の悪魔である騎馬民族達でした。騎馬民族のリーダー格の男はエバレットを気に入っていて妻にしようと考えていました。
森の中で大型の獣が騎馬民族達に襲ってきます。彼らは見張りをつけながら、今夜は眠ることにします。デレー達は彼らの近くまで追いついて、見張りながらチャンスを待ちます。
騎馬民族の一人がエバレットに襲いかかります。見張っていたデレーが助けに入って気絶させます。
デレーは捕虜にされている仲間の何人かの縄を解きます。逃げ出しますが、結局カレンとバク、エバレット達は捕まってしまいます。ティクティクは怪我をして、デレーと二人になります。

【転】- 紀元前1万年のあらすじ3

怪我をしたティクティクのためにデレーは食料を狩りに行きます。しかし、落とし穴に落ちてしまいます。雨が降って来て気絶していたデレーは目を覚まします。
デレーの前に牙と呼ばれる猛獣が穴の中でもがいていました。デレーは牙を助けて穴から脱出します。
元気になったティクティクとデレーは、騎馬民族達に昨日襲われていた近くの村を見つけます。向かうと潜んでいたその村の部族に囲まれます。すると牙がやってきてデレー達を守って去っていきます。
部族達はデレー達を歓迎します。なぜなら牙と会話する男は言い伝えの救世主だったからです。部族達は救世主が来たことを他の村の部族に教えます。いくつもの部族が助けに来てくれます。
デレー達は砂漠を超えて、船で逃げた騎馬民族達を追います。それらは全て言い伝え通りでした。
ついにデレー達は騎馬民族達が捕虜を連れて行ったピラミッドに到着します。ピラミッドでは様々な部族の多くの人が奴隷として働かされていました。
神と名乗る人物が無理やりピラミッドを作らせていたのです。デレーは内部に侵入して奴隷達に協力を求めます。しるしが無ければ救世主とは認めないと言われてしまいます。また、デレーはここで父が神に捕まって埋葬されたことを聞きます。

【結】- 紀元前1万年のあらすじ4

一時撤退したデレーは追手に見つかります。ティクティクが追手を倒しますが、致命傷を負って亡くなります。デレーはしるしが無くても戦うことを決意して、奴隷になりすまして全員でピラミッドに潜入します。
しるしはエバレットの手に現れていました。神はしるしを何よりも恐れていました。
デレー達は働かされていたマナクを利用して、神の手下達を倒していきます。奴隷達はそれに続いて奮起します。カレンは隙を作るために突貫して亡くなります。
デレー達と奴隷達は神のいる神殿に向かいます。神が出てきて交渉をします。エバレットの命を助けるから帰るように言ってきます。
デレーは全員の解放を条件にします。神はヤガル族だけだと言い返します。許せないデレーは神に向かって白い槍を投げて倒します。
全員で神殿に突っ込みます。デレーはエバレットを助けにいきますが、騎馬民族のリーダー各の男に連れて行かれます。隙をついてエバレットは馬から逃げます。
しかし、エバレットは男に弓を射られて死亡します。村に残っていた巫母はデレーやエバレット達と繋がっていました。巫母はエバレットに息を入れて生き返らせます。
解放された部族は村に帰っていきます。デレーの父と会っていた部族は、父の遺した種をデレーにあげます。その種を使ってヤガル族は作物を育て始めます。
予言通りデレーとエバレットは結婚し、新たな時代がやってきてエンディングとなります。

みんなの感想

ライターの感想

この映画はテンポ良く進んでいくので気持ちよく観る事ができます。CGは多すぎる事がないです。
エバレット役カミーラ・ベルの美しさに見とれてしまいます。彼女は映画専門サイトで最も美しい顔トップ100で1位に輝いたことがあります。
マンモスの群れとピラミッドの壮大さはこの作品の大きな魅力です。デレー達が部族達と奮起して突っ込む時の勢いは背中がぞくぞくなります。
注意深く話しをおっていくと気づくことが色々と出てきます。あまり考えずに見ても話しは分かります。様々な年代の方に見て欲しいと考えて制作されたのではと思わせてくれます。
全体的にまとまっていて分かりやすいストーリーなので、ぜひ観て欲しい作品の一つになります。

映画の感想を投稿する

映画「紀元前1万年」の商品はこちら