「銀河ヒッチハイクガイド」のネタバレあらすじ結末

SF映画

銀河ヒッチハイクガイドの紹介:イギリスの作家、ダグラス・アダムスが発表している人気SFシリーズの第1作目を映画化。2005年イギリスでの公開を皮切りに、日本でも同年に上映された。

銀河ヒッチハイクガイドの主な出演者

アーサー・フィリップ・デント(マーティン・フリーマン)、トリリアン(ズーイー・デシャネル)、マーヴィン(アラン・リックマン)、ザフォド・ビーブルブロックス(サム・ロックウェル)

銀河ヒッチハイクガイドのネタバレあらすじ

【起】- 銀河ヒッチハイクガイドのあらすじ1

とある銀河のお話です。銀河では、高速道路を作ろうという計画が持ち上がっていました。そしてその計画された道の上には地球が大きく陣取っていた為、銀河は地球に対して今すぐ場所を明け渡すように、と立ち退き命令を出していました。
しかし未だに宇宙の解明はおろか宇宙人すら目にしていない地球人は、宇宙からのメッセージを受け取る術など知らず、今までと同じような毎日を送っていました。しかしその立ち退き命令を無視した、と勘違いされてしまったが為、突如地球は爆破されてしまいます。
地球人は絶滅した、と思われましたが実はアーサーという男が一人生き残っていました。彼の友人、フォードがたまたま地球を調査に来た宇宙人で、その宇宙人がアーサーの命を救ってくれたのでした。

【承】- 銀河ヒッチハイクガイドのあらすじ2

地球が爆破される寸前、地球の上を通りかかっていた宇宙船にヒッチハイクする事で何とか生き残った二人でしたが、乗り合わせた宇宙船には極悪非道の宇宙人が乗り合わせていました。
その宇宙人に捕まり酷い拷問を受けそうになる二人。ちょっとした隙を見計らい命からがら再び宇宙へと逃げ出した二人の前には、今度はフォードの友人であり宇宙の大統領であるザフォドの船が通り掛かります。
ザフォドの船に同乗していたのはネガティブな発想、発言しかしない万能ロボットのマーヴィン、そして地球にいた頃のアーサーの想い人、トリリアンでした。
トリリアンは以前、地球に遊びに来たザフォドの目にたまたま止まり、宇宙に遊びに行く為地球を飛び立っていたのでした。

【転】- 銀河ヒッチハイクガイドのあらすじ3

何千年も前から、宇宙では頭脳が人間の何倍にも発達した超生命体により「生命、宇宙、そして万物についての究極の疑問の答え」を解き明かそうという動きがありました。
そしてその途方も無い問題を解決する為には、普通のコンピューターでは不可能だと判断した生命体達は、コンピューターの中に生命体を組み込んだ、史上最も大きなサイズのコンピューターを作りました。
そのコンピューターはあまりに大きく、コンピューターではなく時に惑星と勘違いされましたが、そのコンピューターの名前は「地球」と命名されました。
その誕生から長年、コンピューターは密かにその問題解決の為働いていました。そして長年の計算の末、とうとう結果が弾き出されるその瞬間に、地球がコンピューターである事を知らない宇宙人の手によって地球は爆破されてしまったのでした。

【結】- 銀河ヒッチハイクガイドのあらすじ4

地球を設計した超生命体達は、人類で言う「ネズミ」に姿を変え日頃人間の動きを観察していました。
しかし、待ちに待ったその直前に、頼りにしていたコンピューターが爆破されてしまったのです。焦ったネズミ達は、地球が爆破されるその直前まで地球で暮らしていたアーサーの脳内を解剖すれば、何か問題解決への手掛かりが掴めるのではないかと考えました。
そしてアーサーを捉え、その脳内を解剖するべく切り刻もうとします。絶体絶命の状況に陥るアーサーでしたが、そこにマーヴィン一行がアーサーを救うべく現れ、ギリギリでアーサー救出に成功します。
何とか一命を取り留めたアーサーは、マーヴィン、トリリアン、フォード、そしてザフォドと共に、広い宇宙を旅するべく改めて宇宙船に乗り込むのであった。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「銀河ヒッチハイクガイド」の商品はこちら