エイリアン

「エイリアン」のネタバレあらすじ結末

エイリアンの紹介:1979年のアメリカ映画。宇宙船の中で異星生物(エイリアン)に襲われる乗組員の恐怖と葛藤を描く。SFホラーの古典として知られ、続編も製作されている。公開時のキャッチコピーは「宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない」。

映画「エイリアン」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「エイリアン」のネタバレあらすじに注意ください。

エイリアンの主な出演者

エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)、ダラス船長(トム・スケリット)、ランヴァート(ヴェロニカ・カートライト)、ケイン(ジョン・ハート)、アッシュ(イアン・ホルム)、ブレット(ハリー・ディーン・スタントン)、パーカー(ヤフェット・コットー)

エイリアンのネタバレあらすじ

【起】- エイリアンのあらすじ1

宇宙船ノストロモ号は地球へ帰還する途中です。船員はコールドスリープにより眠っていましたが、あるとき突然、宇宙船のマザーコンピュータが目覚めさせました。船の雇用主である企業は、知的生命体を見つけると調査しろとインプットしていたからです。船員たちは小惑星に降り立ちますが、その際に船が故障し修理しなければならなくなります。ケイン副船長とランバートが調査に向かい、大きな宇宙船と腹から何かが飛び出したような跡のある、化石化した宇宙人を発見しました。また巨大な卵様の物体が乱立する空間へ辿り着き、ケインの顔にカブトガニのような生き物が張りついてしまいます。2人は慌てて船に帰りました。

【承】- エイリアンのあらすじ2

アッシュ医師担当が調べるとケインは昏睡状態となっていました。生物を剥がすためにメスを入れると強酸の体液が流れ出し、船が溶けます。しかし生物はすぐに死に、ケインの顔から剥がれていました。ケインの意識も回復します。修理が完了した船は出発し、一件落着に思われました。ケインはすっかり元気になったように見えましたが、仲間との食事中、急に苦しみ始めます。もがき始めたケインの胸を突き破って出てきたのは、気味の悪い生物の子どもでした。カブトガニ(エイリアン)がケインに子どもを産みつけていたのです。ケインは亡くなります。赤ちゃんエイリアンは素早く姿を隠しました。

【転】- エイリアンのあらすじ3

船員たちはエイリアンを探しますが、脱皮を繰り返して大きくなったエイリアンは、次々に船員を襲って殺していきます。リプリーがマザーコンピュータに指示を仰ぐと、マザーの最優先事項は「知的生命体(エイリアン)を生きたまま地球に持ち帰ること」でした。そのためには船員の命はどうでもよいのだと知ったリプリーはアッシュに襲われます。アッシュを制止したランヴァートとパーカーは、アッシュは人間ではなくアンドロイドだと知ります。アッシュは、企業が船員を監視するために送り込んだ、いわばスパイだったのでした。アッシュは破壊されました。

【結】- エイリアンのあらすじ4

生き残ったリプリー、ランヴァート、パーカー3人は船を爆破し、脱出用シャトルに乗り移る計画を立てます。しかし準備をしている間にランヴァートとパーカーは襲われます。唯一残ったリプリーは船の自爆装置を起動し、猫と逃げようとしますが、シャトル入口手前にエイリアンがいます。船に戻り自爆装置の解除をしますが、間に合いません。半泣きのリプリーが再びシャトルに戻ると、今度はエイリアンの姿はなく、通れます。猫といっしょにシャトルへ乗船し、本船は爆破されます。めでたく事件は解決し、コールドスリープの眠りにつくリプリーと猫でした。(…が、本当はエイリアンはシャトルに乗り込んでしまっています。次作へ続きます)

みんなの感想

ライターの感想

この映画で何がビックリするって、エイリアンの卵を植えつけられた宇宙船ノストロモ号の乗組員ケインの胸を、幼体(チェストバスター)が食い破って姿を現すシーンでしょう。
でも、このシーン、ビックリしたのは観客だけではありませんでした(登場人物がビックリしたのは当然として)。
実は、撮影の際、何が起こるかをケイン役のジョン・ハート以外の役者は知らされていませんでした。で、あれです。なにがなんだかわからない状態で、いきなり胸から血が噴出して変な化け物が飛び出して。
特に、ランバート役のヴェロニカ・カートライトは、噴き出した血のりが直接かかり、血まみれ状態になってしまいました。あの時の悲鳴、そして、恐怖の表情は、まさしく本物だったのです。

映画の感想を投稿する

映画「エイリアン」の商品はこちら

エイリアン [Blu-ray]