オブリビオン

「オブリビオン」のネタバレあらすじ結末

SF映画

トム・クルーズ主演の本格SF大作です。「トロン・レガシー」のジョセフ・コシンスキー監督とプロダクション・デザイナーが、「猿の惑星:創世記」のプロデューサーがスタッフに名を連ねています。高度1000mにそびえ立つスカイタワーをはじめとした独特なビジュアルデザインが話題となりました。

映画「オブリビオン」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「オブリビオン」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

オブリビオンの主な出演者

ジャック・ハーパー(トム・クルーズ)、 マルコム・ビーチ(モーガン・フリーマン)、 ジュリア・ルサコーヴァ(オルガ・キュリレンコ)、 ヴィクトリア“ヴィカ”・オルセン (アンドレア・ライズボロー)

オブリビオンのネタバレあらすじ

【起】- オブリビオンのあらすじ1

西暦2077年、60年前に地球はエイリアンからの侵略を受け、撃退はしたものの地上は荒廃してしまう。人類の大半は土星の衛星タイタンへの移住を余儀なくされ、主人公ジャック・ハーパーはパートナーのヴィクトリアとともに地球上に残り、スカイタワーから地上を監視し、エイリアンの残党を撃墜する任務に就いていた。
ある日、ジャックはパトロールの途中で墜落した宇宙船を発見、ジュリアという女性を助け出す。

【承】- オブリビオンのあらすじ2

ジュリアは、最近ジャックがよく見る夢に出てくる女性にそっくりだった。しかも、目覚めたジュリアは初対面のはずのジャックの名前を呼ぶ。
何かを思い出しそうで思い出せず、これまでの生活に違和感を覚え始めるジャック。そんなジャックを不安げに見守るヴィクトリア。
そんな時、パトロールに出たジャックは、人類は一人も残っていないはずの地上で、謎の男「ビーチ」と出会う。

【転】- オブリビオンのあらすじ3

ジャックはビーチから真実を聞く。実は60年前の戦いに勝利したのはエイリアン側だった。当時宇宙飛行士だったジャックとヴィクトリアは宇宙船ごとエイリアンに捕えられ、二人から作られた大量のクローンが偽の記憶を与えられ、地上の監視をさせられていたのだ。二人がエイリアンに捕えられた際に、ジャックの妻のジュリアだけが脱出艇で逃され、漂流の末に地球上に墜落したのだった。そしてジャックがエイリアンだと思い攻撃していたのは、人類の生き残りだったのだ。真実を知り、人類のために戦う決意をするジャック。しかし、ジャックを愛するヴィクトリアは、二人の生活を終わらせる事に悩む。

【結】- オブリビオンのあらすじ4

ジャックは、エイリアン本拠地に乗り込み自爆する計画を立てる。侵入は成功し、一緒に乗込んだビーチと共に自爆、命をかけて人類を守る事に成功する。
数年後、地上に残されたジュリアは、ジャックが使っていた隠れ小屋でジャックとの間の子供を一人で育てていた。そんなジュリアの元に、残されたジャックのクローンの一人がたたどり着く所で物語は終わる。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「オブリビオン」の商品はこちら

オブリビオン [Blu-ray]