マトリックス リローデッド

「マトリックス リローデッド」のネタバレあらすじ結末

マトリックス リローデッドの紹介:2003年のアメリカ映画。1999年に公開された映画『マトリックス』の続編であり、完結編の『マトリックス レボリューションズ』が、これに続く。

映画「マトリックス リローデッド」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「マトリックス リローデッド」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

マトリックス リローデッドの主な出演者

ネオ/トーマス・アンダーソン(キアヌ・リーヴス)、モーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)、トリニティ(キャリー=アン・モス)、エージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)、ナイオビ(ジェイダ・ピンケット=スミス)、オラクル(グロリア・フォスター)

マトリックス リローデッドのネタバレあらすじ

【起】- マトリックス リローデッドのあらすじ1

人間たちが暮らす最後の街である地下世界・ザイオンには、危機が迫っていました。ザイオンは以前からの宿敵であるマトリックス(仮想現実)を支配しているコンピュータと戦っていましたが、ついに機械(センティネル)たちが軍隊を作り、ザイオンに向けて72時間後には侵入するらしいのです。その軍隊の数は25万体もありました。ザイオン側には時間的な余裕がありません。

【承】- マトリックス リローデッドのあらすじ2

最善の方法を問うために、主人公の青年・ネオは預言者のところへ行きました。ザイオンを救うためには、機械のメインフレームである根源(ソース)に行かなければならないと、預言者は語ります。そしてソースに行くためにはキー・メーカーの助けが必要だとも言いました。預言者のもとを去ったネオを、エージェント・スミスが襲ってきました。スミスは今回、自らをコピーする術を身につけており、何百人ものスミスがネオを一斉攻撃します。

【転】- マトリックス リローデッドのあらすじ3

空を飛ぶ能力を身につけているネオは、高く飛んで難を逃れました。ネオたちはキー・メーカーを探しだし、連れ出します。そして扉の鍵を開け、マトリックスを創った設計者と対面しました。その部屋には扉が二つありました。右の扉はソースに続いていて、ザイオンを救うことができます。左の扉はマトリックスに続いていて、危機に瀕していたトリニティ(本作のヒロイン)を救うことができます。ネオは左の扉を開いて、トリニティを救い出しました。

【結】- マトリックス リローデッドのあらすじ4

ネオたちは、マトリックスからネブカドネザル号に戻ります。すると、船はスクイッティ(イカのような形をしたロボット)の攻撃を受けました。ネオたちは船から逃げ出します。スクイッティはネオが破壊しました。しかし現実世界では、センティネルの大群がザイオンに接近しているところです。そして要であるネオは、スクイッティを倒した直後、倒れてしまいます。続編「マトリックス レボリューションズ」へと物語は続きます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「マトリックス リローデッド」の商品はこちら

マトリックス リローデッド [DVD]