マトリックス レボリューションズ

「マトリックス レボリューションズ」のネタバレあらすじ結末

マトリックス レボリューションズの紹介:2003年のアメリカ映画。『マトリックス』3部作の完結編。前作のように哲学とアクションを組み合わせたこの映画は、前作『マトリックス リローデッド』で提起された疑問を結論づけようとしている。

映画「マトリックス レボリューションズ」のネタバレあらすじを結末まで解説しています。まだ映画を観ていない方は「マトリックス レボリューションズ」のネタバレあらすじに注意ください。

予告動画

マトリックス レボリューションズの主な出演者

ネオ/トーマス・アンダーソン(キアヌ・リーヴス)、モーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)、トリニティ(キャリー=アン・モス)、エージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)、ナイオビ(ジェイダ・ピンケット=スミス)、オラクル(グロリア・フォスター)

マトリックス レボリューションズのネタバレあらすじ

【起】- マトリックス レボリューションズのあらすじ1

主人公の青年・ネオは意識不明の状態が続いています。ネオの意識は、現実世界とマトリックス(仮想現実)の境にありました。仲間のモーフィアスとトリニティが、ネオを現実世界へ呼び戻します。ネオは未来が見えるようになりました。ネオは預言者のところを訪問します。預言者は「未来はネオかスミスが決めて、今夜、争いが終わる」と言いました。ネオが去った後の預言者を、今度はスミスが訪問します。そしてスミスは預言者の体を乗っ取ることで、未来を見る力を得ました。

【承】- マトリックス レボリューションズのあらすじ2

ネオはナイオビの船ロゴス号を借りて、機械の都市(マシンシティ)に乗り込みます。しかし、船に忍び込んでいたベインによって、ネオはレーザーで両目を潰されてしまいました。ベインにスミスが乗り移っていたのです。目は潰されたものの、それが分かったネオはベインを倒しました。ザイオンではセンティネル(機械)たちが侵略を始めていました。またザイオンには、たくさんのスクイッティ(イカのような形をしたロボット)まで襲ってきます。陥落寸前のザイオンでしたが、ハンマー号が電磁パルスを使い、敵を一掃しました。

【転】- マトリックス レボリューションズのあらすじ3

しかしそれによりザイオンの防御システムも無効になり、次に攻撃をされるとザイオンは防ぎようがありません。そのころ、ネオとトリニティはマシン・シティに向かっていました。ネオとトリニティをたくさんのスクイッティが襲いますが、ネオが次々に破壊していきます。しかしネオたちの乗った船がマシン・シティの壁に激突してしまい、その衝撃でトリニティは死んでしまいました。ネオはマシン・シティに到着し、マシンたちの統合意識体と面会します。そして、今や共通の敵となったスミスを倒すことを条件に、ザイオンへの侵略を止めるよう約束づけました。

【結】- マトリックス レボリューションズのあらすじ4

たくさんの人間を取り込んだスミスは、ネオを上回る力を手に入れていました。ネオはそんなスミスと戦いますが、苦戦します。スミスは喜びますが、そのときスミスの口から意志とは違う言葉(かつて預言者がネオに語った言葉)が出てきます。預言者はスミスに取り込まれましたが、実はそれは預言者の罠で、スミスはその罠にかかってしまったのでした。スミスはネオを取り込み、預言者を信じたネオもそれを受け入れます。ザイオンでは約束どおり、戦いが終わっていました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「マトリックス レボリューションズ」の商品はこちら

マトリックス レボリューションズ [DVD]