「SUPER8/スーパーエイト」のネタバレあらすじ結末

SF映画

SUPER8/スーパーエイトの紹介:2011年公開のアメリカ映画。スティーヴン・スピルバーグ製作、J・J・エイブラムズ監督のSFサスペンス。ある事故を目撃した少年たちが、意外で恐ろしい出来事に遭遇するさまを描く。

予告動画

SUPER8/スーパーエイトの主な出演者

ジョー・ラム(ジョエル・コートニー)、アリス・デイナード(エル・ファニング)、チャールズ・カズニック(ライリー・グリフィス)、ケアリー(ライアン・リー)、マーティン(ガブリエル・バッソ)、プレストン(ザック・ミルズ)、ジャック(カイル・チャンドラー)、ネレク(ノア・エメリッヒ)

SUPER8/スーパーエイトのネタバレあらすじ

【起】- SUPER8/スーパーエイトのあらすじ1

1979年夏、アメリカ・オハイオ州に住むジョーは、保安官のジャックを父に持つ少年です。リリアン鉄鋼に勤務していた母は、鉄骨が落ちる事故で亡くなりました。
ジョーは向かいに住む少年・チャールズと仲良しで、のっぽのマーティンや火薬好きのケアリー、プレストンと〝スーパー8(スーパー8mmフィルム 動画用フィルム)映画祭り〟に出品する自主製作映画を作っています。
監督を務めるチャールズは、映画に深みを出すために刑事役に妻を作ろうと言い出し、同級生の少女・アリスを誘いました。
深夜に家を抜けだした6人は、アリスが運転する車で(注:アリスは10歳前後なので当然、無免許…)無人駅のホームで撮影をします。 この映画を無料で観る

【承】- SUPER8/スーパーエイトのあらすじ2

その最中、米軍の貨物列車に1台の車が正面衝突し、列車が次々に脱線して爆発する大事故に遭遇しました。
6人は奇跡的に無事でしたが、車を運転していた上級生物学の教師・ウッドワードは「他言するな、殺されるぞ」と言います。
ジョーたちはウッドワード先生の言うことを不審に思いながらも、深夜に家を抜けだしたことがばれたらまずいので、慌ててその場を立ち去りました。列車にはルービックキューブの形をした金属が大量に詰まれていました。
翌朝、列車事故は先生の居眠り運転として処理されます。チャールズは列車事故にヒントを得て、映画の筋の変更をしました。
街のあちこちで停電が起き、犬や人が失踪する事件が起きます。

【転】- SUPER8/スーパーエイトのあらすじ3

ジョーの父・ジャック保安官は、空軍が「ウォーキング・ディスタンス作戦」を計画しているのを無線で聞き、ネレク大佐を訪ねました。ネレク大佐はジャックを監禁し、ジャックは隙をついて逃げます。
フィルムを現像したジョーとチャールズは、映画に謎の生物が映っているのを見ました。
それは小型車ほどの大きさの、6本肢の半魚人みたいな銀色の生き物です。
実はこの生物は高度な技術と超能力を持つ異星人で、地球に不時着して宇宙船を修理するところをアメリカ政府が捕獲し、秘密軍事基地〝エリア51〟で研究していました。ルービックキューブの形の金属は、宇宙船の残骸です。ウッドワード先生は異星人の解放目的で事故を起こしました。 この映画を無料で観る

【結】- SUPER8/スーパーエイトのあらすじ4

アリスが何者かにさらわれたと知ったジョーは、チャールズたちと探しに行きます。
その頃ネレク大佐は街ごと焼き払うことで、証拠隠滅を図ろうとしていました。
ジョーは母の墓参りに行った時に、そばの納屋で異様な気配がしたことを思い出します。納屋に行ったジョーたちは、アリスや他の人間を見つけて救い出しました。
襲ってきた異星人がジョーを捕らえますが、ジョーは必死で異星人を説得します。
ジョーの説得を聞き入れた異星人は少年たちを解放し、貯水タンクで宇宙船を作って去りました。街のほとんどの住民がその様子を、声もなく見守りました。
(エンドロール)ジョーらの映画完成。少年の作品にしてはレベルが高いゾンビ映画。

関連する映画

SF映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「SUPER8/スーパーエイト」の商品はこちら