「X-MEN2」のネタバレあらすじ結末

X-MEN2の紹介:2003年公開のアメリカ映画。ブライアン・シンガー監督によるアメコミ『X-メン』の映画化第2弾。人類から差別を受けながらも、人類を守るために奔走するミュータントたちの奮闘を描いた作品である。

この映画を無料で観る

予告動画

X-MEN2の主な出演者

チャールズ・エグゼビア〔プロフェッサーX〕(パトリック・スチュワート)、エリック・マグナス・レーンシャー〔マグニートー〕(イアン・マッケラン)、ウルヴァリン〔ローガン〕(ヒュー・ジャックマン)、スコット・サマーズ〔サイクロップス〕(ジェームズ・マースデン)

X-MEN2のネタバレあらすじ

【起】- X-MEN2のあらすじ1

近未来の話、人類の中には突然変異で特殊能力を持つミュータントが生まれ、人類から差別されていました。
そのミュータントには大きく2つの派閥があります。1つは人類とミュータントとの共存をめざす、プロフェッサーX率いる「X-MEN」、もう1つはミュータントが人類を支配する世界を作ろうとする、マグニートー率いる「ブラザーフッド」です。X-MENとブラザーフッドは戦っていました。
人間をミュータントに変えようとする企みを持ったブラザーフッドを阻止したX-MENの戦い(『X-MEN』参照)からしばらくして、瞬間移動能力を持つナイトクローラーがアメリカ・ホワイトハウスに潜入し、大統領を暗殺しようとします。 この映画を無料で観る

【承】- X-MEN2のあらすじ2

アメリカ政府はプロフェッサーXのエグゼビア・スクール(恵まれし子らの学園)の仕業だと結論づけ、ミュータント対策本部顧問・ストライカーの指揮で学園の生徒全員を捕まえる作戦を立てました。
ストライカーはプロフェッサーXを、ストライカーの秘書をしている女性ミュータント・デスストライクに捕獲させます。
その頃ウルヴァリンは、プロフェッサーXの情報を手掛かりに赴いた、アルカリ湖にある軍事基地から戻ってきました。
偶然にもその夜、学園にストライカーが仕向けた部隊が乗り込み、襲撃します。ウルヴァリンは生徒のローグ、パイロ、アイスマンの3人と逃げましたが、他の生徒数人は捕獲されてしまいます。

【転】- X-MEN2のあらすじ3

同じ頃、マグニートーは手下のミスティークにより、収監されていたプラスチック製の監獄から脱出しました。
大統領暗殺未遂をおこなったナイトクローラーを捜索していたテレパス能力を持つ女医・ジーンと合流したウルヴァリンは、プロフェッサーXを救出しようとします。
ウルヴァリンたちはストライカーの本拠地・アルカリ湖のダムに行きましたが、偶然にもウルヴァリンと敵対するマグニートーやミスティークもダムに向かっていました。
実はストライカーの真の目的は、ストライカーが開発したダーク・セレブロという装置とプロフェッサーXの能力を用いて、世界中のミュータントを抹殺することでした。

【結】- X-MEN2のあらすじ4

ストライカーを倒すため、マグニートーはウルヴァリンと手を組もうとします。しかしマグニートーは、ウルヴァリンたちX-MENに協力する振りを装い、実はそのダーク・セレブロを用いて、逆に一般人(ミュータント以外の人類)を殺そうともくろんでいました。
ウルヴァリンはプロフェッサーXを助け出し、アルカリ湖のダムから脱出しました。しかしその際に脱出用の戦闘機が故障して、離陸できません。
戦いで決壊したダムから大量のアルカリ水が押し寄せ、危機一髪の事態に陥った際、ジーンがテレパスで濁流を止め、戦闘機を浮き上がらせました。
しかしジーンは湖に飲み込まれます。皆は脱出するも、ジーンを思い涙に暮れました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「X-MEN2」の商品はこちら