「その男、凶暴につき」のネタバレあらすじ結末

その男、凶暴につきの紹介:1989年公開の日本映画。北野武の初監督作品で、主演も務め注目を浴びた。それまでお笑い芸人「ビートたけし」として活躍していた北野の、別の才能を発揮した記念すべき作品。なお興業上の理由で「ビートたけし」と表記された。

その男、凶暴につきの主な出演者

我妻諒介(ビートたけし)、清弘(白竜)、我妻灯(川上麻衣子)、吉成新署長(佐野史郎)、菊地刑事(芦川誠)、柄本(遠藤憲一)、織田(寺島進)、植田(小沢一義)、片平(佐久間哲)、佐藤刑事(中村銀次)、三宅刑事(谷村好一)、岩城刑事(平泉成)、仁藤(岸部一徳)

その男、凶暴につきのネタバレあらすじ

【起】- その男、凶暴につきのあらすじ1

我妻は凶暴すぎるために警察署内からはみだしかけの刑事です。浮浪者を襲った少年たちの一人の自宅へ押し入って殴る蹴るの暴行を加えた挙句、自白を強要するくらいで、新たに署長になった吉成から注意されました。
そんな我妻にも人間味を感じさせる面があります。我妻には精神障害を持つ妹・灯がおり、我妻は灯のことを大切にしていました。
あるとき、麻薬売人・柄本が殺されました。我妻は柄本の常連客を捕まえては、例によって、暴力を加えることによって捜査していきます。

【承】- その男、凶暴につきのあらすじ2

今回、我妻と捜査のチームを組んだ相棒は菊池という若い刑事で、菊池は我妻の乱暴な所業を制止しようとしますが、かないませんでした。
捜査を進めるうち、我妻は親友の防犯課係長・岩城が麻薬を横流ししているという情報を得ます。しかし直後、岩城は口封じのために、麻薬組織によって自殺に見せかけて殺されました。
さらに捜査を進めた我妻は、実業家・仁藤という男が黒幕で、この仁藤が手下の清弘を使って岩城を殺させたことを知ります。

【転】- その男、凶暴につきのあらすじ3

清弘を覚せい剤取締法違反で逮捕した我妻は、怒りに任せて暴行を加え、最後には銃まで向けました。この、あまりに乱暴な捜査方法が問題となり、我妻は吉成に退職勧告を受けます。実質上は懲戒免職ものでした。
刑事を辞めた我妻は、それでも独りで行動しました。
もはや刑事という枷がなくなった我妻は、ひそかに拳銃を手に入れて、岩城の復讐を企てます。
そのころ、清弘の仲間たちは、灯を拉致して麻薬中毒にし、輪姦していました。我妻の妹と知ってではなく、偶然です。

【結】- その男、凶暴につきのあらすじ4

銃を手に入れた我妻は、仁藤のビルに乗り込み、問答無用で仁藤を射殺します。
清弘は仲間割れし、仲間たちを射殺しますが、そのとき我妻もアジトに乗り込んできました。我妻は清弘を射殺します。
そのとき、清弘の遺体にすがりついて麻薬を探す灯の姿を見た我妻は、事情を察し、涙をのんで灯にも引き金をひきました。
その我妻も銃弾で倒れました。仁藤の部下・新開が銃を向けたのです。
新開は自身が仁藤のあとを継ぎ、また菊地刑事を岩城の代理に立て、麻薬の密売を続けることにしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「その男、凶暴につき」の商品はこちら