「めまい」のネタバレあらすじ結末

めまいの紹介:アルフレッド・ヒッチコック監督によるミステリー映画。ボワロー=ナルスジャックの小説「死者の中から」を基に描いている。日本公開は1958年。

予告動画

めまいの主な出演者

ジョン・スコティ・ファーガソン(ジェームズ・ステュアート)、マデリン・エルスター/ジュディ・バートン(キム・ノヴァク)ミッジ(バーバラ・ベル・ゲデス)、エルスター(トム・ヘルモア)、検死官(ヘンリー・ジョーンズ)

めまいのネタバレあらすじ

【起】- めまいのあらすじ1

刑事のジョン・スコティ・ファーガソン(以下:スコティ)は、建物の屋根の上に逃げた犯人を追う最中に同僚を死なせてしまいます。そのショックで高所恐怖症によるめまいに襲われるようになり、警察を辞職します。
そんなスコティの前に、学生時代の友人エルスターが現れ、何かに意識を乗っ取られているかのように不審な行動を取る妻のマデリンを調査してほしいと告げます。
スコティはサンフランシスコ一帯を彷徨うマデリンを尾行するうちに、彼女の曽祖母であるカルロッタの存在を知ります。若い頃のカルロッタの絵とマデリンは似ており、スコティはエルスターに「マデリンはカルロッタの亡霊に取り憑かれている」と聞かされます。

【承】- めまいのあらすじ2

ある日尾行の最中、マデリンは海に飛び込み投身自殺を図ります。スコティは彼女を救い出し、自宅に連れ帰り手当てをします。スコティはマデリンに恋をしていることに気付き、不安定な彼女を救うために夢で見たという村の古い教会へ向かいます。
マデリンはスコティに愛を打ち明けると、カルロッタが自殺を図った教会の塔に駆け上がります。スコティは追いかけるも、高所恐怖症によるめまいが生じ追いつくことがかなわず、マデリンは頂上から身を投げていまいます。
マデリンの転落死は事故と処理され、エルスターはスコティを慰めながら、ヨーロッパへ行くと告げます。スコティはショックから、精神病院に療養する身となりました。

【転】- めまいのあらすじ3

マデリンを救えなかった自責の念から精神衰弱に陥り、街を彷徨っていたスコティは、ある日マデリンに瓜二つの女性を発見します。
女性は生前マデリンが通っていたカルロッタの旧居のアパートに住んでおり、スコティは追いかけてデートの約束を取り付けます。ジュディと名乗るその女性は、スコティの誘いに応じるも、実は彼女はエルスターによる妻殺しの共犯者で、これまでマデリンになりすましてスコティと会っていたのです。
事件当日、塔の上には殺したマデリンを抱いたエルスターがおり、ジュディが到着すると死体を塔から投げ下ろし、自殺に見せるトリックを使いました。高所恐怖症のスコティは、証人として利用されていました。

【結】- めまいのあらすじ4

ジュディはスコティを欺くうちに次第に愛が芽生え、マデリンと同じ髪型・洋服に変えさせるスコティの狂気じみた要望に応えます。
ある夜二人でデートに行く直前に、スコティは死んだはずのマデリンが着けていた首飾りをジュディの胸に見つけます。真相が見えたスコティは、ジュディをマデリンが転落した教会に連れて行き、高所恐怖症も忘れて塔の頂上でジュディを問い詰めます。
そのとき、暗がりから突然現れた影におびえたジュディは、足を踏み外して塔から転落します。影の正体は修道女で、転落したジュディの冥福を祈り鐘を鳴らすなか、スコティが呆然と立ちすくむ場面で物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「めまい」の商品はこちら