「ゆりかごを揺らす手」のネタバレあらすじ結末

サスペンス映画

ゆりかごを揺らす手の紹介:1992年公開のアメリカ映画。産婦人科医の夫の自殺が原因で子供を流産した女性が、ベビーシッターとして幸せな家庭に忍び込み復讐劇を繰り広げるストーリー。

予告動画

ゆりかごを揺らす手の主な出演者

モット夫人〔ペイトン〕(レベッカ・デモーネイ)、クレア・バーテル(アナベラ・シオラ)、マイケル・バーテル(マット・マッコイ)、ソロモン(アーニー・ハドソン)、マーリーン(ジュリアン・ムーア)、エマ(マデリーン・ジーマ)、モット(ジョン・デ・ランシー)

ゆりかごを揺らす手のネタバレあらすじ

【起】- ゆりかごを揺らす手のあらすじ1

主婦・クレアは優しい夫・マイケルと幼い娘・エマと幸福な家庭を築いていました。
ある日、2人目の子供を妊娠しているクレアは、産婦人科の定期検診を受けます。
診察にあたったモット医師は、診察を装ってクレアにわいせつな行為をしました。
帰宅したクレアは思い悩み、マイケルに相談します。事情を知ったマイケルは怒り、警察に通報し、さらに告訴しました。
これがマスコミに知れることとなり、マスコミは大きく取り上げます。
クレアのほかにも数人の女性が同様の被害に遭っていたことが判明し、マスコミの報道は過熱しました。
精神的に追いつめられたモット医師は、ピストル自殺します。

【承】- ゆりかごを揺らす手のあらすじ2

結局モット医師は裁判にも負け、各種の保険金は州に没収されました。
モット医師には妻・ペートンがいました。
奇しくもペートンも妊娠中だったのですが、ペートンは夫の自殺にショックを受けて倒れ、流産します。さらに一時は生命の危機に陥ったペートンは子宮を摘出され、二度と子供を望めない体になりました。
ペートンは、夫の死も子供の流産も、自分が子供を産めない体になったのも、すべてクレアのせいだと思いこみ、ひそかに復讐を誓います。
さてクレアはその後、無事に男の子を出産し、ジョーイと名付けました。
半年後クレアはベビーシッターを募集し、身元を偽ったペートンがやってきます。

【転】- ゆりかごを揺らす手のあらすじ3

ペートンはエマに好かれるよう振る舞い、ジョーイには夜中に自分の乳房をふくませます。
マイケルの論文やクレアの喘息発作用の吸入器の中身をこっそり捨てたペートンは、ペートンをあやしむ使用人・ソロモンを罠にはめて追い出しました。
ペートンはクレアの一家を壊すつもりでした。
マイケルの初恋の相手で現在は友人の妻であるマリーンと浮気しているように見せかけ、クレアを追いつめます。クレアは疑心暗鬼に陥りました。
ある日そのマリーンは、ペートンがモット医師の妻だという事実を知ってクレアに告げようと駆け込みます。

【結】- ゆりかごを揺らす手のあらすじ4

しかしペートンの返り討ちに遭ってマリーンは殺されました。マリーンの死体を見てショックを受け、喘息発作を起こしたクレアも病院に担ぎ込まれます。
クレアはペートンがどうもおかしいと気づきました。そして退院後ひとりで調査したクレアは、ついにペートンの正体を突き止めます。
ベビーシッターを解雇されたペートンは一旦は家を出ますが、再びクレアの家に侵入し、マイケルやクレアを襲いました。
さらにペートンはエマとジョーイを連れ去ろうとしますが、ペートンによって解雇されたソロモンが現れ、エマとジョーイを救います。
意識を取り戻したクレアはペートンに逆襲し、ペートンは2階から庭の柵に叩きつけられて死にました。

関連する映画

サスペンス映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ゆりかごを揺らす手」の商品はこちら